Tag Archives: Russell Square

Le Quattro Volte @ Renoir Cinema

Vodpod videos no longer available.

Russell Square(ラッセル・スクエア)近くのRenoir Cinemaで、「Le Quattro Volte(四つのいのち)」を観た。この映画はイタリア南部カラブリア州の山村を舞台に、命が繋がっていく様子を描いた作品。2010年のカンヌ国際映画祭で話題になり、東京国際映画祭にも招待、最近日本でも公開された。→参考:ミケランジェロ・フランマルティーノ監督インタビュー

(*注:ネタバレあり)イタリア半島の最南端、長靴のつま先に当たる部分に位置するカラブリア州は、美しい海と山々に恵まれた自然豊かな地方。映画は山々で草を食むヤギを世話する年老いた牧夫の話から始まる。肺か気管支系の病を患い、毎晩、教会を掃除した際に集められた塵を薬変わりに飲んでいたが(教会のような聖なる場所に落ちている塵には魔術的な力があるとする、シチリア地方の古い慣習。厳密にはカラブリアではない)、その塵を山でなくしてしまい塵を飲めなかった老人はその次の日、永眠する。そして場面は子ヤギの誕生のシーンに。少し成長したある日、子ヤギは他のヤギたちと共に山に出て行くが、途中溝にはまり、群れからはぐれてしまう。啼きながら必死に群れを探すが、広大な山の中で迷子になり、最後は樅の巨木の下で夜を過ごす。そして寒い冬が過ぎ、春の到来。800年の歴史を持つ再生の祭りのため、樅の巨木は切り出され、人々の手で村の広場に運ばれる。まっすぐそそり立つように立てられた木の周りで盛大に祭りがとり行われた後は、カラブリア独特の伝統的な炭焼き手法で、木炭に生まれ変わる。

セリフは一切ない。登場する人たちは、この役で2010年Palm Dog賞を受賞したプロの俳優(?)犬Vukを除き、全てその土地の住民。長回しで撮影された美しい映像は、そこに生きる人々や動物の暮らし、雄大な自然、そして人間と他の事物とのつながりを淡々と描き出し、ドキュメンタリー・タッチの美しい映像詩に仕上がっている。物質文明が進み、世界の多くの場所で失われてしまった、人間と自然が共生する場所。でも実際はイタリアの田舎町でも、最新モデルの車がところ狭しと並び、最新のファッションに身を包んだ若者の手にはスマートフォン。インターネットも衛星テレビも完備している。イタリアの辺境の地(M談)と言われるカラブリア州も例外ではないと思うが、そういう部分は上手く排除されている。いかにも外国人の郷愁をそそる映画で、インテリのイギリス人映画批評家たちの評判も押し並べていい。かくいう私もそういう失われた古き良き時代を上手く映像化したこの映画に魅了された一人なのだ。

We saw an Italian movie, “Le Quattro Volte (The Four Times)” at Renoir Cinema near Russell Square. This is a documentary style movie about cycles of life and nature, set in a remote mountain village in Calabria in Southern Italy.

Calabria, located at the “toe” of the Italian peninsula, is a region with beautiful coastline and the mountains. The movie starts with a story of an old shepherd, who lives in a quiet village perched high on the hills and herds goats traveling around mountains. He is sick, and takes the ‘sacred’ dust collected on the church floor everyday, believing that it will cure him (actually it is an old Sicilian tradition, not Calabrian). One day he loses the dust and can’t take it, and dies the day after. Then screen changes to a scene of a birth of baby goat. One day the little goat goes out to a mountain with other goats, but falls behind the group by being trapped in a ditch. The goat desperately cries for help, wandering the mountains, but can’t find the group. Exhausted, the baby goat sleeps under a big fir tree. Winter passes and spring comes. The tree is cut down and trimmed, and is dragged by villagers to erect in a square for a 800-year old festival. After the festival, the tree is cut in many pieces and is transformed into charcoals in a traditional Calabrian charcoal kiln.

