Tag Archives: street art

Street Art in East London: Mushrooms by Christiaan Nagel

ここ2〜3年、イーストロンドンの建物の上に出現したカラフルなきのこを時々見かけた。ずっと、あれは何だろう?と疑問だったのだが、ようやく今日その正体が分かった。

これは、ロンドン在住のストリートアーティスト・Christiaan Nagelの作品(写真)。ポリウレタン製で非常に軽く、万が一落ちてきたとしても、誰も怪我しないそう。昨年10月1日付のMade in Shoreditchのインタビュー記事によると、彼はこの時点で大小250以上のキノコを作ったという。大きな作品はさすがに許可を取るが、通常ゲリラスタイルで建物の上に登り、こっそり設置するのだそうだ。

Googleマップで彼のいくつかの作品の場所は分かるけれど、最後に更新されたのが2011年4月26日なので、Vyner streetにあるOmbraレストランの上のもの(写真上)など、それ以降の作品は網羅されていない。

I’ve spotted those funky colourful mushrooms on the top of some buildings in East London these few years. And I finally found out that those are the work of London based street artist, Christiaan Nagel (photos of his mushrooms).

The mushrooms are made of polyurethane and extremely light, so that it hurts no one even if it falls. He has made over 250 in different scales, according to his interview on Made in Shoreditch, published on Oct 1st, 2012. He normally installs the mushrooms in Guerrilla style, though he gets permission for the bigger works.

You can check the locations of these mushrooms on google map, but the map was last updated on April 26, 2011, and doesn’t cover all, including the one above Ombra on Vyner street (photo above).

Sclator Street, near Shoreditch High Street station 

Cat Graffiti @ Garner Street, off Hackney Road

Hackney Road(ハックニーロード)近く、Garner StreetとCoate Streetの角の黒いビルに描かれた、キュートな猫のグラフィティ。調べてみたけど、アーティスト名は分からずじまい。ご存知の方、情報お願いします。

A cute cat graffiti on the black building at the corner of Garner Street & Coate Street, off Hackney Road. I tried to find out who did, but no information available. If any of you knows it, please let me know.

Red Market: Pop-Up Street Food Market @ Old Street

Old StreetとGreat Eastern Streetが枝分かれする角の空き地で、夏限定のフードマーケット・Red Marketが現在開催中。昨年は夜のみのナイト・マーケットだったこのマーケット、今年は7月6日に始まり最初の2週間は週末のみだったけれど、7月21日〜9月2日の平日は昼12時から夜11時まで終日オープンしている(土曜は午後5〜10時、日曜は休み)。

グラフィティ・アートで覆われたビルに囲まれた2万平方フィート(約1858平方メートル)の広場には、ハンバーガーやイタリア、オーストリア、ハンガリー、地中海風メゼ、ジャパニーズなど、世界のストリート・フードを売る屋台がぐるり並び、昼はランチを求める人たち、夜はフード&ドリンクを楽しむ人々で賑わう。→写真:Time Out / Red Gallery / Zagat

クローズまで間もないけれど、折りにつけ、パラリンピックのパブリックビューイング、映画上映、ライブ・ミュージック等のイベントも開催されるので、興味がある人はマーケットのサイトを要チェック。

Pop-up street food market Red Market is currently running on an empty space where Old Street and Great Eastern Street meet. This market opened only at night last summer, but this summer it opens from 12 noon to 11pm daily on weekdays from July 21 to September 2 (Saturdays: 5-10pm, close on Sundays), though first two weeks from July 6th opened only on weekend.

There are world street food vendors such as hamburger, Austrian sandwiches, Hungarian, Mediterranean meze, and Japanese in this 20,000 ft² (=1858 m²) space, surrounded by buildings colorized with various graffiti art. The market attracts hungry stomachs looking for lunch and snacks during the day, and hip creators enjoy food & drinks at night. →photos: Time Out / Red Gallery / Zagat

Not much time left until its closing, but if you are interested, check their website for special events such as public viewing for Paralympics, film screening, and live music etc.

子供が遊べる小屋と大きなクッション、おもちゃが置かれた砂場 / children’s playground with kid’s house and sand area equipped with toys and big cushions

ベルギー人アーティスト・Roaのグラフィティ(過去エントリー参照)の前の置かれたピンポン台で遊ぶ人たち / People playing ping-pong in front of graffiti by Belgian artist Roa (see past entry)

Urban Smart Projects “For the love of Dog” by Teddy Baden @ Banner Street

ステンシルアーティスト、Teddy Badenの「Dogs on Whitecross Market」がなくなってしばらく経つWhitecross Streetに、彼の新しい作品「For the love of Dog(犬のために)」が登場した。これは、道路脇にある信号機のコントロールボックス(traffic signal boxes)をアートで飾ろうという「Urban Smart Projects」の一環で、Banner Streetとの交差点にある。また、このプロジェクト作品も同じWhitecross Streetにある。

Urban Smart Projectsは、ロンドン以外でも様々な都市で行われているそう。ちなみに、オーストラリア・ブリスベーンでのプロジェクトの様子は、この方のブログに詳しい。イギリスでは、カウンシル(区役所)は住民から通報を受けると、公共の建物や道路周辺、記念碑などからグラフィティを消去する義務を負う。そのために使われる多額の税金を考えると、逆の思考でいっそアートで塗りつぶしてしまえというのがプロジェクトの主旨。加えて、地域に活力を与え、観光にもビジネスにもプラスになるという、まさに一石二鳥のプロジェクトだとのこと。でもプロのアーティストの作品ばかりじゃないから、玉石混淆だけれどね。

It’s been a while since stencil artist Teddy Baden‘s “Dogs on Whitecross Market” was gone from Whitecross street, but his work is back! His new work “For the love of Dog“, located on Banner Street and Whitecross street, is a part of Urban Smart Projects which aims to turn cities into brighter places by painting of traffic signal boxes with original artwork. You also can see this work on the Whitecross Street as well.

