Tag Archives: Southbank Centre

Wahaca Southbank Experiment @ Southbank

ロンドンで人気のメキシカン・ストリート・フードのチェーン、Wahaca(ワハカ)が、18ヶ月の期間限定でサウスバンクセンターに今年7月にオープンさせたのが、このWahaca Southbank Experiment

外壁には、SanerとRemedの二人のアーティストが描いた、カラフルなメキシカン・テイストのグラフィティ。古い貨物用コンテナー8つを連結した2フロアのファンキーなオープンスペースが、テムズ川の眺めが楽しめるレストランとテキーラバーになっている。ここでは毎月、特別メニューが考案され、人気の高いものが、Wahaca全店のレギュラーメニューに加えられるそうだ。

私たちは、7月末の天気が良くて暑い日に行った。こんな日は、開け放たれた窓の横や外の席に座るのが気持ちがいいけれど、大分寒くなった今、窓は開けられないだろうし、寒さをものともしない喫煙者以外は眺めのいい外の席に座るのは辛い。この日は天気が良かった事もありレストランは混んでいて、スタッフはてんてこ舞いの様子。でも、スローなサービスで悪くなった私たちの機嫌が少し改善するほど、料理はフレッシュで美味しかったので良しとしよう。

Popular Mexican street food restaurant Wahaca opened a funky temporary venue Wahaca Southbank Experiment, running at Southbank Centre for 18 months from July 2012.

It’s built from 8 recycled shipping containers arranged to create an interlinked open space on 2 levels which house a restaurant as well as a tequila bar with panoramic river views. The walls were decorated with colourful ‘Mexicana’ graffiti by two graffiti artists, Saner and Remed. Every month new special menus are introduced and the most popular of which makes it onto the regular menu in all Wahaca restaurants.

We went there on hot & sunny day at the end of July, and it was quite nice sitting next to the opened windows, though I am afraid it is too cold now to open the windows or to sit outside except hard-core smokers. On the day, the restaurant was busy and staffs were overwhelmed, therefore service was very slow, but their food was fresh and yummy enough to improve our mood.

熱々のタコスとブリート / Tacos & Burrito

Advertisements

Festival of the World @ Southbank Centre

今年の夏のロンドンオリンピック・パラリンピックにあわせ、サウスバンク・センターでは、Festival of the World(6月1日〜9月9日)が開催されている。スポーツや芸術が若者の夢や向上心を刺激すると考えた、近代オリンピックの創立者であるピエール・ド・クーベルタン男爵にインスピレーションを得たというこのフェスティバル、芸術は人々の人生を変えられることを証明するのを目的に、アート、音楽、ダンス、詩、文学、コメディなど世界の文化イベントの他、マーケットや「urban beach(人工ビーチ)」など、様々な催しが行われている。明日29日から始まるパラリンピックと同時に、障碍を持つアーティストたちの作品を紹介するイベント「Unlimited(8月30日〜9月9日)」もスタートする予定。

Southbank Centre has been hosting Festival of the World this summer from June 1 to September 9, coinciding with the London 2012 Olympics/Paralympics. The festival is inspired by the founder of the Olympic movement, Baron Pierre de Coubertin who believed that the arts and sport could raise the aspirations of young people. During the period, Southbank offers a variety of international cultural events such as art, music, dance, poetry, literature, and comedy, as well as markets, urban beach and more to demonstrate how art can transform lives. Corresponding with the start of Paralympic Games tomorrow on August 29, ‘Unlimited‘ (Aug 30–Sep 9) will showcase art and culture commissions by disabled and deaf artists.

中でリラックスしたり遊んだりできる、かまくら型のユニークな「London Earth Creature」は、エコ建築のスペシャリスト・Small Earthの作品。

London Earth Creature” is the unique playscape for play & relax, designed and built by eco-build specialists Small Earth.

