Tag Archives: Serpentine Gallery

Lido Café Bar @ Serpentine, Hyde Park

ハイドパークにあるLido Café Barは、サーペンタイン・レイクの南に面した、気持ちのいいカフェ&バー。以前は、ちょっと薄暗い感じだったけれど、2010年春に、Kensington Gardensケンジントン・ガーデンズ)やThe Regent’s Parkリージェンツ・パーク)、サウスバンク・センターのRiverside Terrace CaféRoyal Opera Houseロイヤル・オペラ・ハウス)のレストランを手がけるCompany of Cooksに経営が引き継がれてから、懐かしい感じのするレトロなインテリアの、明るいスペースに生まれ変わった。改装後は、タイムアウト誌の「London’s best park cafés」(2010年4月)や「London’s best cafés with fountains」(2010年7月)の一つにも選ばれている。

中にも席はあるけれど、天気のいい日は是非外で。ボート遊びをするカップルや家族連れ、池に投げ込まれたパンを取り合いするアヒルたちを眺めながらゆっくりしたい。また「Lido」(屋外水泳プールの意)という名にあるように、そばには屋外水泳場もあり、下着ではしゃいでいる若い女の子のグループや、ウェットスーツを着込んだ、年季の入った年配スイマーたちがガンガン泳いでいるのも見える。

朝8時からオープン、日の長い夏場は9時まで(閉店時間は季節によって違うので確認を)、朝食メニューからサンドイッチ、ピザ、サラダなどの軽食やケーキ類のほか、ハンバーガーやサーモンのフィレ、ステーキなどのちゃんとした食事もできる。今日、私たちは、レバノンの平たいパンをベースにした、トマト、モッツァレラチーズ、ルッコラのピザを注文。トマトソースやフレッシュなロケットとか、味は悪くないんだけれど、ピザ生地はやっぱり正統派イタリアンの方がいい。それにフレッシュなモッツァレラチーズではなく、細切れのプロセスチーズが使われていたのにも、ちょっとがっかり。でも、Riverside Terrace Caféと同じ、シンプルな白い防水紙に包まれたサンドイッチは見た目もフレッシュで美味しそう。チョイスを誤ったか。でも食後のバナナのスライスケーキはちょっと乾燥していたけれど、なかなか。コーヒーも美味しい。近くにある、サーペンタイン・ギャラリーダイアナ妃記念噴水(Diana, Princess of Wales Memorial Fountain)に来た折りに、ちょっと一休みするのにぴったりのカフェだ。

Lido Café Bar in Hyde Park is a pleasant café, facing on the south coast of the Serpentine lake. Refurbished and taken over early this year by Company of Cooks, which manages food&drink venues in the Kensington Gardens and the Regent’s Park as well as Southbank’s Riverside Terrace Café and Royal Opera House restaurant, Lido has been transformed to cheerful retro-chic space from previously gloomy and a bit depressing decor. Now Lido is chosen as one of the “London’s best park cafés (April 2010)” and “London’s best cafés with fountains (July 2010)” by the Time Out magazine.

There are indoor and outdoor seating areas, but you should sit at an outside table when it is a nice day. You can enjoy looking at couples and families enjoying the day on a boat, or ducks pecking and fighting for a piece of bread thrown in. As its name suggests, there is a ‘lido (open-air swimming pool)’ close by and you can see a group of young girls in underwear splashing in the water and experienced old swimmers in wet suits swimming back and forth.

This all-day café opens at 8 am, and until it closes at 9pm in summer time (closing times varies – see the website), offers from breakfast, lunch,  cakes and light meals such as sandwiches and pizzas to full meals like burgers, steak, and salmon fillet. Today we ordered a pizza with tomato and mozzarella cheese with rocket on Lebanese flat bread. The taste was not bad and tomato sauce and rocket were fine, but I prefer traditional Italian pizza dough. The use of shredded cheese instead of fresh mozzarella was another disappointment. Their sandwiches, wrapped with simple white water-proof paper, the same as in the Riverside Terrace Café, looked fresh and delicious – we might have made the wrong choice! However, a slice of banana cake for desert was a bit dry but nice, and the espresso was good. Lido is a perfect place for refreshment and a little rest when you come to next door “Diana, Princess of Wales Memorial Fountain” and nearby Serpentine Gallery.

