Tag Archives: Scotland

Northern Lights in UK

Vodpod videos no longer available.

Northern lights(オーロラ)が今夜、ロンドンでも見れるかもしれない!?

通常、極域近くにしか現れないオーロラだが、約11年のサイクルで太陽の活動が高まり、「太陽風」と呼ばれるプラズマ粒子が地球上により強力に降下することによって、より緯度の低いエリアでもオーロラが発生するのだそうだ。ここ数日がその時に当たり、日曜夜からスコットランド、北イングランド、北アイルランドでオーロラが観察されており(→写真:テレグラフ記事)、水曜日まで、一定の条件が揃い、かつ運が良ければ、ロンドンを含む南イングランドでも見られる可能性があるそうだ。地球磁場の活動状態によるが、澄んだ空と暗闇が必要。田舎の方が都会より可能性が高く、明るい月夜は難しい。概して午後10時頃から午前2時頃、北の方角に発生するので、その時間帯に北の方を観察するのが(場所によりけりだそうだが)、オーロラに遭遇するチャンスが高くなる。

オーロラは、北スコットランドでは珍しくないそうだが、南イングランドではなかなか見られず、最後にロンドンで観察されたのは1939年とのこと。可能性はあまり高くないみたいだ。

Beautiful northern lights, Aurora or the Aurora Borealis, can be seen in London tonight?!

Normally taking place close to the Arctic, but every 11 years or so, an increase in solar activity causes unusually powerful explosions of particles, to make aurora able to be seen further south. Now is the time. Since late Sunday, aurora has been observed in Scotland, northern England and northern Ireland (→photos: Telegraph), and can be seen until Wednesday, possibly as south as London, with luck and under certain conditions: right magnetic activity which is highly variable; clear skies; and darkness without bright moonlight. Higher probability in the countryside than the city. For the best chance, look to the north which is the direction aurora is usually seen, though it depends where you are, around midnight from 10 pm to 2 am.

Aurora is not uncommon in northern Scotland, but fairly rare in south England and last appearance of this size was in 2003, and the last recording sightings of aurora in London was in 1939.

 

Advertisements

Stormy Day in UK

traffic

昨日の夜から風が強くなり、今日は一日中ビュービュー風が吹いている。8月29日にカーボベルデ南部の熱帯波から発生したHurricane Katiaハリケーン・カティア)は、当初アメリカ東海岸に向かうと予測されていたが、カリブ海辺りでその行き先を変え、大西洋を越えて昨夜イギリスにやってきたのだ。ピーク時にシンプソン・スケールでカテゴリー4を記録したこのハリケーンの影響により、スコットランド、北アイルランド、イングランド北部、ウェールズ北部は強風・高波や強い雨に見舞われた。高波警報が出され、列車やフェリーなど交通網は大混乱、倒れた木々が事故を引き起こし、大規模停電や建物の損壊も報告されている。またツアー・オブ・ブリテンの第2ステージもキャンセルされた。→被害の様子はこちら:デイリーメール紙テレグラフ紙サン紙

幸いロンドンは、自転車に乗っても前になかなか進めない、という程度の風の強さで、特に被害も報告されていない。明日はその威力は弱まり、明日以降は平常に戻るそう。様々な被害を巻き起こしているこのハリケーン、楽しんでいるのはサーファーだけ?

The strong wind has started to blow since yesterday night, and has been making this annoying noise all day today. This gale is because of Hurricane Katia, developed from a tropical wave south of the Cape Verde Islands on August 29; it had been expected to hit US coastal regions but changed course from the Caribbean and arrived Britain last night. Katia, rated as a category four hurricane on the Saffir–Simpson Hurricane Scale at its peak, have been bringing high tides, strong winds and rains to Scotland, Northern Ireland, northern England and north Wales. Flood alerts have been issued, with road, rail and ferry travel widely disrupted. Uprooted trees caused accidents and large scale power cuts and damages to buildings have been reported. The second stage of the Tour of Britain was cancelled as well. → See the damages here: Daily Mail | Telegraph | the Sun

Fortunately, London hasn’t been hit hard, and no specific damage has been reported. Just some winds, which was strong enough to push me back when I was on my bike. The storm will be ease tomorrow, and it will get back to normal after tomorrow. Katia has been causing major disruption, but only surfers seem to enjoy the big waves!

