Tag Archives: South East England

St. Pancras International Railway Station & Southeastern HS1 Train Service

30年来という寒い冬がようやく終わりを告げ、春らしい気候になってきたので、イングランド南東部ケント州にある、英国国教会の総本山・カンタベリーに日帰りで行ってきた。カンタベリーへは、2009年12月に、セント・パンクラス駅St. Pancras International)とケント州を結ぶ、サウスイースタン鉄道の高速列車・Javelin Trainの完全運行が始まった(記事参照)ので、ロンドンから直行で57分で行けるようになった。以前のガイドブックによると、ビクトリア駅から1時間半かかっていたそうなので、かなりの時間の短縮になる。

1868年にオープンしたセント・パンクラス駅は、セントパンクラス・チャンバーズと呼ばれる、お城か宮殿を思わせる威風堂々としたヴィクトリア朝ネオ・ゴシック建築が特徴。2000年代に大がかりな拡張・改修工事が行われ、2007年11月にイギリスの高速新線HS1 (CTRL) の開業にともない、ユーロスターの発着駅がウォータールー駅からセント・パンクラス駅に移管、2007年11月14日に、エリザベス女王を迎えて記念式典が行われた。ユーロスター以外にも、イングランド中東部へ向かうイースト・ミッドランズ・トレインズ(East Midlands Trains)、ロンドンを南北に貫通して南部のブライトンと北はベッドフォードを結ぶファースト・キャピタル・コネクトFirst Capital Connect)のテムズリンク系統、そしてサウスイースタンSoutheastern)と、3つのナショナル・レール網の列車が発着する。私の家からは、セント・パンクラス駅が最寄りのロンドンの主要駅の1つなので、旅行時のアクセスもずいぶん便利になった。ちなみに、サウスイースタンのプラットホームは、ビクトリア朝の建物の後ろに新築されたガラス張りの建物内にある(写真2枚目)。

クラス395電車(British Rail Class 395)と呼ばれるJavelin Trainは、日本の車両メーカー(日立製作所)が初めて製作したヨーロッパの高速鉄道車両で、最高時速140マイル(225km)と、イギリスで最速。2012年に開催予定のロンドン・オリンピックに向けて運行される、オリンピックジャベリン(Olympic Javelin)にも使用される予定だ。この高速電車の開通で、ケント州からロンドンへの通勤時間が大幅に短縮されるので、住宅価格が安くて自然も多く、フランスへのアクセスも容易な、ケント州へ移り住む人が増えると予想されている。ただ問題は、ヨーッロッパ諸国より平均50%も割高と言われる、ヨーロッパ一高いとされる列車料金(BBC記事参照)。カンタベリーへは、オフピーク料金日帰り往復+高速新線HS1利用料(Off-Peak Day Return)で£27.90、通常日帰り料金で£31.50。イギリスの列車運賃は、オフピーク料金、日帰りまたは1ヶ月有効かなどで値段が変わり、混雑時間外で利用可能のオフピーク料金も、いつがオフピークになるかはその路線によって違うなど、ややこしいことこの上ない。片道料金はかなり割高になる(カンタベリー行き片道料金で£27.80、往復料金とたった10ペンスの違い)ので、旅行の際は往復切符を買った方が断然お得。列車の時刻や料金はナショナル・レールのウェブサイトで検索できる。

After the coldest winter in 30 years and finally the spring seems to have come to London – so I made a day-trip to Canterbury in Kent in South East England the other day. High-speed rail service HS1 (High Speed 1) by Southeastern, connecting London and Kent, opened for business in December 2009 (see more in Mailonline article). It used to take about an hour and half from Victoria station to Canterbury by train, according to the old guidebook, but now it takes only 57 minutes with a direct service – a big slash of the journey time.

Opened in 1868, St Pancras railway station, also known as St Pancras International, looks like a grand palace or castle with its impressive Victorian gothic architecture called St.Pancras chambers. The complex was renovated and expanded during the 2000s and reopened on November 14, 2007, with a ceremony attended by the Queen. Eurostar services was transferred from Waterloo on the same day, with a completion of Channel Tunnel Rail Link (CTRL). Other than Eurostar service, there are also four National Rail network services from St Pancras station; East Midlands Trains that ran services to the North of England, First Capital Connect that provides train services from Bedford and Luton through London and down to Brighton, and Southeastern high speed train service. St.Pancras is one of the most convenient railway station from us and travel to outside London is much easier now. Southeastern trains leave from the platforms in the new glass building behind the historic structure (see in the second photo).