廃材を使用して大規模作品を創っているロンドンベースのアート集団・Robots>>>>の「Everything Is Beautiful When You Don’t Look Down(下を見なければ全てが美しく見える)」。2011年のFestival of Britainで使用した木材や鉄を再利用している。

“Everything Is Beautiful When You Don’t Look Down” by the London-based arts collective Robots>>>>, who build large sculptures from recycled and reclaimed materials, have made these figures predominantly from wood and steel used at Southbank Centre’s 2011 Festival of Britain.

世界から集められた布地で作られた、15mの高さの「Under the Baobab(バオバブの木の下で) 」は、Pirate Technicsが制作。

15 metres tall “Under the Baobab” is made from stacks of fabric rings using material from around the globe, created by Pirate Technics.

Trey WatkinsとCameron Brownの二人のアーティストの作品「Perspectives(視点)」。一見、無造作に置かれたアルファベットだけれど、一定のアングルから見るとメッセージが浮かび上がる。

Perspectives‘ designed by artists Trey Watkins and Cameron Brown. At first they appear to be random letters, but when you see them from certain vantage points they line up to reveal hidden messages.

たくさんの緑色のバスケットを使った、韓国人アーティスト&デザイナー・Choi Jeong Hwaチェ・ジョン・ファ)の「Time after Time(何度も何度も)」。

Korean artist and designer Choi Jeong Hwa‘s “Time after Time“, using thousands of green carrying baskets.

London’s One Room Hotel: “A Room for London” Art Project @ Southbank Centre

Vodpod videos no longer available.

Southbank Centre(サウスバンク・センター)の上に乗っかった船。これは、London 2012 Festivalの一環のアートプロジェクト「A Room for London」、テムズ川を見下ろす一部屋だけのホテル。London 2012 Festivalは、北京オリンピック終了後の2008年9月より4年間に渡って行われている文化芸術プログラムCultural Olympiad(カルチュラル・オリンピアード)のハイライトとして、6月21日から9月9日まで、ロンドン・オリンピックの開催中、無料コンサートやアート展など、約1000ものパフォーマンスやイベントが催される他、フェスティバル前にも様々なカウントダウンイベントが行われる予定。

この「A Room for London」は、ジョゼフ・コンラッドの1899年出版の小説「Heart of Darkness(闇の奥)」に出てくる、テムズ川を出発しアフリカのコンゴに至る旅に使われたriverboat(川船)にインスピレーションを得て、David Kohn ArchitectsとアーティストのFiona Bannerが制作した。一晩限り、二人まで宿泊可能で宿泊料は£120〜、公的プロジェクトだからか、メディアも注目する期間限定の特別ホテルなのに、値段はかなり控えめ。あいにく昨年9月9日に始まった1〜6月の予約は開始12分で満室になったけれど、7〜12月の予約は来週19日正午に始まる。メディアでも取り上げられているので応募多数と予測されるけれど、想い出作りに、運試しに申し込んでみるのもいいかも。

予約詳細はこちら

A classic boat appeared on the top of Southbank Centre, overlooking the river Thames – this is an arts project “A Room for London” and it is a part of the London 2012 Festival. The London 2012 Festival is a huge cultural celebration, coinciding with the Olympic and Paralympic Games in London, and a culmination of the a four-year programme of cultural events “Cultural Olympiad“, started in 2008 just after Beijing Olympic. From June 21 to September 9, 2012, there will be 1,000 performances and events such as free concerts and art exhibitions, as well as countdown events before the Festival opens.

