Tag Archives: simple

Van Doesburg and the International Avant-Garde @ Tate Modern

テート・モダンの「Van Doesburg and the International Avant-Garde」は、ヨーロッパにおけるアバンギャルドの重要人物であるオランダ人アーティスト、テオ・ファン・ドースブルフをテーマとした、イギリス初の大規模な展覧会。デ・ステイルの発起人でもあるファン・ドースブルフは、アート、デザイン、著作活動、詩、建築等多方面で活躍した。アーティスト、建築家、デザイナーたちが参加したこのアート・ムーブメントは、第一次大戦後のヨーロッパに、精神的ハーモニーと秩序を打ち立てると言う新しいユートピア的な理想を追求、垂直と水平という厳密な幾何学をベースにしたインターナショナル・スタイルを押し進めた。この展覧会は、ファン・ドースブルフのオランダ新造形主義の推進者的役割、彼のダダイスト的パーソナリティ、バウハウスへの影響、国際構成主義とのつながり、そして「コンクリート・アート」グループの創設にスポットを当てている。ジャン・アルプコンスタンティン・ブランクーシモホリ=ナジ・ラースローピエト・モンドリアンフランシス・ピカビアヘリット・リートフェルトクルト・シュヴィッタースゾフィー・トイバー等の350点以上の作品の他、ファン・ドースブルフの、ストラスブールにあるCafé Aubetteの絵画とデザイン、家具、タイポグラフィー、雑誌、ステンドグラス、映画、音楽、彫刻等を展示している。

ドースブルフのアート自体は、少し暗い感じで線も弱く、特段印象に残っていないのだが、計11室に渡る、デ・ステイルに影響を受けた、偉大なアーティストたちの多彩な作品群には圧倒される。当時のライフスタイルと考え方にに大きな影響を与えたアートムーブメントに連なる、シンプルだけれどカラフルで、インパクトのある作品たちは、80年以上近くも前のものと思えないほどモダンで、古さを感じない。第一次世界大戦と第二次世界大戦の合間という激動の時代の最中にあって、新たな理想を打ち立てたアーティストやデザイナー、建築家たちの強いエネルギーと情熱が、今でも強く感じられる。ファン・ドースブルフは、モンドリアンをはじめとする仲間と比べて、アーティストとしてはさほど高い評価を受けていないけれど、リーダーシップを発揮し、彼の理想をヨーロッパ中に広め、ムーブメントの成功につなげたことが、彼の偉大な功績だと言えるだろう。

Van Doesburg and the International Avant-Garde” at Tate Modern is the first major UK exhibition, devoted to the Dutch artist Theo van Doesburg, pivotal figure of the European avant-garde. Van Doesburg, who practiced in art, design and writing, poetry and architecture, founded the movement and magazine De Stijl. This artistic movement of painters, architects and designers sought to build a new utopian ideal of spiritual harmony and order in the aftermath of World War I, advocating an international style of art and design, based on a strict geometry of horizontals and verticals. This exhibition explores van Doesburg’s role as promoter of Dutch Neoplasticism, his Dada personality, his efforts to influence the Bauhaus, his links with international Constructivists, and his creation of the group Art Concret. Including over 350 works by key artists as Jean Arp, Constantin Brancusi, László Moholy-Nagy, Piet Mondrian, Francis Picabia, Gerrit Rietveld, Kurt Schwitters and Sophie Taeuber, the exhibition features van Doesburg’s Counter-Composition paintings and designs for the Café Aubette in Stasbourg, as well as furniture, typography, magazines, stained glass, film, music, sculpture etc.

Van Doesburg’s works are kind of gloomy and weak, and I was not so impressed. But the exhibition includes a variety of works by great artists and designers who were influenced by the movement, is quite spectacular. Simple, colorful, and powerful works are still modern and strong, after more than 80 years – I can still feel the energy, and passion of the artists and designers of the art movement that affected the lifestyle and values during the period in turmoil between WWI and WWII. Although van Doesburg had never gained high recognition as an artist in compare to his fellowmen such as Mondrian, but his leadership and efforts to spread his ideal to whole Europe, which led the movement to great success, are the significant achievement that deserves great recognition.

*今日は、カメラのレンズが汚れていて、綺麗な写真が撮れませんでした。すみません!

