Tag Archives: Royal Mail

Great British Railways: Royal Mail World’s First “Intelligent” Stamps

今年8月19日に発行された、ロイヤル・メールの記念切手シリーズの「Great British Railways」。British Rail(イギリス国鉄)が製造した最後の標準クラス9F蒸気機関車Evening Star」の製造終了50周年を記念して発行された。イギリスの蒸気機関車を取り上げた、初めての記念切手となる。

These are Royal Mail’s special stamps “Great British Railways” issued in August 19, celebrating the 50th anniversary of British Rail’s last steam locomotive, the 9F ClassEvening Star’. This is the first in a series of special stamp issues commemorating classic British locomotives.

一見したら普通の切手だけれど、これはロイヤル・メールいわく、世界初の「インテリジェント」切手なのだそうだ(Royal Mail プレスリリース)。iPhoneまたはAndroidを搭載したスマートフォンを通して切手を見ることで、画像認識技術が作動し、ロイヤル・メールが制作したオンライン専用コンテンツが立ち上がるという、切手において世界初のシステムで、9月3日よりスタートした。JunaioというアプリをインストールしたスマートフォンでGreat British Railways切手を見ると、1936年に郵便局によって作られたドキュメンタリーで有名になったW・H・オーデンの詩「The Night Mail」を、ドクター・フー出演俳優のBernard Cribbins(バーナード・クリビンス)が読み上げる短編映画が再生される。この技術は、ロイヤル・メールが将来発行する記念切手のいくつかにも採用される予定だそうだ。

These stamps look just ordinary stamps, but Royal Mail claims these are the world’s first “intelligent” stamps (Royal Mail release). Launched on September 3, it is the first in the world to work with image recognition technology, which, when activated by a smartphone on the iPhone or Android platforms, will launch exclusive online content created by Royal Mail. Viewing the Great British Railways stamp,via the Junaio app installed smartphone, will direct you to a short film showing Doctor Who actor Bernard Cribbins reading Auden‘s famous poem “The Night Mail“, first made famous in The Post Office’s own film from 1936. Royal Mail will use the technology available on selected future special stamps.

Enhanced by Zemanta
Advertisements

Dispatches: Post Office Undercover @ Channel 4

チャンネル4のドキュメンタリー・シリーズ、「Dispatches: Post Office Undercover」を見た。Dispatches(ディスパッチズ)は、1987年から続く、時事や社会、政治、健康、宗教等幅広い問題を取り扱う硬派番組で、潜入取材を中心とする。BBCPanorama(パノラマ)も同様の番組だが、30分の放送時間のPanoramaに対し、Dispatchesは1時間なので、より深く題材を掘り下げた考察をしていると思う。

最近はあんまり行っていないけれど、郵便局にはよくお世話になっているので、郵便ネタには非常に興味がある。2004年、05年にも同様の番組があり、郵便物抜き取り等のロイヤルメール内にはびこる問題を暴きだし、その後の調査でロイヤルメールは1000億ポンドの罰金を課された。「Post Office Undercover」では、また2人のリポーターを派遣社員として送り込み、Royal Mail(ロイヤルメール)の主張する「システムの近代化とサービス向上」の成果のほどを探っている。結果は。。。5年前と同じ。充分に訓練されていない派遣スタッフ、故障だらけの配達用トローリー、建物に入る際の不十分なIDチェックとセキュリティの不備、郵便物の盗難、市民の破損や配達の遅れ、サービスの悪さへの怒り、自動仕分けシステム等近代化の遅れ、スタッフのマネジャーや待遇に対する不満とその結果としての職務怠慢、そしてこロイヤルメールの言い訳と番組への逆ギレ等々。13億ポンドをかけたと言われる近代化はどこにも見えず、郵政の専門家も事態の深刻さに警鐘を鳴らしている。

