Tag Archives: style

Takeaway/Delivery Food Revolution

先週末のThe Sunday Times(サンデー・タイムズ)付録の雑誌「STYLE」の記事によると、イギリスでは今、テークアウト&デリバリー革命が起きているという(タイムズのオンライン記事は有料なのでリンク不可)。少し大げさな表現だけれど、かつてデリバリーやテークアウトと言えば、ピザやチャイニーズ、ケバブと言ったチープで不健康な食べ物というイメージがあったが、不況の影響か、最近ハイクオリティ・フードも市場に参入してきた。The Ivy、Le Caprice、Scott’sなどを展開する高級レストラングループのCaprice Holdingsは最近テークアウトをも始め、その値段はレストラン価格の3分の1ほどだという。また、日本食の有名店・Nobuも、持ち帰り用手作り寿司ボックス(12人分£528.75!)を今月から始める。コンテンポラリー・アジアン・レストランXOは、近くにあるデリXO to GOで、温めるだけの持ち帰りメニューを扱う。

また、9月12日にスタートしたばかりのHousebites.comは、近くに住むシェフが自分のキッチンで調理した食べ物を配達してくれるというユニークなサービス。郵便番号を入力すると、配達可能エリアのシェフが調理中のメニューが写真付きで出るので、オーダーしたい料理と希望配達時間を選び、オンラインで決済。後は注文が届けられるのを待つだけ。シェフと言っても、プロの料理人から、料理が得意な素人まで様々。顔写真をクリックすると、プロフィールと利用者のレビューが見られる(今は始まったばかりでレビューはほとんどない)。試しに自分の郵便番号を入れてみる。始まったばかりのサービスだからか、出てきたのはシェフ3人だけ。でもその中の1人のパエリアが美味しそう。

でも、プロの味まで家にいながら味わえるようになると、特に冬なんか、ますます出不精になりそうだなあ。

I read the article about recent changes in take-out/delivery food market in UK on the last weekend’s Sunday Times ‘STYLE’ magazine (I can’t link the article as the Times charges you to read online article). Before, takeaway food meant cheap and often unhealthy food such as pizza, Chinese and Kebab, but now high quality food is also available on the market, as byproduct of the recent recession. Caprice Holdings fine-dining chain that owns The Ivy, Rivington Grill, Le Caprice and Scott’s, now offers their food for takeaway, with the the price of a third of the restaurants’. Posh Japanese Nobu launches takeaway Tedukuri (=make your own) Sushi Box (£528.75!! For up to 12 people) this month. Contemporary pan-Asian restaurant XO sells “Ready to Heat” food at a nearby deli XO to GO.

On the other hand, Housebites.com, just started few days ago, offers a unique system to connect customers and chefs in the local area. The system is simple; enter your postcode, browse and choose from the menus by chef in your area as well as delivery slot, and pay online. That’s it. Just wait your food to arrive at your doorstep. These ‘chef’ can be experienced professional chef or just a great cook providing delicious meals to friends and family. Click a photo, and you will get the chef’s profile and customers’ review, though there in almost no reviews now because the service is just started. I put my postcode as a test. I got 3 chefs around my area – paellas cooked by one of them looked delicious.

I am already a stay-at-home type, and if I can have even meals prepared by professional at home, I would never go out!!

Baroque 1620-1800 @ Victoria & Albert Museum

Baroque 1620-1800Baroque 1620-1800

Baroque 1620-1800: Style in the Age of Magnificence」は、ヴィクトリア&アルバート博物館の春の注目の展覧会だ。パリ・ローマで花開いたバロックは、世界に影響を与えた最初のスタイルで、ヨーロッパの帝国主義とローマ・カトリック教会の拡大によって、ヨーロッパをはじめ、植民地のラテン・アメリカ、アフリカ、南アジアに広まった。展覧会は、絵画、彫刻、建築、インテリア、庭園、宗教芸術等、現地文化と融合し、富と力の極端な象徴として作られた、バロックの様々な形態の作品を展示している。バロック形式がデザインされた、深紅の壁紙で装飾された薄暗い展示室は、きらびやかで華美な作品とマッチ、ミステリアスな雰囲気を醸し出し、まるで17世紀にタイムスリップしたかのような気分にさせてくれる。展覧会は2009年4月4日〜7月19日まで開催中。

Baroque 1620-1800: Style in the Age of Magnificence‘ is a Victoria & Albert Museum‘s major spring exhibition. Baroque, flourished in Paris and Rome, is the first global style which spread throughout Europe, colonial Latin America, Africa, and South Asia, in the period of expanding European empires and growing power of the Roman Catholic Church. The exhibition presents various works, which is extreme displays of wealth and power of the rulers, in the form of painting, sculpture to architecture, interior decoration, garden, religious arts and theater costumes, in local tastes of adapted countries. Deep red wall paper with Baroque design in the dark exhibition rooms matches to glittering and dramatic works and creates a mysterious mood, as if I was time-tripping to the 17 century. The exhibition runs from 4 April to 19 July, 2009.

Reblog this post [with Zemanta]