London Landscape Greeting Cards by The Art Rooms

先日、サーチ・ギャラリーに行った時に買った、グリーティング・カード(各£2.99)。ロンドンの風景のシルエットと、鮮やかな原色カラーを組み合わせた、シンプルだけど洗練されたデザインがとても素敵。このLandscapesシリーズには、ロンドンの他、ヨークシャー、スコットランド、湖水地方のものがある。作っているのは、2007年創業のThe Art Rooms社。「Inspired by the UK. Designed in the UK. Made in the UK.(イギリスにインスピレーションを受け、イギリスでデザイン。イギリス製)」を謳い、グリーティング・カード、プリント、台所用品やギフトを扱っている。同じくロンドン各地の風景を扱ったポストカードマグカップテーブルマット、コースターもあり、ロンドン土産として喜ばれそう。ミュージアムショップやデザイン系雑貨を扱う店の他、オンラインストアでも買える。

These are the greeting cards (£2.99@) we purchased at the Saatchi Gallery. The design of combining a silhouette of London landscape with block of bright color is simple yet sleek. This landscapes series of greeting cards also includes Yorkshire, Scotland, and Lake district, as well as London. The The Art Rooms, which produced the greeting cards, was founded in 2007 and designs and creates greeting cards, prints kitchenware and gifts, with a concept of “Inspired by the UK. Designed in the UK. Made in the UK.” There are also postcardsbone china mugstable mats and coasters with London’s landscapes, and those are perfect souvenirs from London. You can buy them at selected stores or at their online shop.

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information *今日はポスター特集です / all about charity posters today

Duchy Originals “from Waitrose”

私たちの行きつけのスーパーはウェイトローズなのだが、今まで買っていた、ウェイトローズ・ブランドのオーガニック牛乳が、最近、「Duchy Originals(ダッチー・オリジナル)」ブランドに取って代わったのに気づいた。調べてみたら、2009年9月にDuchy Originals社はウェイトローズとの包括提携を発表、2010年8月に実施されたのだそうだ。この提携によると、イギリス国内において、商品の製造から流通・販売までウェイトローズが手がけ、名前もDuchy OriginalsからDuchy Originals from Waitroseに変更。商品数も以前の200から、500アイテムにまで増やす計画だそうだ。

ダッチー・オリジナル (Duchy Originals) 社は、環境保護やオーガニック(有機栽培)に熱心なチャールズ王太子によって1990年に設立された、高級有機食品ブランド。Duchy of Cornwallコーンウォール公爵)の称号を持つチャールズ王太子所有のDuchy(王族公領)をその名に冠し、そのロゴもコーンウォール公の紋章から取られている。クッキーやビスケット、ジャムやマーマレード、肉・魚類、デザート、水、スープ、ドレッシング、ヘア・ボディケアなど多岐に渡る商品は、主にウェイトローズで取り扱われているけれど、Boothsというスーパー(聞いた事ないけれど)や独立系高級食料品店でも販売されている。ウェイトローズと提携はしたけれど、チャールズ王太子は引き続きブランド経営に参画し、そのロイヤルティ(商標権使用料)は引き続き、王太子の創設した慈善団体・The Prince’s Charities Foundationに寄付される。

ダッチー・オリジナルの製品は、チャールズ王太子の会社という事で話の種になるので、海外へのお土産に重宝する。私たちの御用達は缶入りのHighland Shortbreadハイランドショートブレッド)。スコットランドの伝統的お菓子だけれど、イギリス中で食べられるポピュラーなお菓子だし、材料には、王太子が所有するハイグローブの農場で穫れた小麦やオート麦を使用している。また王太子が描いた、イギリス王室の夏の避暑地であるスコットランドのバルモラル城の水彩画を使った、クラシックのデザインの缶は、食べ終わった後も使える。£6.99とリーズナブルなのに高級感もあるし、是非お薦め。

Recently I recognized that our favorite supermarket, Waitrose‘s Organic milk range has been replaced from “Waitrose Organic Fresh Milk” to “Duchy Originals from Waitrose”. I searched Wikipedia and found out that Duchy Originals had agreed an exclusive deal with Waitrose, for Waitrose to originate, manufacture, distribute and sell Duchy products, and this came into effect from this August. The products were relaunched under the new name “Duchy Originals from Waitrose” (formerly Duchy Originals), and the product range will be expand to around 500 from the previous range of around 200.