この番組に先立ち、タイムズ紙でも、ロイヤルメールに関する面白い記事を見つけた。タイムズのチームは、宝くじ入り(£1相当)の100通のバースデーカードを全国の宛先に送り、どのぐらいの確率で配達され、配達までにどのぐらい時間がかかるか、そして宝くじはちゃんと封筒に入ったままかを調べる実験を行った。半分はファーストクラスで、そして半分はセカンドクラスで発送(郵便に関する詳細は過去エントリー参照)。そして半分は糊付して、半分は開封したまま封入口を中にたくし込んである。その結果は、宝くじ入りで届いたのが93通、3通は未達だった。92%のファーストクラス扱いは翌日着、98%セカンドクラス扱いは2日以内に配達先に到着した。私は、イギリスでこの数字は上出来だと思うのだが、タイムズ紙の記者は「Royal Mail can no longer be trusted(ロイヤルメールはもはや信用できない)」と手厳しい。ロイヤルメールには、1日5000件の苦情が届くそうだ。私も過去に数回行方不明になった手紙・小包がある。ロイヤルメールの経営陣も、組合との対決が怖くて(イギリスでは組合は非常に力を持っている)、事態改善には及び腰だと言う。

大多数のPosties(郵便局員の愛称)は真面目に、責任を持ってやっているのだろうけれど、これだけ大所帯になると、少数のBad apple(腐ったリンゴ)が混じってしまうのは仕方がない(ロンドン等の大都市では特に)。それよりも、番組を見ていて気づいたのは、マネジャーや経営陣に対する局員の強い不信感とモラルの低さ。自分の職業へのプライドも、ロイヤルメールへの忠誠心も全く感じられない。クリスマス前のスト騒ぎは経営側・組合側の合意の上、解決したとされているけれど、局員の待遇への不満は依然として強く、わざと手抜きをして職務に大きな支障をきたした。BrixtonとTootingという、ロンドンのあまり良いエリアとは言えない場所ではあるのだけれど、ロイヤルメールが職員のモチベーションを上げることができないのが一番の問題ではないかと思う。国民的人気の、Postman Pat(ポストマン・パット:ポンキッキーズのコーナードラマで放映)の良き伝統はどうなってしまったのだろう?

I saw Channel 4‘sDispatches: Post Office Undercover” today.  Dispatches is the current affairs documentary series, started in 1987. The program covers issues such as British society, politics, health, religion, environment, and international current affairs, usually featuring an undercover journalist in an organisation. BBC‘s Panorama is the same kind of documentary series, but the running time of Panorama is just 30 minutes, and Dispatches can dig an issue deeper as it is an one-hour program.

Though I don’t go to a post office as often recently, I go there quite often and am quite interested in the post office related topic. Dispatches went undercover to investigate the Royal Mail, to reveal some problems such as stealing of mails etc in 2004 and 2005, resulting in an enquiry by the postal regulator, followed by a fine of almost £10 million. The program sent two reporters go undercover again to find out if the Royal Mail has delivered on claims that it is modernising and improving its service. The result is… no improvement from 5 years ago; poorly trained agency workers, damaged and defective equipment, inadequate ID check and security, theft from the letters and packages, angry members of the public who have experienced damaged mail, delays and poor service, lack of modernization like automated sorting system, workers’ frustration against pay and working times and the management, sabotage of work as a result,  and the Royal Mail’s same old excuse and criticism against Channel 4 . The claimed modernization costing £1.3 billion is nowhere to be seen, and postal experts raise the alarm against the Royal Mail.

I found an interesting article on the Times few days ago, related to this program. The Times Money team sent 100 birthday cards with a National Lottery scratchcard worth £1 to the addresses across the country, to discover how many of them would arrive, how long they would take, and if any of the scratchcards would go missing: half of the cards 1st-class, and the rest 2nd-second class (see more details in my past entry about the mail service), and half of the envelopes were sealed and half were left unsealed but with the sleeve firmly tucked in. The result is: 93 arrived with their scratchcards and 3 letters did not arrive. 92% 1st class mails arrived the next day, and 98% 2nd class arrived within 2 days. I thought the number is not bad at all as of UK service, but the Times journalist harshly conclude as “Royal Mail can no longer be trusted.” The Royal mail receives 5,000 complaints everyday, according to the Times, and I have experienced missing mails several times in the past.Insiders at Royal Mail say that management’s failure to act is in part rooted in a fear of implementing any measures that might be perceived as unfairly targeting the innocent majority of staff.