*I didn’t notice that the lens of my camera was dirty, and I couldn’t take a good picture today…sorry!

Reblog this post [with Zemanta]

Canteen British Restaurant @ Royal Festival Hall, Southbank Centre

日本に帰ると、「イギリス料理は不味いの?」と聞かれることが非常に多いのだけれど、ガストロパブ(おいしい食事を提供するパブ)やセレブ・シェフの流行もあって、材料にこだわった、美味しくて洒落たブリティッシュ・レストランが増えている。Canteen(カンティーン)は、私たちが好きなブリティッシュ・レストランの一つ。「Canteen」は、学校やオフィス、軍の基地等にあるカフェテリア/レストランを意味するイギリス英語で、学食や社食を指す。ロンドンに現在4軒あるけれど、私たちがよく行くのは最寄りのSpitalfields店と、BFIでの映画やコンサートの際に立ち寄る、サウスバンクのRoyal Festival Hall店。

メニューは伝統的イギリス料理のパイやロースト料理、シチューやオーブン料理、魚料理、ソーセージ&マッシュ等。フェアリー・ケーキ(カップケーキ)やヴィクトリア・スポンジ(スポンジ・ケーキ)等、デザートもイギリス風。Free Range(放し飼い)で育てられた添加物不使用の肉類や、南海岸から直送された魚等、新鮮で厳選した主に国産の旬の食材を使った気取らないイギリス料理と、リーズナブルな値段で人気、その味はメディアや批評家からも高い評価を得ている。ちなみに昨日見た、豚の飼育や虐待に関するドキュメンタリー「True Stories: Pig Business」によると、イギリスのAnimal Welfare(動物福祉)に関する規制はヨーロッパでいちばん厳しいそう。動物愛護に熱心なイギリスでは、そうした家畜の福祉に配慮したレストラン(特にブリティッシュ)をよく見かける。Canteenもその一つで、家畜を人道的に扱う農場から肉類を購入しているという。

また、Very Good and ProperWindmill Furniture等ブリティッシュ・デザインの家具を使った、シンプルかつモダンで暖かみのあるインテリアは、WallpaperTime Out誌の2006年ベスト・レストラン・デザイン賞候補になった。また、24ページの店紹介の冊子(写真下)もスタイリッシュにデザインされていて、もらう価値あり。

Incredibly, so many people from abroad believe that British food is bad. Due to the popularity of gastropubs and celebrity chefs, there are a wave of cool and delicious British restaurants using good quality ingredients in UK recent years. Canteen (“a cafeteria/restaurant at school, office or military base,” in British English) is one of our favorite British restaurants. Canteen has four branches in London, and we sometimes go to the nearest Spitalfields restaurant and the Royal Festival Hall branch in Southbank Centre when we go to a concert or a movie at BFI.

The food at Canteen is traditional British; pies, roast, stew, bakes, fish, and sausage & mash etc. The desert is also good old British treats, such as fairy cakes (cupcake) and Victoria sponge (sponge cake). All their meat is free range and additive free, and their fish is delivered directly from south coast of England. With their unpretentious food using fresh and mainly domestic ingredients from selected sources, and with its reasonable price, Canteen is very popular among Londoners and is also highly regarded by media and food critiques. I saw yesterday a documentary “True Stories: Pig Business” about pig welfare in some farms abroad (USA and Poland), and I got to know that the British regulation on animal welfare is the strictest in Europe. In general, British are passionate about animal right and welfare, and I’ve seen many restaurants, including Canteen, expressing their values in better life for farm animals and using free range and/or organic meats.

Canteen’s simple and modern but also warm interior, using British design furniture from Very Good and Proper and Windmill Furniture, is also highly recognized, and Canteen was nominated for “Best Restaurant Design 2006” by Wallpaper and Time Out. Their 24-page information booklet (photo below) also stylishly designed, and worth to get a copy.