swimming wet suit

Enhanced by Zemanta

Design Real @ Serpentine Gallery

Design Real(デザイン・リアル)」は、サーペンタイン・ギャラリー初のデザインをテーマにした展覧会。ドイツ人プロダクト・デザイナーKonstantin Grcicコンスタンチン・グルチッチ)に展覧会のオーガナイズを依頼、この10年間に大量生産された、日常生活の中で使用されている、「リアル」で実用性のある、優れたデザインの製品43点が集められた。家具や家庭用品から技術的製品・産業機器までを網羅した展示品43点のうち、深澤直人加湿器安積伸メガフォン京セラのナイフDaiwaのルアー、タタメット、ヤマハのEZ-TP、三宅一生のA-POCの7点が日本の製品だ。

これらのアイテムの配置・展示方法も、グルチッチが担当。デザイナーらしい、ユニークな展示も特徴だ。通常の展覧会と異なり、展示品には、椅子、ベッド、ほうき等のカテゴリー以外、商品名を含めていっさい説明はない。展示品について知りたければ、無料展示ガイド(下の写真の「Design Real」と書いてある紙の裏)の作品リストの他、ベンチ代わりとなる砂袋が円形に積まれたギャラリー中央の部屋に設置されたアマゾン・キンドル(電子ブックリーダー)から、展覧会専用のウェブサイトwww.design-real.comにアクセスすれば、詳細を知ることができる。

普段見過ごしがちな、日常生活の中のデザインを取り上げるというコンセプトは、アート専門のギャラリーとしては画期的なのだろうが、デザイン・ミュージアムあたりが企画しそうな展覧会で、デザイン界では目新しいものではない。また43点と言う展示品数も、見終わった後にこれだけ?という感が否めず、大規模デザイン・ショップの方がより充実してるんじゃないかと思う。色々な種類の製品を一個一個展示するより、一つのカテゴリーに絞って、例えば、世界から良いデザインの椅子を一堂に集める、という企画の方が面白いんじゃないだろうか。ちょっと批判的になってしまったが、展覧会のウェブサイトは、よくできていると思う。白と黒のシンプルなデザインもスタイリッシュだし、知りたい製品をクリックすると、製品説明、会社説明、デザイン、歴史等、情報が盛りだくさんで、ゆっくり時間をかけて見てみたくなるウェブサイトに仕上がっている。

Design Real is the Serpentine Gallery’s first exhibition dedicated to design. The gallery invited German product designer Konstantin Grcic to curate this exhibition of contemporary product design. The exhibition presents a total of 43 ‘real’ items produced in the last decade: a wide range of mass-produced products that have a practical function in everyday life, from furniture and household products to technical and industrial innovations.

Grcic was also in charge of the gallery space and his unique exhibition style is worth to mention. There is no information about the product whatsoever except its category, such as chair, broom, and bed, – no product name, no explanation, nothing. If you want to know more than that, a piece of free exhibition information (printed “Design Real” in the photo below) can give you very basic information such as product name, designer, manufacturer, or you can access its dedicated internet site www.design-real.com via Amazon Kindles, sitting on the sandbags piling up in circle in the dark room in the center of the gallery.

The concept of exhibition, to focus on the design of everyday life objects maybe groundbreaking for an art gallery, but it is common project that place like Design Museum would plan or have planned already, and nothing new to the design world. Though Serpentine is a small gallery but still only 43 items barely fill up the space and we were like “that’s it??” after we saw everything –a large design shop may do a better job than this exhibition. Maybe they should have focused on one category instead of presenting so many categories of products: for example, to show 43 well-designed chairs from all over the world would be more impressing. However, I have to admit that their website is well-done – black and white simple but sophisticated interface design, and its abundant information about the items, manufacturers, designs, histories are well worth to take time to explore.

Reblog this post [with Zemanta]

POP LIFE: Art in a Material World @ Tate Modern

POP LIFEPOP LIFE

10月1日より、テート・モダンの新しい展覧会「POP LIFE: Art in a Material World」が始まった。アンディ・ウォーホルは在りし日、「Good business is the best art.(よいビジネスは、最高のアート)」とのたまったが、「POP LIFE」は、1980年代から現在まで、商業とメディアを巻き込み、自身を「ブランド」として確立したアーティスト達に注目。ポップ・アーティスト元祖のウォーホルから始まり、キース・ヘリングジェフ・クーンズ等のアメリカ人アーティスト、ヤング・ブリティッシュ・アーティスト(YABs)の代表のダミアン・ハーストトレイシー・エミン、そして日本代表・村上隆と、マスコミ露出とセンセーショナルな作品で名を売ったアーティストたちの、カラフルで派手、良い意味でも悪い意味でも「POP(大衆的)」な作品が、一堂に展示されている。ブルック・シールズが10歳だった頃に撮影されたヌード写真が、当局によって「わいせつ物」として撤去されたとのエピソードや、一卵性双生児を自身の作品の前に2人揃って座らせるというダミアン・ハーストのアイデアも、ニュースになった。