Of course, most of the posties do their job seriously with sense of responsibility, but there is no way that few bad apple comes into the large corporation like the Royal Mail (especially in big cities like London). But the most striking issue I find in the program is the strong mistrust among workers against the management, and their lack of motivation. There is no sense of pride to be a postal worker or loyalty to the Royal Mail. Although the postal strike threat before the Christmas was avoided by the agreement between the management and the unions, the frustrated workers failed to met up their job and caused major delays in delivery during the busy season. The post offices where the two journalists went undercover are in Brixton and Tooting, where are not the best areas of London, but I think the biggest problem is the Royal Mail’s lack of leadership to raise the motivation among the workers. Where is the good old proud postmen, like Postman Pat??

Reblog this post [with Zemanta]

Royal Mail “Simply Drop”: Recycling for Cash

Simply Drop envelop

最近、携帯をiPhoneに換えたので、古い携帯をロイヤル・メール(Royal Mail・イギリス郵政公社)の「Simply Drop」でリサイクルすることにした。Simply Dropは、要らなくなった携帯、デジタルカメラ、MP3プレーヤー、インク・カートリッジをリサイクルするシステムで、Greater London Authority Recycle for London(ロンドンを管轄する大ロンドン庁のリサイクル部門)やMet Police National Mobile Phone Crime Unitロンドン警視庁携帯犯罪班)、その他リサイクル団体と協力体制を取っている。しばらく前に郵便局に行った時に見かけて、新しい携帯が来たら利用しようかと考えていた。ドラッグストアチェーンのBootsでも、携帯をリサイクルするとポイントがもらえるのだが、私の型番だと300ポイント(£3相当)。Simply Dropだと£8、Mの分とあわせて£16になるというので、ロイヤル・メールにした。ちなみに、インク・カートリッジは、スポンサーとなっているDogs Trustという慈善団体に寄付している。

リサイクルの仕方は簡単。

1.ウェブサイトで登録
2.登録すると、ロイヤル・メールから送られてくる送料無料の封筒に入れて投函
3.ロイヤル・メールで精査の後、報酬が支払われる

進捗状況は、ウェブページでチェック可能。報酬の受け取りは、ペイパル口座への振込、郵便局で現金受け取り、郵便為替の郵送の中から選べ、また報酬を5つの慈善団体の1つに寄付するという選択肢もある。私はペイパルでの支払いを希望(寄付しません、ごめんなさい!)した。リサイクルして、お金ももらえて、良いこと尽くめ。でも今週木、金曜日とまた郵便局がストになりそうなので、送った携帯がちゃんと届くか、ちょっと心配。

I switched my mobile to iPhone recently, so I sent out M’s and my old phones to the Royal Mail‘s “Simply Drop” program. Simply Drop is a recycle scheme for unwanted mobile phones, digital cameras and MP3 players, as well as household inkjet cartridges, and you can earn money by recycling, though it depends on the model. Royal Mail Simply Drop works with the Greater London Authority Recycle for London team and the Met Police National Mobile Phone Crime Unit, as well as well-established recycling organizations. I saw the scheme when I went to a post office a while ago, and thought about using it when I get my new mobile. A drug store chain Boots gives Advantage Card points when you recycle your mobile with them, but I could get only 300 points (equivalent to £3) from Boots. I chose Simply Drop because we could get £8 each, £16 for both of us. As for inkjet cartridges, I donate to Dogs Trust recycling program, with which I become a shelter dog sponsor.

How to recycle your mobile is simple.

