Tag Archives: Saatchi & Saatchi

Newspeak: British Art Now @ The Saatchi Gallery

Duke of York Squareに行った時に、隣接するDuke of York’s HQにあるSaatchi Galleryサーチ・ギャラリー)で、「Newspeak: British Art Now Part II」展(〜4月30日)を観た。このギャラリーは、広告代理店「サーチ・アンド・サーチ」(Saatchi & Saatchi)の共同創業者で、アート・コレクターのチャールズ・サーチ氏が、自らのコンテンポラリー・アート・コレクションを公開するために、1985年に北ロンドンのSt John’s Wood(セント・ジョンズ・ウッド)に設立したもの。その後、2003年にサウスバンクの旧ロンドン市庁舎(カウンティ・ホール)に移転、そして2008年にはDuke of York’s HQに再移転。そのオープニングには、「The Revolution Continues: New Chinese Art(革命は続く:新しい中国アート)」と題した中国の現代アーティスト展を開催し、話題を呼んだ。サーチ・ギャラリーはその25年間の歴史の中で、ダミアン・ハーストやトレイシー・エミンを代表とするYBA(ヤング・ブリティッシュ・アーティスト)をはじめ、無名の新進アーティストを発掘・作品の発表の場を提供、数々の論議を巻き起こしながらも、イギリスのアート界に大きな影響を与え続けてきた。昨年7月、サーチ氏は200以上のコレクションとギャラリーを政府に寄贈することを発表、「Museum of Contemporary Art for Londonとなるのだそう(BBCニュース)。なんて太っ腹な。

オープンから約1年半経つのというのに、この新しいギャラリーに来たのは、実は今回が初めて。今回観た、イギリスの現代アートを紹介する「Newspeak: British Art Now Part II」は、強烈な印象を持つ作品や心に残る作品が見当たらない、少し小粒な展覧会だったけれど、4フロア計13室の新しいギャラリーは以前の少し薄暗い建物に比べ、明るく広々としていて、気持ちがいい。入場料も無料なので、気軽に足を運べるのも嬉しい。ただ、ギャラリー前の公園は立ち入り禁止なのが残念。アート鑑賞後、リラックスするのに最適の場所なのに。

When we went to Duke of York Square, we also saw  “Newspeak: British Art Now Part II” exhibition (– April 30) at the Saatchi Gallery at nearby Duke of York’s HQ. Charles Saatchi, an art collector and the co-founder of global advertising agency Saatchi & Saatchi, opened the gallery in 1985 in order to exhibit his contemporary art collection to the public in St John’s Wood, North London. The gallery moved to County Hall on the Southbank in 2003, then to Duke of York’s HQ in 2008 with inaugural exhibition of “the Revolution Continues: New Chinese Art,” showcasing emerging contemporary Chinese art. The gallery has discovered many unknown artists including Damien Hirst and Tracey Emin as well as other YBAs and brought them to stardom, but also often caused media controversy, but it has been giving a big impact on British art throughout 25 years of its history. Last year, it was announced that more than 200 works and the gallery would be given to the British public, becoming the Museum of Contemporary Art for London (BBC news) – how generous of Mr. Saatchi!

It was the first time for us to visit the gallery in this new location, though it reopened a year and half ago. “The Newspeak: British Art Now Part II“, exhibiting emergent British contemporary art, didn’t offer us much without any strong impression nor eye-opening experience, but new gallery space with total of 13 rooms on four floors is bright and airy, and pleasant place to enjoy art, with a big incentive of free admission. It is a shame that we couldn’t relax in the park in front, which was off limit, after stroll around this large gallery.

Ximena Garrido-Leccaの作品「The Followers」。花や写真、さまざまなオブジェで飾られた、母国のペルーの「nichos(ニチョス)」と呼ばれる壁墓(イタリアもそうだけれど、近年は場所の節約のため、壁にお墓が埋め込まれている)を再現した、キッチュな作品。

The Followers” by Ximena Garrido-Lecca is a reproduction of a burial wall “nichos” from her native Peru, where it is customary to adorn graves with flowers, photographs and objects. Very kitsch.

私のお気に入りの作品、イギリス人アーティスト・Richard Wilsonの「20:50」。サーチ・ギャラリーで唯一のパーマネント・インスタレーションで、1991年からずっと展示されている。展示室13の床は、タイトルである「20:50」と呼ばれる、厚くて真っ黒なリサイクルされたエンジンオイルで覆われ、部屋の構造を映し出す。最初は床が黒い鏡でできているのかと思った。

My favorite work in the gallery, “20:50“, created by British artist Richard Wilson. This is the only permanent installation at the Saatchi Gallery and has been continuously shown in each of the gallery’s venues since 1991. The room 13 is entirely flooded in thick and pitch black oil, which the title “20:50” takes its name from the type of recycled engine oil used – it reflects the architecture of the room. Thought the floor was made of black mirror – great idea.

地下にあるショップ。

The museum shop on the lower ground floor.

どうやら、オーナーであるサーチ氏を偶然撮影してしまったらしい。カメラを構えている時は気づかなかったけれど、後からMに「あれは絶対彼だよ」と言われた。サーチ氏に似ているけれど、本当かな?