Duchy Originals is a brand of organic food and was originally set up in 1990 by Charles, Prince of Wales, who has been an advocator of organic food and environmental issues, and named after the Duchy of Cornwall estates that are held in trust by the Prince of Wales (Duchy means the territory of a duke or duchess). The products, including biscuits & snacks, preserves, meat, poultry & fish, desserts, bottled waters, soups and condiments & dressings, as well as hair & body care, are sold mainly in Waitrose in UK, but also in Booths supermarkets (I’ve never heard of it though) and small independent food stores. The Prince of Wales continue his involvement with the brand after the company’s deal with Waitrose, and the royalties is donated to charity The Prince’s Charities Foundation as before.

We often buy Duchy Originals products for souvenirs to abroad, as this is Prince Charles’ company and we can talk about it. Our pick for a souvenir is Highland Shortbread Tin. Shortbread is a traditional Scottish biscuit, but also popular in other parts of UK. Duchy Originals’ Highland shortbread is made using wheat and oats from the Duchy’s farm at Highgrove royal estate.  The shortbread is in a classic design tin box, decorated with a watercolour, painted by Prince Charles, of the Balmoral estate in Scotland, and you can reuse the tin after you finish the biscuits. The price is quite reasonable at £6.99, but it looks expensive – highly recommended!

Highland Shortbread Tin/ハイランド・ショートブレッド缶入り

Bergamot & Lime Liquid Soap/ベルガモットとライムのハンドソープ

Enhanced by Zemanta

The Truth about Bloody Sunday Revealed

Vodpod videos no longer available.

1972年に北アイルランドのDerry(デリー)起こった「血の日曜日事件」の報告書「Saville Report(サヴィル白書)」が今日発表されたのを受け、デービッド・キャメロン首相は、下院において、英政府として正式に謝罪を行った。U2の1982年のヒット曲、ブラディ・サンデー(Sunday Bloody Sunday)でも歌われたこの事件は、1972年1月12日に、少数派のカトリック教徒が行った北アイルランド公民権運動のデモ行進中に、英軍が市民27人に発砲、14人が死亡したもの(そのうち7人はティーンエイジャーだった)。事件後すぐ行われたWidgery Tribunal(ウィッジェリー裁判)では、政府は発砲の正当性を主張、関与した兵士たちは無罪判決を受けたが、この裁判は事実を隠蔽するものだとの批判を浴びていた。その後、1998年にLord Saville of Newdigate(サヴィル卿)を委員長とする調査委員会が設置され、12年の歳月と1億9200万ポンドをかけて、5,000ページに及ぶ報告書が作成された。報告書は、挑発や何らかの脅威に対して発砲行為が行われたわけではなく、犠牲者のうち何人かは逃げるか負傷者を助けようとしていた、そして発砲は事前の警告なしになされたと断定。被害者の潔白を証明した。またこの件では、多くの兵士が嘘をついていたと非難した。キャメロン首相は、「軍の行為は正当化されず、また正当化も出来ない(unjustified and unjustifiable)」として、38年後の今日、軍の過ちを認めた。

真相を明らかにするのに何故こんなに時間がかかったのか。多額の税金がこの報告書に費やされた事も批判されている(イギリスのメディアは税金の無駄遣いには超敏感)。

イギリスはグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国と呼ばれるように、イングランドスコットランドウェールズ北アイルランドと4つの「国」で構成される。民族学的にも、イングランドはアングロ・サクソン、その他3国はケルト系で、独自の言語と強いアイデンティティを持つ。いろいろ複雑な事情があるのだろうが、EU内もボーダーレスになって結束も固まったことだし、いっそそれぞれ「国」として文字通り独立したら、争いも悪口もなくなって、すっきりすると思うんだけれど。