1.Register your item on the web
2.Send your item in a prepaid envelope sent by Royal Mail when you register
3.Get your payment

You can track your item on the web. Payment can be made either by deposit into your PayPal account, by cash payment from a local Post Office via a text message confirmation, or by Postal Order via post, or you can donate your reward to one of the five charities. I chose PayPal payment (sorry I don’t donate to a charity). Feel good by recycling unwanted item, and receive cash – perfect system! But it will be another big Postal Strikes, again, on this Thursday and Friday – hope our mobiles will arrive safely.

Reblog this post [with Zemanta]

Post Workers Strike hit London

Postal Strike @ Mount Pleasant

イギリスの通信労働組合(CWU)は、本日水曜朝7時からロンドン全域でストを行う予定だ(BBCニュース)。ここ数ヶ月の間にもう何度もストが行われており、すでに郵便物の遅配が問題となっている。組合によると、2000万個近くの郵便物が、郵便物仕分けセンターに未配達でとどめ置かれているらしい。

CWUは、話し合いもなく一方的に、ロイヤル・メール(Royal Mail)が賃下げや従業員削減策を決定していると抗議。一方ロイヤル・メールは、e-mailの普及と競合他社との競争で、昨年だけでも郵便物の取り扱いが10%以上も下落しており、労働組合の要求は、現実を顧みないものだと批判しており、折り合いがついていない。

私も、オンラインショッピングやオークションで買った品物がなかなか届かず、イライラし通しだ。最近出品したebay落札品も、相手方に届いているか不安になる。日本やアメリカと比べて、ヨーロッパは労働組合の力が強い。労働者の権利が保証されているのは立派だが、消費者の権利が無視されているのが腹立たしい。お互いさっさと妥協して、早く解決してほしいものだ。

ちなみにMは2ヶ月以上前にイタリアから送った荷物がまだ届かないのも、この度重なるストのせいに違いないと言っているが、私は悪評高いポステ・イタリアーネ(Poste Italiane、イタリア郵政公社)のせいだと思う。あちらはイギリス以上にストは日常茶飯事、サービスが最悪なのは周知の事実だからね。恐らく、私たちのパスタ・ソースはどこかの郵便局員に食べられてしまったんだろうなあ。。。

A London-wide 24-hour postal strike will begin early morning today on Wednesday (BBC news), AGAIN. There have been  a number of postal strikes in these months in UK, and the Communication Workers Union (CWU) says up to 20 million items of mail remain undelivered in London sorting offices due to recent strikes.

Royal Mail and the CWU haven’t reached the agreement for the dispute yet. The CWU is protesting against job and pay cuts imposed “without consultation”. Royal Mail condemns that the CWU is refusing to accept the reality of declining mail volumes –over a 10% fall in the last year–, as a result of increased competition from other operators and the growth of e-mail. Royal Mail also insists that it has a large pension deficit.

I am irritated by the recent delay in delivery of what I have purchased via online shopping or on ebay. Also I sent quite a lot of ebay items the other day, and am worrying if the packages have reached to the recipients safely. In Europe, workers unions are quite powerful in compare to USA or Japan. It is great that worker’s rights are well protected, but what about the rights of consumers?? I hope Royal Mail and the CWU will compromise with each other and finish this postal chaos ASAP.

M believes that the reason why we haven’t received 2 packages we sent over 2 months ago from Italy is due to the mess of Royal Mail. But I don’t believe so. The real offender must be Poste Italiane, which gets such a notorious reputation in their service in a country where an industrial action is a national hobby. Probably one of the Poste Italiane workers had party and ate up all our pasta sauces…

Royal Mail Cart

Reblog this post [with Zemanta]