The projects work in a lot of different cities, including Brisbane, Australia (details are here). In UK, a local council is usually responsible for removing graffiti from public buildings, street furniture or monuments when reported. According to the project, the concept is to paint traffic signal boxes, instead of wasting taxpayers’ money for graffiti removal, as well as to provide positive impacts to local communities and delivering a host of positive tourism & business outcomes. It’s a win-win situation – though the works are a mixture of good and bad, as not all of the paintings are done by professional artists.

Enhanced by Zemanta

Ben Eine “PRO PRO PRO” / “ANTI ANTI ANTI” Graffiti @ Redchurch Street

Change」に続いて、Ben Eineベン・アイン)の作品「ANTI ANTI ANTI」「PRO PRO PRO」を紹介。ショーディッチにある広告会社「Mother」の建物にカラフルな色使いで「PRO(賛成)PRO PRO」が、そしてその向かいの「Londonnewcastle」プロジェクトのスペースに、対照的にモノトーン(と少しの赤)で「ANTI(反対) ANTI ANTI」が描かれている。「ANTI ANTI ANTI」は、London Design Festival(ロンドン・デザイン・フェスティバル)の一環として、9月18〜26日にショーディッチ周辺で行われた「Anti Design Festival」のために、ベン・アインが制作。「PRO PRO PRO」はその反対語として、真向かいに描かれた。

Anti Design Festivalのことは全然知らなかったけれど、調べてみたら、イギリス人タイポグラファー/グラフィック・デザイナーのNeville Brody(ネヴィル・ブロディ)が、「money=商業的成功」に囚われず、創造力とインスピレーションを自由に発揮できる場として立ち上げたイベントだそうだ。でも、いくら枠にはまらないデザインと言っても、文字が重なりあったウェブサイトは、読みにくいったらありゃしない!

This is another of Ben Eine‘s work, “ANTI ANTI ANTI” and “PRO PRO PRO”, created around the same time as “Change” in this autumn. Cheerful and colorful “PRO PRO PRO” was painted on a building of an advertising company “Mother“, on the opposite of “ANTI ANTI ANTI”  in black, white and gray with a little bit of vivid red,  on the Londonnewcastle project space. Ben Eine created “ANTI ANTI ANTI” for “Anti Design Festival,” held from 18 to 26 September around Shoreditch area as a part of London Design Festival. Antonym “PRO PRO PRO” came after, to make a contrast.

I’ve never heard of “Anti Design Festival,” but it was founded by a British typographer and graphic designer Neville Brody, to create an opportunity to showcase design with unrestricted creativity and inspiration, which have been replaced by money and commercialism in the last 25 years. I understand the concept of free-spirited design, but I was so annoyed by reading the words overlapped with each other on their website!!

Vodpod videos no longer available.

Enhanced by Zemanta

“Change” Anti-Knife Carrying Campaign by Ben Eine @ Old Street

以前、「Alphabet Graffiti」について取り上げたグラフィティ/ストリート・アーティスト、Ben Eineベン・アイン)の作品「Change」が今年9月に、オールド・ストリート駅の西に登場した。これは2006年9月に、背中を20回以上も刺されて殺された若者・Tom-Louis Eastonくんの家族と友人が設立した慈善団体「Flavasum Trust」が、「anti-knife carrying campaign(ナイフ携帯反対キャンペーン)」のために委託した作品。イズリントン・カウンシル(区役所)は、この作品を1年間以内に限って残す事を許可し、ベン・アインは無償でこの仕事を引き受けたそうだ。

An graffiti/street artist, whom I wrote his work “Alphabet Graffiti” a while ago, Ben Eine‘s work “Change” appeared in last September on the west of Old Street station .  This is a commission for “anti-knife carrying campaign” by the Flavasum Trust, a charity set-up by the friends and family of Tom-Louis Easton, a young musician who was stabbed in the back over 20 times to death in September 2006. Islington Council has given permission for the work to stay up for a year, and Ben did the work for free.

ガーディアン紙の記事によると、イギリスの若者の死のうち40%はナイフによるものだそうだ。その数は、ヨーロッパの中ではドイツやスロベニアなどと並んで低いらしいけれど、近年、ギャング・メンバーや不良少年たちが「護身用」としてナイフを持ち歩き、ギャング間で抗争を起こしたり、時に一般人も殺めたりして問題となっている。

According to the Guardian’s article, knives were used in almost 4 out of 10 killings of British youths. Although its number is one of the lowest knife death rates in Europe along with Germany and Slovenia, some of young people become gang members to give them status and carry a knife for a sense of security, resulting in murders during a gang war and occasionally invovling a stranger.

2007年12月、人通りの多いエンジェル駅の近くで昼2時30分頃、「ガンをつけた」とギャング・メンバーにいちゃもんをつけられ、公衆の面前で刺殺された16歳の少年・Nassirudeen Osaweくんが描かれたグラフィティ(関連記事1/2)。事件現場そばで撮影。

A graffiti of 16-year old boy Nassirudeen Osawe, who stabbed to death by a group of gang members for ‘dirty look’ at them, in front of many shoppers and passerby near busy Angel station around 2:30 pm in December 2007 (related article 1/2). Photo taken near the crime scene.

Enhanced by Zemanta