Tag Archives: Southbank

A Hot Sunny Day in Southbank

先週末からロンドンは良い天気続き。今日も真っ青な空に太陽が燦々と降り注ぎ、最高気温も30度近くまで上がった。ロンドンでこんな気持ちのいい晴れの日は滅多にないので、天気を満喫しに、久しぶりにサウスバンクに行った。

ランチは、ロイヤル・フェスティバル・ホールにあるRiverside Terrace Caféで。フレッシュな食材を使ったサンドイッチやスープ、軽食類は、ファーストフードにしては、なかなかいける。広々としたホール内にもテーブルはあるけれど、天気のいい日は、これまた広々とした外のバルコニー席がいい。外にはバーカウンターもあり、カクテルやアルコール類もいただける。

It’s been a nice and hot day in last few days. The highest temperature went up around 30ºc today as well with tropical blue sky and bright sun, so we went to Southbank to enjoy the sun.

We had lunch at Riverside Terrace Café in Royal Festival Hall. Fresh home made sandwiches, soup, and light meals at the café are not bad at all, as a quick bite. There are many tables in the hall but it is better to sit outside on a spacious balcony when it’s sunny. There is also a bar counter to serve cocktails and alcohol drinks.

ロンドン・アイの向かいにあるJubilee Gardens(ジュビリー・ガーデンズ)では、天気のいい日にはロンドンのどんな小さな公園でも見かけるように、人々が日向ぼっこ+日焼けをエンジョイ。

Many people were sunbathing in the Jubilee Gardens across the London Eye, like any other small or large parks in London in the sun.

ジュビリー・ガーデンの横に設置された、チャンネル4系テレビ局E4が主催するUdderbelly(Udderは牛の乳房、bellyはお腹)のステージ。今年2年目となるUdderbellyでは、スタンダップ・コメディ(イギリスの一人漫才・漫談)やキャバレー、コンサート、ダンス・ショー等が、2ヶ月に渡って行われる(5月13日〜7月18日)。空気で膨らませた、逆さまの紫色の牛は、何だかヘンだけれど妙に可愛い。会場内には、カフェやパブ等が出店していて、ショーがない時も人で賑わっている。

A stage of E4 (digital TV channel of Channel 4)  Udderbelly sits next to the Jubilee Gardens. In its second year, Udderbelly hosts two months of  a variety of shows such as stand-up comedy, cabaret, music, dance and family shows (May 13 – July 18). The inflatable giant upside-down purple cow is quirky and cute. There are café and bars inside the tent and you can enjoy drinks and food even while no show taking place.

サウスバンクの風景を車体に描いたアイスクリームを売る屋台。

Ice cream van painted with the Southbank skyline.

Reblog this post [with Zemanta]

The Riverfront Café & Bar @ BFI Southbank

サウス・バンクにあるBFIサウス・バンク(英国映画協会が持つ映画館)の1階にある、Riverfront Café(リバーフフロント・カフェ)。改装の末、2009年3月に再オープン。以前は、外の木の長テーブルからの眺めも良く、気候のいい頃はたくさんの人が集まる憩いの場だったけれど、中はごみごみしていて利用したことはなかった。今は、ハイドパークにあるSerpentine Bar & Kitchen(サーペンタイン・バー&キッチン)と同じく、サンドイッチチェーン・Benugo(ベヌーゴ)の経営になり、インテリアもモダンな、すっきりゆったりとした居心地の良いカフェに生まれ変わった。

この日はVeggie Burger(ベジタブルバーガー)とスモークサーモンのサンドイッチを注文。料理はアンティーク風(本物?)のお皿や木のプレートに盛られていて可愛い。サンドイッチは悪くなかったけれど、クリームチーズ+スライスチーズまで挟まれていて、ちょっとチーズが多すぎてお腹にもたれる。でも、手作り風のフライドポテトはカラッと揚がっていて美味しかった。ベジタブルバーガーは、ちょっと柔らかすぎてもう少し、お肉っぽい歯ごたえが欲しい感じ。

チケット売り場の側にあるBenugo Bar & Kitchenも、Benugoの系列で、こちらはもう少し高級感あり。映画の前後にカジュアルに食事やドリンクを楽しみたいなら、Riverfront Caféの方へ。

The Riverfront Café is on the ground floor on the river side at BFI Southbank. It was renovated and reopened in March, 2009: the café before the renovation had long wooden tables outside and perfect hangout on a nice sunny day, but inside was a mess and grim, and I never dared to sit down. Now it is under a premier sandwich chain Benugo management, like Serpentine Bar & Kitchen in the Hyde Park, and reborn as a modern and comfortable space.