Brand New Royal Mail stamps “The Fire & Rescue Service” issue

"The Fire & Rescue Service" Royal Mail Stamps

2009年9月1日発行されたばかりのRoyal Mail記念切手セット「The Fire & Rescue Service(消防・救助活動)」。90ペンス、81ペンス、62ペンス、56ペンス、54ペンス、1st Class(39ペンス)の6枚セットで、それぞれ消火活動、緊急救助、化学火災、洪水救助、捜索・救助、火災安全をテーマにしたデザインだ。イギリスの記念切手に多い正方形に近い形で、サイズは37mm x 35mm(なんで正方形じゃない?)。ところで、イギリスの切手の特徴は、国名表記がなく、エリザベス女王の横顔のシルエットが右肩にデザインされていること。イギリスは世界で最初の郵便制度を導入した国で、1840年に世界初の切手を発行した。当時、他の国には切手がなかったので、国名表記は必要なかった。その後1964年に、郵便ルール統括国際組織である万国郵便連合(UPU)が、「1966年以降発行の切手には国、地域名をローマ字で表記すること」という ルールを採択したけれど、合意の上、イギリスは国名を切手に表記しなくて良い唯一の国とされている。

オタクっぽく聞こえるからあんまり人には言わないんだけれど、実は切手を集めるのが好き。といってもマニアックに特定の時代、テーマ、または国の切手を集めているわけではなく、ぱっと見て気に入ったものを選ぶ。50年代後半から60年代、または現代のシンプル&モダンなデザインが好きで、国であればドイツやオランダが多い。切手は、ありとあらゆるテーマを、絵画、写真、イラスト等を使って、小さいサイズの中にうまくおさめている。また国毎、時代毎にデザインが違っていて、面白い。いかにもデザイナーがデザインしているなと分かる完成度の高い切手なんかは、アートの域に達してると思う。

I got Royal Mail new special stamp sheets “The Fire & Rescue Service“,  issued on September 1, 2009. It is a set of 6 stamps (90p, 81p, 62p, 56p, 54p, and 1st Class/39p), with designs of fire safety, search and rescue, flood rescue, chemical fire, emergency rescue, and firefighting. As many royal Mail stamp designs, the stamp is square shape (well, almost) and its size is 37mm x 35mm. By the way, British stamps are the only stamps that do not bear the name of the country of issue on them, as the UK was the first country to issue prepaid postage stamps. The UK remains the only country not required to name itself on its stamps by agreement. For all other Universal Postal Union (UPU) members, the name must appear in Latin letters.

I don’t want to sound nerdish and don’t tell to many people, but I like collecting stamps. I am not a maniac who collect every single stamp of your interest, like specific theme, period, and country, but I just choose whatever appeals to me. I like simple and modern design from late 50’s to 60’s or current time, especially Dutch and German stamps. Some stamps are wonderfully designed all kind of themes in such a small size, by means of photograph, painting, and illustration. Especially some stamps are designed by famous designers and are works of art!

"The Fire & Rescue Service" Royal Mail Stamps"The Fire & Rescue Service" Royal Mail Stamps

Reblog this post [with Zemanta]

Post & Go machine @ Old Street Post Office

Royal Mail Post & Go machine

今日、久しぶりにOld Street駅近くの郵便局に行った。入口には、新しいセルフ・サービスの機械「post & go」が3台。計量台で自分で封筒や小包の重さを量って、発送方法を選び、送料を支払うと、印字式切手がプリントアウトされて出てくる。赤字に悩むRoyal Mail(ロイヤルメール・イギリスの郵政サービス)の合理化の一環で、2009年5月に41台のpost & goが、試験的に特定の郵便局(5/14付Royal Mailニュースより)に導入された。でも、このOld Street郵便局は、3台とも故障中?でクレジットカードが使えず、現金のみ。バンクホリデー(祝日)開けで窓口対応には長蛇の列が出来ているにも関わらず、誰もセルフ・サービス機を使っていない。比較的新しい機械なので、使い方を知らない人が多いのか、局員が列に並んでいる人に声をかけては、使い方を教えて使ってもらおうとしていたが、数人が利用しただけだった。