露骨な性描写あり、動物のホルマリン漬けあり、馬の死体あり、巨乳のフィギュアヒロポン)あり、映画の中のナチスドイツ将校のポートレートありと、挑発的な作品のオンパレード。サーペンタイン・ギャラリーで行われた「ポパイシリーズ」の可愛いキャラクターものと打って変わった、クーンズの、自身と元妻&元ポルノ女優チッチョリーナの絡みの巨大な彫刻と写真で一部屋を埋め尽くした「アート」は、アートと呼べるのか?「ポップ」にリタッチされた以外は、ポルノ以外の何者にも見えない。マスコミお騒がせアーティスト、エミンの作品は、私生活暴露とアートの境界があやふやで、露出狂&悪趣味の代表格。村上の作品は、外国人の「奇妙な日本人」のステレオタイプを増幅するだけ。メイドカフェとか原宿のゴスロリ系の少年少女たちのおかげで、悲しいかな、イギリスでは日本と言えば「変な国」のイメージがかなり定着してるのだ。この展覧会では、ウォーホルの作品が、至極まっとうに見える。子供連れの方はご注意を!

と偉そうに言っている私も恥ずかしながら、アーティストの罠にはまり、密かに展覧会を楽しんだ、ゴシップや下世話なことが好きな大衆の一人なんである。

A new exhibition of Tate ModernPOP LIFE: Art in a Material World” started from today. Andy Warhol claimed “Good business is the best art.” – Tate Modern brings together artists from the 1980s onwards who have embraced commerce and the mass media to build their own ‘brands’. The exhibition includes; American pop artists Andy Warhol, Keith Haring, and Jeff Koons; YBAs (Young British Artists) Damien Hirst and Tracey Emin; and the Japanese king of pop Takashi Murakami and more – who have created sensational ‘arts’ and their own styles, have happily exposed themselves to media, and as a result, have sold their works for millions. Their artworks are colorful, loud, and ‘pop’ in good ways and bad ways. There were some episodes hit the news: a nude photograph of Brooke Shields when she was 10 years old was withdrawn after a warning from Scotland Yard that it could violate obscenity laws; and Damian Hirst was looking for identical twins to let them sit in front of his painting.

Bald sex scenes, a female figurine with big breasts,  a baby cow immersed in formaldehyde in a vitrine, dead horse, Nazi officers in movies – full of provocative works there. On contrary to his funny & cute “Popeye series” at Serpentine Gallery, Koons’ huge sculpture and photographs of himself having sex with his ex-wife and ex-porn star Cicciolina, filled in one entire exhibition room – are these ‘arts’? For me these are mere pornography other than the fact that they were retouched to look ‘kitsch’ to moderate its obscene nature.  Scandalous artist Emin’s works are exhibitionistic and vulgar. Murakami sadly reinforce the stereotypical image of eccentric Japan – unfortunately many British have a image of Japanese as ‘weirdos’, thank to Maid cafes and girls & boys in gothic lolita fashion in Harajuku, often seen in the British media. In “POP LIFE”,  Warhol’s works look the most decent among all others, after all. Be aware, if you have small children with you!

Sounds very critical, but I am one of the masses who like gossips and craps, and I fell the artists’ trap and quite enjoyed the exhibition, pretty embarrassed to say,…

POP LIFE

Reblog this post [with Zemanta]

Jeff Koons: Popeye Series @ Serpentine Gallery

Jeff Koons: Popeye SeriesJeff Koons monkeys

昨日に続いて、サーペンタイン・ギャラリーの展覧会について。キッチュで巨大なオブジェで知られるアメリカ人アーティスト、ジェフ・クーンズJeff Koons)の「Popeye Series」展が、7月2日から9月13日まで開催されている。ちなみにクーンズは、70〜80年代に一世を風靡した?ハンガリー人でイタリアに帰化したポルノ女優で現在は政治活動もするチチョリーナの元夫だそうだ。

