Tag Archives: Tea

Elegant Afternoon Tea @ The Langham Hotel

Oxford Circus(オックスフォード・サーカス)駅の北にあるThe Langham Hotel(ランガム・ホテル)で、アフタヌーン・ティーをした。ランガム・ホテルは150年の歴史を誇る5つ星ホテルで、2009年にリニューアルオープン。現在、香港に拠点を置くLangham Hotels International傘下にある。その顧客には、マーク・トウェインオスカー・ワイルドなど著名人が名を連ね、浜崎あゆみも宿泊したことがあるそう。

ランガムホテルは1865年に、ロンドンのホテルとして最初に、アフタヌーン・ティーを提供したとされる。アフタヌーンティーが頂ける「Palm Court(パームコート)」は、天井が高くて広々としており、エレガントにまとめられた内装は、高級感溢れるけれど堅苦しくなくて、居心地がいい。アフタヌーン・ティーの味には定評があり、UK Tea Council(イギリス紅茶協会)内のTea Guild(紅茶組合)により、2010年度Top London Afternoon Tea awardに選ばれた。メニューには30種類以上のお茶が並び、ティー・ソムリエがぴったりのブレンドを選ぶ手助けをしてくれる。私達は、ベーシックなWonderland Afternoon Tea(£38)と、フォアグラなど高級食材を使用した1ランク上のBijoux Afternoon Tea(£46)を注文。良い食材を使ったサンドイッチ、小さいながらも凝ったつくりのケーキ類、そして焼きたてのスコーンは、洗練されていて、さすがという感じ。カップが空になる前に紅茶を注いでくれるなど、きめ細やかなサービスも申し分なし。ボリュームがあり、お腹を空かせていったにも関わらず、食べきれなかったのが残念。できればお持ち帰りしたかった!

We had afternoon tea at the Langham Hotel, located on the north of Oxford Circus. The Langham is a five star hotel with over 150-year of history, and now part of Langham Hotels International based in Hong Kong. It recently underwent an extensive refurbishment, completed in April 2009. Its high profile clientele includes Mark Twain and Oscar Wilde, as well as Charlie Sheen who made headlines recently with his interview at Two and a Half Men.

The hotel claims to be the first London hotel to serve afternoon tea in 1865. The Palm Court offers afternoon tea, in its elegant but comfortable and spacious tearoom, and their reputed afternoon tea won the Tea Guild‘s Top London Afternoon Tea award 2010. There are more than 30 teas on its menu and a tea sommelier helps customers find the perfect blend. We got basic Wonderland Afternoon Tea (£38) and more upscale Bijoux Afternoon Tea (£46). Sandwich made with high quality ingredients, small but meticulous cakes, and freshly baked scones were all sophisticated and delicious, and deserve to the prestigious award, as well as pleasant and attentive service. Though each piece was small but quite large in volume overall, and I was so sad to leave some cakes and scones behind as I was absolutely full. I wish I could bring the leftover back home!

Enhanced by Zemanta

Department of Coffee and Social Affairs @ Leather Lane

宝石商が並ぶHatton Garden(ハットン・ガーデン)に平行するLeather Lane(レザー・レーン)に最近出来たカフェ、Department of Coffee and Social Affairs。直訳すれば「コーヒー及び社会問題省(部門)」という、堅苦しい役所めいた名前とは裏腹に、建築関係の金物屋であった建物を改装した店内は、広々としていて、黒の木製家具でシンプルにまとめられていてリラックスできる。未塗装の茶レンガ壁や、少し剥げた塗装、そして窓が茶紙で覆われていたりするところも、味があっていい。

Climpson & Sonsから仕入れたコーヒー豆やエスプレッソ・マシーンのフェラーリと言われるLa Marzocco(ラ・マルゾッコ)に、コーヒーへのこだわりが感じられる。ティーバッグじゃなく茶葉でいれる紅茶(紅茶の本場・イギリスでも通常ティーバッグを使う)を持ってきてくれる時、最適の抽出時間を教えてくれるのも気が利いてる。新鮮な材料と美味しいパンを使ったサンドイッチも美味しい。も超ナイスなスタッフは、注文時に、微妙に形やサイズの違う同種類のサンドイッチの中から、どれが欲しいかまで聞いてくれる。唯一の心残りは、ケーキが2種類しかなかったこと。その時、売り切れていただけなのかもしれないけれど。でもポルトガル風エッグタルトは美味しかった。