Inspired by the riverboat captained by Joseph Conrad while in the Congo in 1890, later recreated in his novel Heart of DarknessDavid Kohn Architects and artist Fiona Banner created this unique art project. General public can rent out this space for £120〜 for up to two people for one night only. The price is quite reasonable with the premium to stay at the special art project with  limited period and public attention – probably because it is a public event for everybody. Unfortunately the riverboat is sold out during January–June, just 12 minutes after going live on September 8th last year, but bookings for the period of July to December will go on sale online at 12pm on January 19 next week. The competition is expected to be high, but you can try your luck!

booking details are here

Festival of Britain @ Southbank

ロンドンはこのところ晴れ続き、最高気温26度と、ロンドンとしては真夏並みの毎日。明日からのイースターホリデーもお天気だそうで、サウスバンクで明日から始まるFestival of Britainにはもってこいの良い陽気になりそう。

イギリスの文化と創造力を祝うFestival of Britainは、今年で60周年を迎える。フェスティバルが始まった1951年のロンドンは、第二次世界大戦の傷跡もまだ生々しく、再開発が必要だった。そんな中、フェスティバルはイギリス人に戦争からの復興と、破壊された都市の再構築における、より品質の高いデザインの発展と促進のために企画された。

主催するサウス・バンク・センターでは、9月4日の終了まで4ヶ月に渡り、ミュージシャンのレイ・デイヴィスの「Melt Down」やYBAアーティスト、トレイシー・エミンの「Tracey Emin: Love is What You Want」展など、
著名アーティストや思想家たちのパフォーマンスやトーク、イベントなどが開催される予定。

It’s been incredibly nice in London these days with a year-worth of sunshine and maximum temperature of 26° like a summer time. The weather is supposed to remain good and dry during upcoming Easter weekend, which is perfect for the opening of Festival of Britain from Good Friday tomorrow in Southbank.

The Festival of Britain, celebrating  British culture and creativity, marks its 60th anniversary this year. The first festival was held in 1951 just after Word War II, when much of London was still in ruins and redevelopment was badly needed. The Festival was an attempt to give Britons a feeling of recovery and progress and to promote better-quality design in rebuilding of British towns and cities following the war.

This year, Southbank Centre hosts a variety of performances, new outdoor environments, talks and events by some of Britain’s leading artists and thinkers, including rock musician Ray Davies‘s ‘Melt Down‘ and  “Tracey Emin: Love is What You Want“, for four months until September 4.

川の側のQueens Walkでは、ヴィンテージ水着の展示や貝で出来た洞窟など、アーティストたちによってカスタマイズされた、イギリスのビーチにつきもののカラフルなBeach Hut(ビーチ小屋)が並ぶ(写真はオープニング前)。海鳥の保存協会が啓蒙活動を行う、Mark Dion製作のMobile Gull Appreciation Unit(カモメへの理解のための移動式ユニット)も、ご愛嬌(写真)。

On the Queens Walk next to the Thames, colourful Beach Hut, typical on British beaches, customised by artists to contains something different, such as n exhibition of vintage beachwear and a shell grotto. Mark Dion’s Mobile Gull Appreciation Unit, which plays host to different seabird preservation societies, is a bit freaky but cute, and guaranteed to catch people’s attention (photo).

同じくQueen’s Walkに作られた、70mの長さのURBAN BEACH。水着姿で日焼けに勤しむ人々で一杯のパリ・プラージュと違い、子供の砂場と化している。

70-metre beach “URBAN BEACH” on the Queen’s Walk. The beach becomes a kids playground, in compare to French counterpart of Paris Plage, which is more like an outdoor tanning salon.

きつねはペット、それとも害獣?わらブロックで出来た作品「Urban Fox」は、そんな問題を提起。すごく悲しそうな表情にキュンとくる(写真)。この作品メイキングのビデオはここをクリック。

Is fox pet or pest? “Urban Fox” created out of straw bales brings up such a debate. The fox looks very, very sad (photo). Click here to see it being build.

レベル2の外のテラスに展示された、アート・インスタレーション(アーティスト、作品名は不明)。詩?が書かれたたくさんの紙が天井から吊るされ、その天井に貼られた何本のワイヤーには、紙飛行機が。

Art installation outside Level 2 on the Riverside Terrace (I can’t find who made this and what is the title). Strings of papers with poetry? are attached from the ceiling, and paper aeroplanes are on the wires coming out of the ceiling.