Reblog this post [with Zemanta]

Wagamama @ N1 Islington, Angel

今日はエンジェルで用事があったので、N1ショッピングセンターにあるWagamamaでランチをした。Wagamamaは、中華の有名店・Hakkasan(ハッカサン)やYauatcha(ユアッチャ)、そしてブログでも書いたPrinciCha Cha Moonを手がけたカリスマレストラン仕掛人・Alan Yau(アラン・ヤウ)氏が1992年に創業した、「なんちゃって」ジャパニーズ・チェーン(Wagamamaのホームページでは、「pan-Asian(アジア料理)」とあるけれど)。味は今イチなんだけれども、学食のように長いテーブルが並ぶシンプルでモダンなインテリアにスタイリッシュなグラフィック、そして「ヘルシー」な「日本食」(イギリスでは、日本食=健康的と思われている)が気軽に食べられるというので人気に火がつき、今ではイギリスのみならず、ヨーロッパやアメリカ、中東にも進出している。

店の名前は日本語で、メニューにはラーメンやうどん、そば、やきそば、カレーライス、餃子等が並んでいるけれども、日本食もどきで似非日本食。いわゆる「日本の味」を期待してはいけない。香港系中国人経営だけあって、中華料理の影響が味付けや材料等に垣間見える。例えば今日Mが注文したWagamamaラーメン(下の写真、£7.95)。汁はラーメンとうどんつゆを混ぜたような不思議な味で、麺はふにゃふにゃ。その上にグリルチキン、マトウダイ、エビ、かまぼこ、厚揚げ、マッシュルーム、わかめ、青菜、メンマなどが何でもあり状態でのっている。Mはまあまあいけるよ、とか言っていたけれど、私的には自分で作ったインスタントラーメンの方がよっぽど美味しいと思う。私の野菜カツカレー(£7.65)は、Sweet Potato(日本のサツマイモと似ているが、もう少しべちゃっとしている)、なす、バターナット・スクァッシュ(カボチャの一種)をカラッと揚げたカツとサラダはなかなか美味しいけれど、肝心のカレーはご飯の量に比べて少なく、味も薄くて、コクもうまみもない。かろうじてカレーと呼べる代物だ。また日本ではB級グルメのこれらのメニューも、Wagamamaでは日本円で1000円を優に超える。この味にこの値段?!と思ってしまうので滅多に来ないのだが、近くにこれと言ったレストランやカフェがない時に、たまに魔が差して行ってしまうのだ。

We had lunch at Wagamama in N1 Shopping Centre, as we were around Angel station . Wagamama is a “pan-Asian” restaurant chain (according to its website), founded in 1992 by charismatic Hong Kong-born restauranteur Alan Yau, who also created the prestigious Chinese restaurants Hakkasan and Yauatcha, as well as more casual Princi and Cha Cha Moon I wrote in this blog before. Their food, for my eyes, is below average, but with their concept to offer “healthy” “Japanese” food with affordable price, as well as its simple and modern interir with long tables and cool graphics, Wagamama has gained popularity across UK and now expands the chain to Europe, USA, and middle eastern countries.

The name is in Japanese (means “selfish”), and Japanese fast foods and noodles such as ramen, udon, yakisoba (fried noodle), Japanese curry, and gyoza dumplings are on their menu, but Wagamama is not really a “Japanese” restaurant or quite far from it – so please don’t believe what you eat there is what you eat in Japan. I can see some Chinese influence on their ingredients and cooking. Wagamama ramen M ordered (in the photo below £7.95), with mishmash, like grilled chicken, smooth dory, prawn, kamaboko, fried tofu, mushrooms, wakame and seasonal greens, menma and spring onions, on the top of mushy noodles and bland and flavorless broth. It didn’t seem to bother M, but I prefer to buy an instant noodle from Japanese grocery store for less than £1 and cook it myself. Deep fried Vegetable (sweet potato, aubergine and butternut squash) and side salad on my yasai (vegetable) katsu curry is fine, but curry doesn’t have much taste and too little for the amount of rice – I tasted mainly rice but not curry much. Their food is Japanese fast food and equivalent to a hamburger or fish & chips and quite reasonable, but in somehow, Wagamama manages to make the dish a bit more posh. I rarely go to Wagamama because for me the price doesn’t match to the taste. However, if there is nothing decent nearby, and I craze for something Japanese-ish, I just give myself in to Wagamama…

Reblog this post [with Zemanta]