That day, we ordered a veggie burger and a smoke salmon sandwich. The sandwich was not bad, but came with both cream and sliced cheese – it was too much cheese. Handmade fries on a side was good, though. The veggie burger was too mushy and it was not really a ‘burger’. The food was served on antique style (real antique?) dishes and a wooden board, and it was really nice.

Benugo Bar & Kitchen at the entrance near the ticket counter, is also Benugo-operated, and it looks a bit more upscale than its sister café. If you want to enjoy casual & fast eating and drinking, go for the Riverfront Café.

Reblog this post [with Zemanta]

Ed Ruscha: Fifty Years of Painting @ Hayward Gallery

アメリカ人現代美術アーティスト、エド・ルシェの50年間の作品78点を集めた回顧展「Ed Ruscha: Fifty Years of Painting」が、サウスバンク・センターにあるHayward Galleryヘイワード・ギャラリー)で1月10日まで開催されている。ルシェは、18歳で故郷のオクラホマシティを離れ、ロスの学校でグラフィックデザインとファインアートを学んだ後、ロサンゼルスをベースに活動を続けている。アメリカの日常生活から題材を取ったイメージと言葉(タイポグラフィー)を結合させたカラフルな作品は、時にポップアートムーブメントと結びつけられるが、概念芸術、現実主義、超現実主義等とジャンルを超えた作品を作り続ける彼自身は、安易に特定のカテゴリーに入れられるのを嫌う。

政治的メッセージの強い作品や抽象的すぎる作品等、あんまり好きじゃないものもあるけれど、印刷物、グラフィックデザイン、映画、写真への造詣を反映した、シンプルで平坦なタッチの彼の作品を集めたこの回顧展は、私の中では、今年見た展覧会の中でもトップの部類に入る。ルシェは、ありきたりの退屈な日常風景を、概念やドラマを与えることによって、生き生きと描き出す。展覧会のポスターにも使われている「Standard Station」や、「The Old Tech-Chem Building」などの産業施設を描いた作品は、ダイナミックさを与える斜線の多用、題材のまわりのゆったりとしたスペース、そしてミニマリスト的なアプローチが、印象に残る。また、映画の影響の大きい「Exit」「The End」等、80年代〜90年代初期の白黒の作品は物寂しげで心つかまれるし、これらの作品とは対照的に、「The Mountain」を代表とする近年の山をテーマに描かれた作品は、明るい空を背景に丁寧に描き込まれている山々と、山とは何の関係もない、シンプルなタイポグラフィーの組み合わせが,何故か清々しい気分にさせてくれ、心洗われる。

なお、ヘイワード・ギャラリーは、金曜日は夜10時まで開館、金曜6〜10時の間に入場すると「2 for 1(1人分の値段で2人入場できる)」割引を実施中。バウチャーは、「2 for 1 voucher」をクリック。詳細は、southbankcentre.co.uk/ruschaで。

Hayward Gallery‘s “Ed Ruscha: Fifty Years of Painting” is the first major UK retrospective of American artist Ed Ruscha featuring 78 of his paintings, running until January 10, 2010.

Since Ruscha left Oklahoma City where he grew up at the age of 18 to study fine art and graphic design in Los Angeles, he has been based in Los Angeles. His flat but colorful paintings of common objects and use of text on his works have often linked with the Pop Art movement, but Ruscha is also considered as a conceptualist, a realist and a surrealist, though he defies such easy categorisation.

Though some of his works are not my cup of tea, such as pieces which are too political or too abstract, but this is one of my favorite exhibition of this year. Embracing his interest in printed matter, graphic design, cinema and photography, Ruscha enliven mundane everyday life objects and cityscape of Los Angeles by adding theme and drama to them. I like “Standard Station” which is one of his most known work and used for the exhibition poster, and a series of paintings of industrial facilities such as “The Old Tech-Chem Building“, with his minimalist approach to the subjects; use of diagonal lines which gives dynamic effect, and generous space around the subject. His 80’s ~ early 90’s black & white film-like somber works such as “Exit” and “The End” are moving and touching. On the contrary to these melancholic works, his recent pieces with ‘mountain’ theme including “The Mountain“, elaborately drawn mountain with beautiful blue sky and superimposed type which doesn’t have any connection to the mountain, are strangely refreshing and inspiring.