*****

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

*情報がほとんどなくなってきたので、残念ですが、今回で最後とします。また情報がありましたら、不定期でお知らせします。

* Due to less and less number of charity information available recently, I stop this as of today. However, I will put up any information when I find.

Cologne Christmas Market @ Southbank

今年で3回目となるCologne Christmas Marketが12月23日まで、テムズ川沿いのSouthbank Centre/Royal Festival Hall(サウス・バンク・センターロイヤル・フェスティバル・ホールとLondon Eye(ロンドン・アイ)の間で開催中。伝統的なドイツのクリスマス・マーケットをロンドンに再現したこのマーケットには、60近くの木造のシャレーが並び、ブラートヴルスト(ドイツのソーセージ)、グリューワイン、ハート形のジンジャーブレッド、ローストしたアーモンドやキャンディーなどのフード&ドリンク、そして手作りのおもちゃやジュエリー、レース、ろうそく、陶芸品や、クリスマスツリーのオーナメントなどの工芸品を売っている。また、メリーゴーランドや、子供向けの30分のショーが行われるSanta’s Secret Villageもある。

写真は去年のものだけれど、去年も今年も基本的に変わってない。何年か前、ウィーンに旅行した時にクリスマス・マーケットを体験したけれど、サウスバンクのと何かが違う。何が違うかと考えたら、ウィーンのクリスマス・マーケットは、もっときらびやかに飾られていて活気があり、訪れている人々もとても幸せそうだった。でもサウスバンクのは、中途半端で盛り上がりに欠け、何だかうら寂しげ。人々もあんまり楽しんでるように見えない。違う文化の伝統を形だけ真似するのではなく、もうひと工夫してほしいところ。

Cologne Christmas Market is taking place for the third time between the Southbank Centre/Royal Festival Hall and London Eye along the River Thames. Bringing a traditional German Christmas Market to London, around 60 traditionally decorated wooden chalets sell German specialty such as “Bratwurst”, a glass of “Glühwein” (German Mulled Wine), gingerbread hearts, roasted almonds and candies, as well as handcrafted gifts, toys, jewelry, hand tatted laces, candles, ceramics and glass ornaments for Christmas tree. There are also the carousel and Santa’s Secret Village that houses 30-minute children’s shows, to entertain small visitors.

These photos are of last year’s, but it is more or less the same this year. I went to Christmas markets in Vienna few years ago, and it was much more fun than the Southbank’s, which is rather sad and depressing. Christmas markets in Vienna was more glittering and lively that gave me true festive feelings. Visitors there looked far more happier than the ones in Southbank who looked bored or little interested. The organizer must work harder, instead of just making a bad copy of a festivity from foreign culture.

Enhanced by Zemanta

BBC Concert Orchestra – Discovering Music: The Rise of Minimalism

BBCのTVやラジオの番組の無料観覧に申し込む、なんて今まで全く思いつかなかったのだが、以前友人が誘ってくれた、BBCラジオ収録用クラシック音楽のコンサートに同行させてもらい、無料でこんなにちゃんとした音楽を楽しめるなんて、なかなか使えるなと感心したのだった。チケットの申し込みは、ウェブサイト、電話、ファックス、テキストメッセージ、そして郵送で受け付けている。でも同じことを考える人はたくさんいるもので、すでに定員に達してる番組も多い。メーリングリストに登録すれば、興味のある番組やイベント情報がメールで送られてくるので、お目当ての番組には速攻申し込むのが大事。BBCは定員以上の数を受け付けるので、必ずしも席が確保されているわけではなく早い者勝ち、当日は1時間以上前に到着して、並ばなければならない。