Javelin or British Rail Class 395 trains is the Britain’s first 140mph (225km/h maximum speed) train, built in Japan. Class 395 trains will be used to provide the Javelin shuttle service for visitors to the Olympic Games’ main venue in Stratford during the 2012 Summer Olympics as well. It’s now far quicker to travel into central London from Kent with HS1 train service, and many Londoners are keen to make the move to Kent, where is lot greener, has easy access to France with Eurostar, and most of all, the house prices are much cheaper. The only setback could be the costly train fares to London – ticket prices went up by around 20% with HS1. For example, Off-Peak Day Return to Canterbury costs £27.90, and Anytime Day Return is £31.50.

On average, UK train fares are 50% higher than other European countries (see details in BBC article). It is also quite complicated to figure out a ticket pric,e as there are so many different prices; off-peak single/return (off-peak time varies depending on a route), Anytime single/return, including/excluding HS1 service, First class/standard, same day travel or return within 1 month, etc, etc. One way ticket is usually much more expensive than a return ticket – for example, Cheapest Standard Single to Canterbury is £27.80, on the other hand, Off-Peak Day Return is £27.90 – just 10p more than one way ticket. You can search train time and fares on the National Rail Website.

Reblog this post [with Zemanta]
Advertisements

Trip to South East Coast of Englnad

Seven SistersWooden Net Shops @ HastingsDover Castle

大雨と言われていた予報に反し、イギリスでは珍しく青空の広がる快晴となった先日、イングランドの南東海岸を小旅行した。

セブン・シスターズは、イーストボーン(Eastbourne)とシーフォード(Seaford)の間に広がる、白亜(Chalk/チョーク)の断崖。お昼頃に着いて海岸線を散歩していたら、急に満潮になってどんどん水位が上がってきたので慌てて駐車場へ繋がる階段へと戻った。バーリング・ギャップ(Birling Gap)という岬の丘の上で、ピクニック。海岸線から陸側にある羊牧場まで360度見渡せる最高の眺めだ。

セブン・シスターズから約40km東にある・ヘイスティングスは、海辺のリゾートタウン。1066年にフランスのノルマンディー公(ウイリアム)がイギリス王ハロルド2世の軍を打ち破って、グレート・ブリテン島を支配することになった、「ヘイスティングスの戦い」の舞台となった。戦いの後、ウィリアム1世が建設したとされるヘイスティングス城が、西側の丘の上に残るが、崖崩れのためほとんど原形をとどめていない。また、海辺近くには、背が高く黒く塗られた木の漁師の綱小屋が50以上も並んでいる。

さらに東に20km行くと、「南東イングランドで最も美しい場所」と言われる、中世の町並みの残るライ(Rye)に辿り着く。14世紀から栄えた港町・ライの旧市街には、丸い石が敷き詰められた石畳の路地が広がり、その両脇には中世から残るチューダー様式の建物が並んでいる。セント・メアリー教会や博物館となっている要塞イプラ・タワー(Ypres Tower)のある、街の高台からの景色がとてもいい。またアンティークの町としても有名。水曜日の午前中に開かれるファーマーズマーケットで、ピクニック用のランチを買った。

最終目的地は、イギリスで最もヨーロッパ大陸と近く、昔から大陸と結ぶ街として栄えてきたドーバー。イギリス防御の最前線で「イギリスの鍵」と呼ばれ、第二次世界大戦でも使用された軍事要塞・ドーバー城からは、港やドーバーの町が一望できる。広々とした敷地内には、ローマ帝国時代の灯台や隣接するサクソン教会、第2次世界大戦中に作られ使用された三層のトンネルもある。お城は現在改修工事中で、中を見られなかったのが残念。

Seven Sisters is are a series of chalk cliffs located between the towns of Seaford and Eastbourne.We arrived there around noon and took a walk, but the sea level was going up suddenly and we had to run back to the stairs to go back up. We had a picnic lunch on the top of the hill of Birling Gap, where we could have a excellent 360º view of the cliffs and the sheep farms inland.

Around 40km east of Birling Gap is the seaside resort of Hastings. Here there was the Battle of Hastings in 1066 — the Norman army of William the Conqueror conquered the English army led by Harold Godwinson. The Hasting castle, which was build by William, remains on the west hill, but it was destroyed by the collapse of the cliffs. On the coast of Hastings, there are over 50 impressive black wooden ‘net shops’ used by fishermen .

A medieval port town of Rye, 50km east of Hastings,was flourished in 14 centuries and is said to be ‘the most beautiful place in south-east England’. Mermaid Street shows steep slope and cobbled surface with Tudor style houses on the sides. There is a nice view from Church of St. Mary and the Ypres Tower on the highest point of the town. Rye is also known as an antique town, and there is a farmer’s market on every Wednesday morning.

Last stop was Dover, the closest point to the European continent and has always been a gateway to Europe. Dover Castle has been described as the “Key to England” due to its defensive significance throughout history until the World War II. The site also contains Roman lighthouses, the Saxon church of St Mary de Castro, and the secret WWII tunnels. It was a shame that we couldn’t see the inside of the castle due to its repair work.

Reblog this post [with Zemanta]