私は窓口で対応してもらう用事だったので使わなかったが、用事が済んだ後、試しに触ってみた。大きいスクリーンで意外と使いやすそうだったが、国内郵便料金は、ファーストクラス(First Class)、セカンドクラス(Second Class)、重量の重い小包のためのスタンダード・パーセルズ(Standard Parcels)、そして翌日配達・追跡サービス・補償付きの配達特別配送(Special Delivery)と、サービス内容が色々あって分かりにくい。特にファーストクラスセカンドクラスは、Letter(手紙)、 Large Letter(書類や本等、厚みのある封筒)、 Packet(小包)とサイズによって3つのカテゴリーに分かれており、重さによって値段が変わる。基本的に、ファーストクラスは1〜2日内配送、割安のセカンドクラスは3日以上かかるらしいが、経験では配達日に違いはあまりないので、私は重要な物以外はセカンドクラスを使っている。ちなみに国際郵便はもっとシンプル。航空便2kg(書籍類は5kg)までは、Letter(手紙扱い)か、100g以上だとLetterより安いSmall Packet(小包)。2kg以上はパーセルフォース(Parcel Force)扱いとなる。Small Packetの方がパーセルフォースより安いので、重さはなるべく2kgにおさめるようにしている。値段は、ヨーロッパとその他の国々で違い(ヨーロッパが割安)、LetterとSmall Packetはは20g毎に値段が上がる。このような郵便局のサービス内容に通じていないと、機械の前で立ち往生してしまうので、結局長時間待たなくてはいけなくても、窓口で対応してもらいたいんだろう。ちなみにBBCによると、ロンドンの郵便局での平均待ち時間は約15分、ひどいところは30分近く待たねばならないらしい。しかも最近はリストラで、かなり郵便局の数が減らされているので、ロンドンの郵便局の評判は悪い。しかも、今は組合とRoyal Mailが、給料カットとリストラを巡って対立、ストが頻発しており、現在、配達業務等で支障が出ているようだ。

私は郵便局の窓口で一日を過ごしたくないので、郵便物は家でキッチンスケールで計量して、切手を貼って持っていく。そのままポストに投函してもいいんだけれど、ある程度価値のあるものを送る時は、窓口で無料のCertificate of Posting(発送証明)を取っている。あまり知られていないサービスだけれど、発送証明をもらっておくと、万が一郵便物を紛失された場合、補償してもらえることがある。有料サービスに比べると、調査に何週間もかかるし、補償される可能性も100%ではないんだけれど、ないよりはマシという感じでもらっている。特に、国際郵便の登録郵送補償付き「International Signed-for」が郵便料金に追加£3.70+(補償額によって値段が変わる)とお高めだし(国内郵便の同様のサービス「Recorded Signed-for」は£0.75)、悪評高いイタリアのPosta Italiane等と比べイギリスと日本の間の郵便事情はなかなか良く紛失も滅多にないので、安めの物を送る時はついケチってしまうのだった。

I went to Old Street Post office today after a long time, and found 3 new bright red “post & go” machines inside. A part of Royal Mail modernization plan, “trials of the Fast Drop and Business Point service in selected branches and 41 Post & Go machines were installed, allowing customers to weigh parcels and print a postage label without going to a counter position” (Royal Mail News on May 15). But 3 machines at Old Street Post Office were broken?, and handwritten “only cash” signs were sticked at the card readers. There was a long line for waiting after Bank Holiday, but no one was using the machine. Maybe many people didn’t know how to use it as the machines were introduced recently, and a postal worker tried to persuade people to use it and to teach them how to use it, but only few had a courage to do so.