昨日も、その友人に譲ってもらったチケットで、サウスバンク・センター内のQueen Elizabeth Hall(クイーン・エリザベス・ホール)で行われた、BBC Radio 3の「Discovering Music」シリーズの「The Rise of Minimalism」収録に行ってきた。Discovering Musicシリーズは、毎回違ったテーマの音楽を解説する番組で、この日も約2時間半に渡り、指揮者のCharles Hazlewoodが、BBC Concert Orchestraの生演奏や録音した曲を交えながら、ミニマル・ミュージックの歴史やその代表的な作曲家と曲目を詳しく解説。Mがフィリップ・グラススティーヴ・ライヒのファンで、コンサートには何度か行っているのだけれど、この日までミニマル・ミュージックについては基本的な知識しかなかった。ミニマル・ミュージックの特徴である、微妙な変化を加えながら延々と続くリズムの反復に、時にふっと意識がなくなったりした瞬間もあったけれど、解説付きだと、そのジャンルや曲に対する関心も増すもので、とても興味深く聞いた。またこの収録に際して作られた、代表的な作曲家を詳しく解説した20ページに及ぶパンフレットも、ミニマリズムのスタイルでかっこよくデザインされている。

BBC Concert Orchestraによる演奏曲目は、フィリップ・グラスの「The Hours(めぐりあう時間たち)」のサウンドトラック(抜粋)や「Two Pages」、エリック・サティの「ヴェクサシオン(嫌がらせ)」(抜粋)、モートン・フェルドマンの「Structures’ for string quartet」、スティーヴ・ライヒの「ヴァイオリン・フェイズ」など。そしてトリは、この日のメインである、約40分に渡るテリー・ライリーの「In C」。まだオンエアの日程は決まっていなそうだが、放送日が分かったら、是非もう一度聞きたいと思っている。

I had never thought and had no clue about participating a BBC TV or radio program as an audience. But my friend took me to one of the classical music concert recording for BBC radio a while ago, and I was kind of impressed that we could enjoy such a decent live music concert for free. Application of free tickets can be done via online, by phone, fax, text, or mail. Tickets for popular programs can be sold out quickly, so it is a good idea to join their mailing list that send you program and event information via e-mail, and apply the ticket of your choice right away. BBC issues tickets more than its capacity, so you have to come to a venue more than 1 hour earlier of the start and be on the queue to secure your seat on the day of the recording.

I went to another recording of BBC Radio 3’s “Discovering Music: The Rise of Minimalism” program yesterday at Queen Elizabeth Hall in Southbank Centre, since my friend couldn’t make it and gave me the ticket. “Discovering Music” series explores pieces of music in detail. During the 2.5-hour recording, conductor Charles Hazlewood explored the history of Minimalist music and main composers and their works, with performance by the BBC Concert Orchestra and recorded music in between. I went to Philip Glass and Steve Reich concerts sometimes, since M is a big fun of these two minimalist composers, but I had very basic knowledge about minimalist music before this recording. The repetition-based minimalist music with slow transformation sometime made me loose consciousness few times, but it was quite intriguing with detailed explanation of the music and live performance followed. Also the 20-pages program brochure made for the recording with detailed information about minimalist composers, is well designed with the minimalist style.

The list of music in the recording includes; Philip Glass‘s Suite from the movie ‘The Hours‘ (excerpt) and ‘Two Pages’; Erik Satie‘s ‘Vexations‘ (excerpt); Morton Feldman‘s ‘Structures’ for string quartet; Steve Reich‘s ‘Violin Phase’; and ended with the day’s main music, Terry Riley‘s ‘In C‘. The broadcast of the program is not decided yet, but I would love to listen again if I can get the date.

コンサート前の様子。演奏中は撮影禁止。席は選べないけれど、運良く前から4列目のど真ん中に座れ、迫力満点。

A photo before the concert. Photo is prohibited during the performance. I couldn’t chose the seat but we were lucky enough to get the seats in the middle of 4th row.