It seems that I happened to take a photo of Mr. Saatchi. I didn’t notice when I held my camera up, but M told me he believed it was him. Isn’t it him for real?!

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

Advertisements

Brown Announced May 6 General Election Today

Vodpod videos no longer available.

今日4月6日、ブラウン首相は、任期満了に伴い、5年ぶりの総選挙を5月6日に行うと発表した。イギリスの議会は、上院(貴族院)と下院(庶民院)の二院制を取っているけれど、上院議員は選挙ではなく指名制なので、選挙では下院議員のみ選ばれる。4月12日にはエリザベス女王によって議会が解散され、5月6日には国政選挙と地方選挙が同時に行われる。→選挙のスケジュールはここからチェック。

労働党政権になって約13年。2007年にブレア前首相から首相職を引き継いだブラウン首相は、就任後人気が低迷、支持率低迷の責任を取っての党首辞任がささやかれ、野党からは解散総選挙のプレッシャーにさらされていたけれど、何とか持ちこたえ、2005年の前回総選挙から5年の任期を全うした。ブレア元首相の下で「New Labour(新しい労働党)」を標榜し、第三の道路線を取って高い支持率を誇った労働党も、1997年にアメリカとともに始めたイラク戦争あたりから人気が下落。変わって、2005年に若さと爽やかイメージを武器に党首に就任した、オックスフォード卒で、つるつるお肌の、いかにも良家の御曹司って感じのデービッド・キャメロン率いる保守党(前身がトーリー党であることから愛称Tory/トーリー)が、オバマの真似して「チェンジ」をスローガンに掲げ、支持を伸ばしている。現在の各政党支持率は保守党優位であるものの、ガーディアン紙の調査によると労働党は差を縮めつつあり、また投票先を決めていない浮動有権者も多く、先行き不明な感じ。どちらも絶対多数を取れない「Hung Parliament(宙ぶらりんの議会)」も予測され、いつも2大政党に隠れて影の薄い第3党・自由民主党(愛称Lib Dem/リブ・デム)が、政権のパートナーという重要な役割を果たす可能性もでてきた。

今回の選挙の争点は、NHS(国営医療サービス)や経済、移民政策など。また、今回の選挙では、オバマが勝利をおさめたアメリカ大統領選のように、インターネットが重要な役割を果たすことが予想されている。キャメロン党首は、党のウェブサイトにある「Webcameron」(ウェブカメラとキャメロンをかけた?)で、自らの活動をビデオで紹介しているし、労働党も、ウェブサイトツィッターを使って若者の支持をはかる。ブラウン首相よりも、慈善活動に精力的に取り組む良妻賢母、サラ夫人の方が人気が高く、夫人のツィッターには100万人以上のフォロワーがいる。そして、選挙活動においては、労働党はSaatchi & Saatchi、保守党はM&C Saatchi(自身が設立したSaatchi & Saatchiを追われた創業者サーチ兄弟が立ち上げた会社。兄弟はサッチャー時代の保守党キャンペーンを手がけた)と、共に有名広告会社に依頼。この1ヶ月の間に、どんなポスターやキャンペーンが出てくるか、楽しみだ。

Today Prime Minister Gordon Brown formally announced that the General Election will be held on May 6. The UK Parliament has two houses: an elected House of Commons and an appointed House of Lords. The Queen will dissolve Parliament on April 12, and Members of Parliament (MPs) to seats in the House of Commons will be elected on May 6. Local elections will take place on the same day of the general election as well. → you can check election schedule here.

It’s been 13 years since Labour took the power. Once boasted high popularity with the “New Labour” policy under then young leader Tony Blair, the governing Labour Party will be looking to secure a fourth consecutive term in office and to restore support lost since 1997, resulted in resignation of Blair who was accused of his involvement in the Iraq war. The Conservative Party will seek to replace the Labour government after losses in the 1990s, under David Cameron, an Oxford-grad young and posh leader with smooth skin and smart talk, with his slogan ‘change’, copying Obama’s catchphrase. He became a leader of Tory (nickname of the Conservative party, a successor of the Tory Party) in 2005. Currently Tory leads national polls, but the Labour is catching up, according to the Guardian poll, and swing voters can change the political landscape. “Hung Parliament” is also anticipated, and the third party Liberal Democrats (Lib Dem) , which is usually overshadowed by Labour and Tory, could hold the balance of power in such a case.

Important issues of this election are such as NHS (National Health Services), economy, and immigration. Internet is expected to play a big role, like internet grass-roots helped Obama win the US presidential election. Cameron updates his activities on “Webcameron” (webcamera +  Cameron??) on the Tory’s website. Labour also has their website and Twitter to attract young voters, and Sarah Brown, a wife of Gordon Brown and a popular charitable activist, has over 1 million followers on her Twitter page. Recently the Evening Standard reported that Tory called in M&C Saatchi, Margaret Thatcher‘s favorite advertising men, for their advertising campaign, and Labour has hired Saatchi & Saatchi – exciting to see future political campaigns and posters, created by these UK’s famous advertising companies.

Mはイタリア人なので、国政選挙には投票できないけれど、欧州連合加盟国の国民でイギリス在住者には、地方選挙の投票権がある。

M is an Italian and though he can’t vote for MPs, he can vote for a local election as a citizen of EU member states who lives in UK.

Reblog this post [with Zemanta]