I didn’t use it as I had things that I could do only at the counter, but I tried to touch it from curiosity. It seemed easy to use with a big screen, but there were several options (First Class, Second Class, Standard Parcels for a heavy package, and Special Delivery for guaranteed delivery with compensation) for domestic delivery services, and a bit overwhelming if you don’t know much about these services. Especially First Class and Second Class have 3 categories depend on its size (Letter, Large Letter, and Packet), and prices are different according to its weight as well. Normally First Class is delivered in 1-2 business days and Second Class takes 3+ days, but I don’t see much difference in my experience, and usually use Second Class except an important letter. International mails are a bit more simpler. Airmail Letter and Small Packet (cheaper than Letter if over 100g) are for a package up to 2kg (up to 5kg for printed papers), and Parcel Force is for over 2kg. Small Packet is a lot cheaper than Parcel Force, so I try to use Small Packet whenever it’s possible. Mail to Europe is much cheaper than other countries, and price goes up every 20g for Letter and Small Packet. If you don’t know well about these services of Royal Mail, you may prefer to wait on a long line than to get lost in front of the machine. The average waiting time in queues at post offices in London is usually up to 15 minutes, according to BBC News, and you could wait up to 30 minutes at a busy branch. Recently Royal Mail has closed down many branches across the country and this caused a lot of anger among their customers. Moreover, postal workers unions are opposed to the Royal Mail plan, of pay and job cut, and frequent postal strikes affect the delivery of the mails.

I don’t want to spend all day at the post office counter, and I always weigh my package and put appropriate stamps before I go to a post office. I can post it in a post box but I go to the counter to get Certificate of Posting when I send something of a value. Not many people know this service, but you can get compensation when the mail goes missing. The compensation process take many weeks in compare to paid registered mail, and you may not get anything, but it is better than nothing. International Signed-for (registered mail) cost additional £3.7o+ (domestic Recorded Signed-for is only £o.75) to Airmail or Surface Mail, and the Royal Mail service is pretty much functional, in compare to the infamous Posta Italiane, so it is worth to get Certificate of Posting, since it is free!

Old Street Post Office

Reblog this post [with Zemanta]

British Design Classic Stamps

British Design Classics Stamp

今日1月13日発売の、British Design Classics切手を手に入れた。コンコルド、ルートマスター(ロンドンにあった2階建バス)、ロンドン地下鉄マップ、ミニクーパー等、イギリスが世界に誇る20世紀のデザインが主人公の、1st class切手10種。イギリスのメディアでも注目の切手だ。Royal Mailによると、きっかけはミニクーパー生誕50周年。国営放送BBCの番組The Culture Showで行われたイギリスデザインの人気投票の結果を参考に、専門家の意見も取り入れて、10種類のデザインが切手用に選ばれた。The Guardianという新聞のウェブサイトに、それぞれのデザインの詳細があるので、チェックしてみて下さい。また、現在ヤフーオークションにこの切手セットを出品しています。オークションにご興味がある方はここをクリックして下さい。

ちなみに、イギリスの国内通常郵便には、1st classと2nd classがある。1st classは2nd classより割高だ(現在100g以下レター扱いで、1st classは36ペンス、2nd classは27ペンス)。1st classは2nd classより、1st classは1〜2日、2nd classは3日以上かかる、とRoyal Mailのウェブサイトにあるが、通常2nd classでも1〜2日以内で届くことが多いので、私は大事なメール以外は、2nd classを使っている。

I got the Royal Mail British Design Classics Stamps today – on the first day of its sale. 10 x 1st class stamps with 20th century British design classics, such as Concorde, London Underground Map, Mini and London Routemaster bus etc. The stamps are widely reported by the British Media. According to Royal Mail, the starting point was the 50th anniversary of the Mini. Then, with the help of experts in the field, and based on the result of BBC The Culture Show’s top 10 and 20 popular British design, they broadened the idea and chose 10 British design classics. If you are interested in a details of each stamp, check out The Guardian website.

Royal Mail domestic delivery service has 1st class mail and 2nd class mail. 1st class mail is more expensive than 2nd class (ex. letter under 100g cost 36p for 1st class and 27p for 2nd class). According to Royal Mail website, 1st class takes 1-2 days, and 2nd class takes more than 3 days, but usually 2nd class is delivered as fast as 1st class – so I normally use 2nd class mail except important ones.

Reblog this post [with Zemanta]