Hayward Gallery opens until 10 pm on Fridays, and  they have 2 for 1 offer on entry from 6pm to 10pm until the show is over. To get this offer, click 2 for 1 voucher. For details, check http://www.southbankcentre.co.uk/ruscha.

Reblog this post [with Zemanta]

Mark Wallinger curates The Russian Linesman @ The Hayward Gallery

The Russian Linesman 1The Russian Linesman

ここのところアートネタ続きだが、2007年のターナー賞受賞者で、ヤング・ブリティッシュ・アーティスト(YBA)の一人である、Mark Wallingerマーク・ウォリンジャー)が手配・監督をした展覧会、「The Russian Linesman」を、サウスバンクヘイワード・ギャラリーに見に行った。ヘイワード・ギャラリーの属するサウスバンク・センターは、ロイヤル・フェスティバル・ホール、クイーン・エリザベス・ホール、ヘイワード・ギャラリーの3施設で構成。先日ブログで書いたバービカンと同じくブルータリズム様式で建てられた、ヨーロッパ最大規模の芸術施設だ。ヘイワード・ギャラリーは1968年創設。常設の展示はなく、年3〜4回、ビジュアル・アート、近年は特にコンテンポラリー・アートに焦点を当てた企画展が開催される。

タイトルの「The Russian Linesman」は、サッカーファンなら誰でも知っている1966年サッカーワールドカップの決勝(イングランド対西ドイツ戦)のエピソードからきている。この試合で、ソ連の線審が、イングランドのストライカー・Geoff Hurstの放ったゴールを有効にし、それがイングランドの勝利にもつながった。このゴールはクロスバーに当たって跳ね返り、その際ボールがゴールラインを超えたかが議論の的になったのだが、このロシア人の線審は、試合後、なぜゴールを有効にしたかを問われた際、「スターリングラード」と答えた。これは、第二次世界大戦有数の激戦となった、スターリングラード攻防戦(独ソ線)を指す。ソ連人(正確にはアゼルバイジャン人。多数のアゼルバイジャン人がソビエト軍に従軍し死亡した)線審は、ドイツ人の恨みから、イングランドに有利な判断を下したようだ。

主旨は、 「exploring notions of the liminal: thresholds between physical, political or metaphysical realms」(物理的、政治的、形而上学的の領域の境界、「閾値」の概念を探求)という難解なものだが、写真、ビデオ、彫刻、絵画等、いろんなジャンルの作品を集めたこのエキシビジョンは、通常と違った見方を提供してくれる面白い試みだ。上の写真は、Thomas Demandの「Poll」という作品で、2000年のアメリカ大統領選(ブッシュvsゴア)で、ゴアが僅差で破れたフロリダの事務所を、紙で再現したもの。精巧に作られているがうつろさが漂う。フランス人のPhilippe Petitが、1974年に、ニューヨークのツインタワー2棟にワイヤーを渡して綱渡りする映像。イタリア未来派の作家・Renato Giuseppe Bertelliの、どの角度から見ても同じ、だまし絵のようなムッソリーニの頭像。東ドイツ時代のベルリンの映像をリメイクし、過去と現在の映像を並列した、Amie Siegelの「Berlin Remake」等々が印象的だった。

マーク・ウォリンジャーは最近、ケント州のエブスフリート(Ebbsfleet)駅に建築予定のランドマークのコンペティションに勝ち、高さ50mという、自由の女神より大きい、巨大な白馬の彫刻を作る事になった。出来上がりがとても楽しみだ。

We went to see a ‘The Russian Linesman‘, curated by 2007 Turner Prize winner and one of the YBAs (Young British Artist), Mark Wallinger, at the Hayward Gallery at Southbank. The Southbank Centre, the Hayward Gallery, Royal Festival Hall, and Queen Elizabeth Hall, is one of the biggest arts complex in Europe, and recognizable for its brutalism architecture, like the Barbican Centre which I wrote the other day. The Hayward Gallery was founded in 1968; it does not house any permanent collections and hosts three or four major temporary exhibitions each year, focusing visual art from all periods, but mainly contemporary art in recent year.

The title ‘The Russian Linesman’ comes from the Soviet linesman who ruled that England striker Geoff Hurst had scored a goal in the final of the 1966 World Cup, in which England beat West Germany 4-2. After this controversial decision, the ball hit the cross bar and bounced down over the line, the linesman was asked why he made the decision and replied ‘Stalingrad’, refer to the Battle of Stalingrad. He was from Azerbaijan, but a thousands of Azerbaijani recruited into the Red Army, died in the war.