There are no lines, no narrations. All you hear is the sounds of nature, undistinguishable voices of the villagers, and barking of a dog (and it is quite loud). Everyone in the movie is a non-professional local, except a professional actor dog Vuk, which won the Palm Dog award 2010 (he did an excellent job!). The film, using a lot of long shots, portrays a simple life of the villagers and animals and great landscape of the region without any special effect, and is absolutely beautiful and poetic. The lost world where humans coexist with nature without trying to control it. The movie makes us believe that it still exists somewhere even in a developed country such as Italy. But the truth is different, unfortunately. I see the latest cars parked everywhere and young people in trendy fashions with smart phones in any Italian countryside. Even grandmothers can enjoy satellite TV and internet. I don’t think Calabria, one of the least developed region in Italy (according to M), is an exception of materialism. However, the movie meticulously eliminates the ‘ugliness,’ and succeeds in satisfying non-Italians with a stereotypical image of Italian countryside, including intellectual and cultural British film critiques (see Rotten Tomatoes) – and me…

Advertisements

Brunswick Centre @ Russell Square

私たちが時折出没する、BloomsburyにあるBrunswick Centre(ブランズウィック・センター)。以前、Renoir Cinemaのエントリーでも書いたけれど、Brunswick Centreは、60年代にデザインされ1976年に完成した、モダニズム建築の集合住宅と商業施設コンプレックスで、老朽化による改築工事の後、2006年に再オープンした。ここにテナントで入っているのはチェーン店ばかりだけれど、便利なのでつい来てしまう。バイクの無料駐車場はすぐ横にあるし、最低限必要なものは取りあえずここで揃う。私たちの行動パターンとしては、到着後はまずランチ。Gourmet Burger Kitchen(GBK・過去のエントリー参照)でハンバーガーか、Carluccio’sでパスタ、またはカフェ・チェーンにしてはちょっと気が利いてるApostrophあたりでサンドイッチ、というチョイスの中から、その時の気分で選ぶ。その後はドラッグストアチェーンのSuperdrugBootsをチェック。ビタミンや健康食品はHolland & Barrett、キッチン用品やキャンドルはButlersで、そして暇な時は、French Connection(FCUK)やBenettonにも足を止めたりする。見たい映画がある時はRenoir Cinemaへ。平日夕方頃なら、Russell Square(ラッセル・スクウェア)駅に行って、無料紙のEvening Standardをピックアップする。そして締めくくりは、スーパーのウェイトローズでお買い物。という感じ。

メキシコのテオティワカン遺跡を少し彷彿させる(私だけ??)、上部の階段状の集合住宅、窓が大きくせり出していて、冬は寒気が入ってきて寒そうだし、夏は温室効果で暑いんじゃないかと想像しているのだが、どなたかここの住み心地、知りませんか?

The Brunswick Centre is one of the places we go often. As I wrote about Renoir Cinema in the past, The Brunswick Centre is a modernist architecture and a residential and shopping centre in Bloomsbury. Originally designed in 60s and completed in 1976, renovation of the then rundown building was completed and reopened in 2006. Although most of the tenants are the chain stores, the Brunswick centre is very convenient place for us. There is a motorcycle bay just next to the Brunswick, and we can buy all basic needs in one place. What we do there always the same, more or less. First we have lunch; either hamburger at Gourmet Burger Kitchen (GBK / see my past entry) , pasta at Carluccio’s, or sandwich at Apostroph (a decent café as a chain in UK) , depending on our mood. Then we check out drugstores Superdrug and/or Boots, and sometimes Holland & Barrett for vitamins and health foods, and Butlers for kitchen products or candles. We stop by French Connection (FCUK) and Benetton, when we have time and if we feel like. If in evening, I go to Russell Square station and pick up the free Evening Standard. At the end, we go to Waitrose for grocery shopping.

The housing parts above the shopping complex (reminding me of  Teotihuacan in Mexico with its stairs-like shape – is it only me??) are covered with glasses, and look hot in the summer and cold in the winter – can anyone answer the question?

Reblog this post [with Zemanta]