Handel’s Messiah @ English National Opera

English National Opera(イングリッシュ・ナショナル・オペラ/ENO)で、ヘンデルメサイアMessiah)を観た。イエス・キリストの生涯を描いたオラトリオの名作・メサイアは、もともとオペラの楽曲ではないのだが、気鋭の演出家・Deborah Warner(デボラ・ワーナー)によって、現代社会を舞台に、ダンスを取り入れたユニークなオペラ作品に仕上がった。衣装も小物も現代風、時折舞台後方のスクリーンに宗教画が映されたり、キリスト教の儀式に使われる小道具が劇中に出てくる程度で、キリストの物語にも関わらず宗教色は強くない。ティーンエイジャーの妊娠はマリアの処女懐胎、天使が羊飼いにキリスト降誕を告げる場面は、お遊戯会で子供たちがその場面を演じる形に、キリストの刑シーンは、若者の喧嘩に変えるなど、原作と繋がりを持たせようとしているが、ちょっと無理があるかも。キリスト教の学校に行っていたので、ある程度の知識はあるのだが、舞台上で起こってることと音楽とどう繋がりがあるのか分からず、後でタイムズ紙のレビューを読んで、ああそういうことだったのかと得心した。

問題は、子役たち。6歳の男の子が常に舞台に出て来て歩き回ったり、握手して回ったりと、彼のせいではないのだが、ちょろちょろされると気が散る。また、学芸会のシーンでは、ウィーン少年合唱団の少年のように澄んだ歌声のソロはとても良かったけれど、それ以外はガキどもが飛んだり跳ねたりしていたり、その姿を親がカメラやビデオカメラを手に撮影しまくったりと、かなり目障りだった。メサイアでは、オペラ歌手以外に、ダンサーを含む44人ものエキストラが使われていたという。セットを出し入れしたり、ただ単に立っていたり寝転がってるだけの人もいて、山も枯れ木のにぎわいじゃないけれど、たくさん人を配置すればいいってものでもないような気がするのだが。

でも、ヘンデルやバロック音楽が好きなので、音楽は楽しめた。ヘンデルを得意とする指揮者のLaurence Cummings(ローレンス・カミングス)率いるオーケストラの演奏はそつがなかったし、ソプラノ、アルトの女性歌手たちの声も素晴らしかった。また、スクリーンに投影された現代社会を表わすビデオ映像(人々がエレベーターを行ったり来たりする場面や工事用クレーンのシルエットなど)や、最終パートで舞台一面に並べられた透明な棺桶など、Tom Pye(トム・パイ)が担当したシンプルでモダンな舞台デザインも、なかなか上出来。今回、イブニング・スタンダード紙割引で、何と£71の席が£10になったので、充分観に行った価値はあった。でもこれが定価だったら、ちょっともったいないと思うかも。

We saw Handel‘s Messiah at the English National Opera (ENO). Messiah was not written for opera, but the director Deborah Warner transforms this oratorio masterpiece into an unique opera work, setting in modern urban life and taking in dance elements. The opera seems to reduce religion to a minimum – costumes and stage sets are modern, except the religious arts occasionally projected on screens and some ceremonial objects used in some scenes. The director tries to make a connection between the original story and this opera, but the attempt unfortunately doesn’t not really work well and quite cheesy: the Virgin Birth becomes teenage pregnancy, the meeting of shepherds and angels is turned into a school nativity play, and Christ’s scourging and Crucifixion translate into a fight among youths. I went to a Protestant school and know a bit about the life of Jesus Christ, but I barely understood the relationship between the music and what was going on on the stage. I figured out the meaning of some scenes after I came back home and read the review by the Times.

The biggest problem for me was the kids in the opera – I know it is not their fault but it was just annoying. A 6 year-old boy was almost always on the stage, walking around, running or sitting down, and it was very distracting. The scene of school play was really irritating as well, except a song by a boy with beautiful clear voice: the kids jumped up and down and the parents took a pictures or filmed with camcorders. It is reported that the opera uses 44 extras other than singers, including dancers. Some people just stand up or lie down – is it really necessary to put useless people on the stage??

However I I like Handel and Baroque music and enjoyed the music a lot: the Handel specialist conductor Laurence Cummings led the orchestra beautifully and voices of the two female soprano and alto singers were truly graceful. The modern and simple stage sets designed by Tom Pye were interesting, such as video footage of modern society (people going up and down on an elevator, or silhouettes of moving cranes) and transparent coffins placed all over the stage at the final part. We got a ticket, original price of £71 for only £10 with Evening Standard promotion – so it was really worth going. But I  would be upset if I paid £71 for the opera…

Reblog this post [with Zemanta]