The concept of the exhibition, ‘exploring notions of the liminal: thresholds between physical, political or metaphysical realms’ is a bit too complicated for me, but the exhibition itself, collecting works from  all kind of genres such as photography, video installation, sculpture, painting, gave us a different perspectives in art and subjects. The top photo is the work of Thomas Demand ‘poll,’ recreates the office in Florida out of paper and cardboard, a battle ground for the controversial US presidential election 2007 (Bush vs Gore), gives an impression of emptiness. The video footage of French high wire artist, Philippe Petit crossing between the twin towers in New York, in 1974. Italian Futurism artist, Renato Giuseppe Bertelli’s Testa di Mussolini (head of Mussolini), a profile of Mussolini from every angle with its circular shape. Amie Siegel’s ‘Berlin remake’, juxtaposes footage from East German state films and her own remakes….It was pretty enjoyable exhibition after all.

Last week, Mark Wallinger won the competition for the new Ebbsfleet Landmark in Kent, with his idea of 50m high giant white house, which is bigger than the statue of Liberty! Can’t wait to go and see it.

Reblog this post [with Zemanta]

Dinner @ Skylon

skylon

ロンドンは年末から、近年にない寒波に襲われ、毎日最高気温3、4度以下、夜は零下となる寒い日が続いている。今日はその寒さの中、ユニクロのヒートテック下着を着込んで、MのVespaで、サウスバンク(Southbank)のコンサートホール・ロイヤルフェスティバルホール(Royal Festival Hall)にあるレストラン、Skylonに行ってきた。Toptableというレストラン予約サイトでレストランやホテルを予約し、後日評価を書き込むことでもらえるポイントがだいぶたまっていたので、以前から行ってみたかったSkylonでの無料ディナー(前菜・メイン料理・デザートから2品選択。飲み物別)にポイントを交換。

Skylonのオーナー会社、D&D Londonはロンドン、パリ、コペンハーゲン、ニューヨーク、東京等にレストランを展開。近年、テレンス・コンラン卿経営のレストラングループを買収し、コンラン卿とは、今でもデザイナーとして、また株主として緊密な関係を保っている。

Skylonという名前は、1951年に開催された Festival of Britainのために建設された、細長い葉巻のような形をしたタワーからとったもの。50年代風のスタイリッシュな内装、高い天井、大きな天井のライト、広々としたダイニングルーム。テムズ川に面した大きな一面の窓からは、川向こうの夜景がきれいに見える。SouthbankにはBFI (British Film Institute・映画館)、National Theater(ナショナルシアター、劇場)、London Eye(ロンドン・アイ、観覧車)もあり、Skylonのレストラン・バーはいつもにぎわっている。時間が遅かったからか、この日は窓際のテーブルに座れた。イギリス料理とヨーロッパ料理のフュージョンであるお料理も、なかなかのお味。特にデザートのチョコレートムースとコーヒーアイスは絶品!今晩、ロンドンは気温が0度にまで下がり、最近あまり見れなくなった「霧のロンドン」の夜景を堪能できた。

It has been very cold in years since Christmas. We went to the restaurant Skylon at the Royal Festival Hall in Southbank, with M’s Vespa. I had a lots of reward points with Toptable restaurant reservation site by making a reservation and rating the restaurant afterward, so I got a free 2 course-dinner (without drinks) for two at Skylon.

The owner company of Skylon –  D&D London – owns and operates restaurants in London, Paris, Copenhagen, New York and Tokyo. Following the buy out of Conran Restaurants in 2006, D&D London is now an independent business, maintaining their close relationship with Conran both as shareholders and designers.

The name ‘Skylon‘ came from the Skylon – futuristic-looking, slender, vertical, cigar-shaped steel structure – located by the Thames, and built in 1951 for Festival of Britain. The 1950’s inspired style design decor, with high ceilings and big oval-shaped lighting, and spacious dining rooms. You can enjoy a beautiful panorama with floor to ceiling windows overlooking to the River Thames. Skylon restaurant and bar is a popular place in Southbank with cultural facilities such as the Royal Festival Hall, BFI (British Film Institute), National Theater, and the London Eye. Probably because our reservation was a bit late, we could sit at the table next to the windows. The food at Skylon is Euro-Brit –– a fusion of European and British cuisine. I particularly liked my chocolate mouse with coffee ice-cream! We also enjoyed the mysterious misty London from the large windows view.

Reblog this post [with Zemanta]