After 38 years of Bloody Sunday happened in 1972 in Derry, Northern Ireland, today the Saville Report was published and the Prime Minister David Cameron officially apologized in the House of Commons for the British army’s actions. As sung in U2’s 1982 hit “Sunday Bloody Sunday, this incident took place on January 30, 1972, and  twenty-six unarmed civil rights protesters or bystanders were shot by the British Army during a Northern Ireland Civil Rights Association march; 14 of them, 7 of them were teenagers, lost their lives as a result. Widgery Tribunal held just after the event, but it largely cleared the soldiers and British government and was criticized as a whitewash. In 1998, the Saville Inquiry chaired by Lord Saville of Newdigate established to review the events, and after spending 12 years and £192 million, the 5000-page report was finally made public today on June 15. The report determines that the unarmed protesters who died were innocent: there was no warning before the shooting and none of the casualties was posing a threat or doing anything that would justify the firing; some of those killed or injured were clearly fleeing or going to help those injured or dying; and many of the soldiers lied about their actions. The prime minister called that the actions of the Army were “unjustifiable and unjustified”, and said he was “deeply sorry” on behalf of the Government and the country.

Why it took so long to reveal the truth? It is also criticized that huge sum of public money has been spent for the investigation (British media tend to be very sensitive about public spending).

As the name of the country “The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland” suggests, UK consists of four ‘countries’; EnglandNorthern IrelandScotland and Wales. It is considered that England is the Anglo-Saxons, while other three countries are Celtic with their own languages and strong cultural identities. Things may not be so straightforward and is more complicated, but as EU becomes border-less and more united, why don’t these ‘countries’ become literally independent – so that they won’t fight nor talk bad about each other anymore!

Enhanced by Zemanta

British Airways’ 12 Days Strike Blocked | Flyglobespan Gone Bust

flickr photo taken by bribriTO

今日は、航空関係のビッグニュース2件が,イギリスのメディアを賑わせた。

1つ目は良いニュース。14日に発表された、12月22日から1月2日までの、12日にも渡るブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のストが、決定過程に違法があった、また時期的に会社への打撃が大きすぎるとして、裁判所により差し止められた。これによって、クリスマスを含む年末年始に旅行を予定している約100万の利用客に影響が出るストが回避された。私たちも、今年のクリスマスはイタリアへ、と計画していたのでひと安心。

格安航空会社や賃金の安い外国の航空会社との競合により、BAの損失は1日あたり160万ポンドに上り、年金基金は会社資産を上回る37億ポンドの赤字、また従来なら稼ぎ時の4~9月の純損失は、過去最大の2億9200万ポンドを計上していた。そのため、BAは1700人の人員削減や社員のパートタイムへの転換(2010年までの削減人員数は4900人)、搭乗する乗組員の数の削減、2年間の賃金凍結などのリストラ策を次々に実行したが、客室乗務員らが加入するイギリス最大の労働組合ユナイト(Unite)は、これらが組合の合意なしに進められたとして憤慨、92%の組合員の賛成投票を受けて今回のストライキを決定していた。ストになれば、1日あたり1000万~3000万ポンド(約14億5000万~43億5000万円)の損失、また予定されているスペインのイベリア航空との合併にも支障が出ると見られていた。BA側は、この投票には既に退職している1000人の票が違法に含まれているとして、15日、裁判所にストライキ差し止め命令を求めていた。

しかしこのスト、クリスマス、年末年始と時期が悪すぎる。それにこのスト決定には、組合内の権力闘争が絡んでいたという。これでは人々の理解を得られないのも無理はない。しかも12日!あり得ない。報道によると、BAの客室乗務員の平均年収は、ヴァージン・アトランティック航空の約2倍、イージージェットの約1.5倍の2万9900ポンド(約430万円)。待遇はイギリスの航空会社でもちろんトップである。その割に、BAの職員のサービスは他の航空会社に比べて、大差はない。このご時世、生き残るためには今のままではやっていけないのは自明の理だ。日本航空アリタリアもそうだけれど、BAの組合員も昔の国営航空会社、殿様商売の頃の待遇が忘れられないらしい。無理言っても、いざとなれば国が助けてくれると思ってるんだろう。でも、国も財政赤字が増大しており、赤字対策もままならない会社に無条件に税金を注ぐことは、世論が許さない。組合が強硬な以上、BAはいったん潰れて、新しい体制で再出発するしかないんじゃないかな。