テリー・ライリーの格好は(写真上)、ミニマリズムと言うより、アメリカ西海岸ヒッピー。。。

Terry Riley (the photo above) looks more like an American west coast hippie than a minimalist…

Reblog this post [with Zemanta]

Canteen British Restaurant @ Royal Festival Hall, Southbank Centre

日本に帰ると、「イギリス料理は不味いの?」と聞かれることが非常に多いのだけれど、ガストロパブ(おいしい食事を提供するパブ)やセレブ・シェフの流行もあって、材料にこだわった、美味しくて洒落たブリティッシュ・レストランが増えている。Canteen(カンティーン)は、私たちが好きなブリティッシュ・レストランの一つ。「Canteen」は、学校やオフィス、軍の基地等にあるカフェテリア/レストランを意味するイギリス英語で、学食や社食を指す。ロンドンに現在4軒あるけれど、私たちがよく行くのは最寄りのSpitalfields店と、BFIでの映画やコンサートの際に立ち寄る、サウスバンクのRoyal Festival Hall店。

メニューは伝統的イギリス料理のパイやロースト料理、シチューやオーブン料理、魚料理、ソーセージ&マッシュ等。フェアリー・ケーキ(カップケーキ)やヴィクトリア・スポンジ(スポンジ・ケーキ)等、デザートもイギリス風。Free Range(放し飼い)で育てられた添加物不使用の肉類や、南海岸から直送された魚等、新鮮で厳選した主に国産の旬の食材を使った気取らないイギリス料理と、リーズナブルな値段で人気、その味はメディアや批評家からも高い評価を得ている。ちなみに昨日見た、豚の飼育や虐待に関するドキュメンタリー「True Stories: Pig Business」によると、イギリスのAnimal Welfare(動物福祉)に関する規制はヨーロッパでいちばん厳しいそう。動物愛護に熱心なイギリスでは、そうした家畜の福祉に配慮したレストラン(特にブリティッシュ)をよく見かける。Canteenもその一つで、家畜を人道的に扱う農場から肉類を購入しているという。

また、Very Good and ProperWindmill Furniture等ブリティッシュ・デザインの家具を使った、シンプルかつモダンで暖かみのあるインテリアは、WallpaperTime Out誌の2006年ベスト・レストラン・デザイン賞候補になった。また、24ページの店紹介の冊子(写真下)もスタイリッシュにデザインされていて、もらう価値あり。

Incredibly, so many people from abroad believe that British food is bad. Due to the popularity of gastropubs and celebrity chefs, there are a wave of cool and delicious British restaurants using good quality ingredients in UK recent years. Canteen (“a cafeteria/restaurant at school, office or military base,” in British English) is one of our favorite British restaurants. Canteen has four branches in London, and we sometimes go to the nearest Spitalfields restaurant and the Royal Festival Hall branch in Southbank Centre when we go to a concert or a movie at BFI.

The food at Canteen is traditional British; pies, roast, stew, bakes, fish, and sausage & mash etc. The desert is also good old British treats, such as fairy cakes (cupcake) and Victoria sponge (sponge cake). All their meat is free range and additive free, and their fish is delivered directly from south coast of England. With their unpretentious food using fresh and mainly domestic ingredients from selected sources, and with its reasonable price, Canteen is very popular among Londoners and is also highly regarded by media and food critiques. I saw yesterday a documentary “True Stories: Pig Business” about pig welfare in some farms abroad (USA and Poland), and I got to know that the British regulation on animal welfare is the strictest in Europe. In general, British are passionate about animal right and welfare, and I’ve seen many restaurants, including Canteen, expressing their values in better life for farm animals and using free range and/or organic meats.

Canteen’s simple and modern but also warm interior, using British design furniture from Very Good and Proper and Windmill Furniture, is also highly recognized, and Canteen was nominated for “Best Restaurant Design 2006” by Wallpaper and Time Out. Their 24-page information booklet (photo below) also stylishly designed, and worth to get a copy.

Reblog this post [with Zemanta]