クーンズが2002年に始めた「Popeye series」は、日常生活のオブジェや子供のおもちゃ、ポパイをはじめとするアメリカン・コミック等を組み合わせたシュールなアート作品を展示。私好みじゃないし、作品も意味不明だが、ビニール製のロブスターがゴミ箱と椅子の上で逆立ちしている作品「Acrobat」等は、かなり笑える。私のお気に入りは、写真中の空気を入れたビニール製のサル3匹と椅子を天井から吊るした作品。作品の意図が分からなくてもご安心を。本人は「there are no hidden meanings in my works(自分の作品に隠された意味はない)」と公言しており、「なにこれ?」って言う作品にもったいぶって意味付けをするアーティストが多い中、潔い姿勢だと感心する。

Today’s topic is about Serpentine Gallery again. From July 2 to September 13, The gallery hosts the exhibition ‘Popeye Series‘ by an American artist, Jeff Koons, known for his giant reproductions of banal objects. By the way, I didn’t know that Koons is an ex-husband of Cicciolina (Ilona Staller), a Hungarian-born naturalized-Italian porn star who was popular in 70-80s and turned to politics.

‘Popeye series’ started in 2002, presents Koon’s works incorporating with his ideas and motifs such as surreal combinations of everyday objects, cartoon imagery (like Popeye), art-historical references and children’s toys. The works are not my cup of tea and pretty meaningless, but some works, such as ‘Acrobat‘ with inflated lobster handstanding on a trash can and a chair, are pretty funny. My favorite work is the inflated vinyl monkeys and a chair hanging from the ceiling in a photo above. Don’t worry if you don’t understand what his works are. Koons stated “there are no hidden meanings in my works.” Don’t you think it is cool of him to say it, while many artists often boast the grand ‘meaning’ of their incomprehensible works?

Reblog this post [with Zemanta]

2009 Serpentine Gallery Pavillion by SANAA

SANAA Serpentine Pavillion 2009SANAA Serpentine Pavillion

2000年から始まったThe Serpentine Galleryの2009年夏季限定パビリオンが7月12日から始まった。モダンアート/現代美術の展示を行うハイドパークの小さな美術館、サーペンタイン・ギャラリーに隣接した場所に設置されたこのパビリオンは、毎年、ザハ・ハディッドダニエル・リベスキンド伊東豊雄オスカー・ニーマイヤーレム・コールハースフランク・ゲーリー等、世界に名だたる建築家にデザインを依頼。夏の間の3ヶ月のみ設置され、期間が過ぎると撤収されるという、何とももったいない企画だ。期間中、カフェを併設し公園やギャラリーを訪れる人々の憩いの場となる他、特別プログラムやトーク、BBC proms(毎夏開催されるクラシック音楽コンサートシリーズ)等の会場としても使われる。

今年は、日本のSANAA(建築家の妹島和世西沢立衛による建築ユニット)がデザインした。SANAAいわく、このパビリオンのコンセプトは「floating aluminium, drifting freely between the trees like smoke.(煙のように木々の間を自由に漂う、空に浮かぶアルミニウム)」。ピカピカした表面が鏡のように、下にいる人やオブジェクトを反射させる。上空から見ると公園内にある池に見えるが、地上からはパビリオンの全容がよく見えないので、インパクトが薄い。アルミニウムやプレキシグラス(アクリル樹脂)という人工素材が、緑多いハイドパークに溶け込んでいないかな、と思った。

The annual Serpentine Gallery pavilion opened on July 12 this year. The Serpentine Gallery is an small modern/contemporary art gallery in Hyde Park. Since 2000 each summer, the gallery has commissioned a temporary pavilion on its lawn by world leading architects including Zaha Hadid, Daniel Libeskind, Toyo Ito, Oscar Niemeyer, Rem Koolhaas, and Frank Gehry. The pavilion stays on 3 months in the summer – what a waste of talent! During the period, the pavilion hosts a special programme of film screenings, talks, the BBC proms and café.

Japanese architect unit SANAA (Kazuyo Sejima+Ryue Nishizawa) designed this year’s pavilion. The concept of design is “floating aluminium, drifting freely between the trees like smoke”. Shiny surface reflects people or objects underneath. It looks a water pond from above, but I couldn’t see a concept and whole view on the ground, unless you fly. Also the materials like aluminium and Plexiglas don’t really fit in with the green Hyde park.

Reblog this post [with Zemanta]