そして2つ目は悪いニュース。スコットランド最大の航空会社、Flyglobespan(フライグローブスパン)が倒産し、予定されていたフライトは今日をもって全てキャンセルされた。これにより、スペイン、ポルトガル、キプロス、エジプトを中心に、約4500人の搭乗客が帰る便を失った。またこれにより、約800人が職を失い、フライトを予約した10万人以上の人々の足に支障が出るそうだ。エジンバラが拠点のこの航空会社、今日ニュースを見るまで聞いたことがなかった。景気の良い時に、新しい格安航空会社が次々と誕生したけれど、この不況の中、淘汰が進むと予想されている。客の立場としては、航空会社や行き先のチョイスが少なくなるのは悲しい。競争が減るにつれ、激安だった航空券の時代も終わるかもしれない。

2 big news related to an Airline industry struck the media headlines in UK today.

First news is a good one: High Court blocks a planned 12-day strike (Dec 22 to Jan 2) by British Airways (BA) cabin crew, after ruling that the strike ballot was illegal, and saves more than a million people’s travel plans during this busy period. We are so pleased to hear this news, as we are planning to visit M’s family in Italy for Christmas with British Airlines.

Due to the harsh competition with no-frills airlines and foreign airlines from the countries with cheaper wages, BA suffers daily loss of £1.6 million and £3.7 billions pension fund deficit, and reported a record pre-tax loss of £292m during April to September, traditionally its most profitable trading period. Struggling BA have taken cost cutting measures such as 1700 job cuts (total of 4900 to 2010), a slash of the number of crews on board, and a two-year pay freeze for cabin crew. But Unite, the largest labor union in UK, is upset as these measures have been taken without a negotiation with them, and announced the strike on Dec 14, backed with 92% of ‘yes’ votes of the members in the ballot. If strike would have taken place, it would have cost BA £10 to £30 millions a day and would have affected the merger with Spanish Iberia Airlines in a bid to survive. BA took the issue to the High Court on Dec 15, to halt the strike as illegal, because the ballot included 1,000 workers who have been made redundant.

The strike was planned in the busiest period of the year, and it is reported that the decision of the strike grounded in internal politics – these made majority of the people angry and be the company’s side. And 12 days? No way!  BA cabin crews earn average of £29,900, twice as much as the wage of Virgin Atlantic’s £14,400 and 50% higher than easyJet’s average crew wage of £20,200, and it is the highest pay in UK – who would feel sorry for them with their ‘worsening’ condition in the recession?? I don’t think the quality of service by BA crews and workers are better than their rivals either. How do union members believe that their company can win the competition against the rivals with cheaper price and/or better service, without cutting cost?? As other failing former national flagship airlines such as Japan Airlines and Alitalia, BA workers seems to cling to the good old time treatment without existence of its rivals, and may believe that the government will help the airline in the worst case. But time has changed. I don’t think the government with mounting debt can get taxpayer’s support to help them, if BA is not capable of implementing the survival plan because of the union’s stubborn “old militant” tactics. Maybe the best option is to make BA fail and to restart from scratch.

The second is the bad news. The biggest Scottish airline Flyglobespan failed after its parent company collapsed yesterday and all flights were cancelled. About 4,500 passengers were stranded, mostly in Spain, Portugal, Cyprus and Egypt. It is expected tnearly 800 jobs would be lost and over 100,000 passengers will loose their reserved flights. I’d never heard or seen this Edinborough-based airline, until I heard this news today. Many new discount airlines were born in the years of good economy, but quite many of them are not doing well due to the economic decline, and probably some will disappear in the future – we customers will loose convenience and freedom of  choice in airlines and destination, and probably it will be the end of ultra-cheap flights as competition lessens.

Reblog this post [with Zemanta]