Department of Coffee and Social Affairs is a newly opened café on Leather Lane, parallel to London’s jewelry trade center Hatton Garden. This spacious café,  a renovated and remodelled architectural ironmongers, is simply decorated with wooden black furniture and quite laid-back, on contrary to its rigid name which sounds like a government department. Bare brown brick walls as well as worn-off wall paintings and a window covered with brown papers also gives nice and raw atmosphere.

You can see the café’s passion in coffee on their use of the espresso machine of Ferrari La Marzocco and coffee beans from quality roaster Climpson & Sons. It doesn’t mean that they don’t take tea seriously either – a cup of tea is served with loose tea leaves, not tea bags like at most cafés in UK, together with an advice of optimal brewing time. Their freshly made sandwiches are great, and a friendly staff even asked what I wanted among the same kind of sandwiches but slightly different in size and shape! One little disappointment was that they had only two kinds of cakes (though their Portuguese egg tart was delicious) – maybe just sold-out that time?

ローストビーフ・サンドイッチと、モッツァレラとトマトを挟んだフォッカッチャ・サンド/Roast beef sandwich and focaccia with mozzarella and tomato.

Enhanced by Zemanta

The East India Comapny @ Conduit Street

遠い昔、世界史で習った東インド会社が約135年ぶりに復活、2010年8月にロンドンのリージェント・ストリートに程近いConduit Street(コンデュイット・ストリート)に、初のストアをオープンさせた(BBC記事)。アジアとの貿易を目的に、エリザベス女王一世の勅命によって、1600に設立された東インド会社は、賛否両論はあれど、250年以上に渡って東方交易において勢力を誇り、軍事的にもインドの大半を牛耳ってきたが、1857年のインド大反乱により、その長い歴史を終えた。その後東インド会社は株式配当償還条例終了まで、イギリス政府の代理として細々と紅茶貿易などを続けたが、1874年に正式にその幕を閉じた。

復活とはいっても、2005年にインド人ビジネスマンがその名称を買い取り、高級食料品を売るブランドとして、再出発させたもの(→East India Company のウェブサイト。オンラインショッピングもできる)。先日書いたGrouponで、「期間限定ギフトボックス(£49.30)が£19.90」というdealを買ったので、そのピックアップと、クリスマス用ギフトの買い物をかねて、初めてそのお店に行ってみた。ロゴはオリジナルを使用、パッケージもインテリアもエキゾチックで高級感溢れ、なかなか洗練されている。扱う商品は、紅茶、チョコレート、コーヒー、ワイン、ジャム、マスタード、ビスケットなど。最高級の材料を使っているのが自慢だ。ギフトボックスやHamper(バスケットやカゴに入った詰め合わせ)などもあり、贈答やお土産にも喜ばれそう。トウガラシや胡椒、、マスタードなどのスパイスを加えてひねりを利かせた、チョコレートやビスケット、キャンディーも興味深い。試食もでき、「え、こんな組み合わせ?!」と思うものでも、意外と美味しかったりする。

でも家に帰って写真を撮ろうとしたら、£8するというギフトボックスの糊付けが甘くて、箱を開けた途端バリッという音が。。。中の詰め物も少なすぎて、箱の中で商品がぐちゃぐちゃ。チョコレート・ボックスも、箱についているバンドが弱く、紙袋の中で箱が開いてしまい、チョコレートが袋の中に散乱していた。デザインはいいんだけれど、詰めが甘い。改善を祈る。

Long time ago, I studied about the East India Company in my high school’s world history class. After 135 years, it is back – and opened its first store in August 2010, on Conduit Street near Regent Street in London.  This controversial Company was established in 1600 by the Royal Charter granted by Queen Elizabeth I, for the purpose for pursuing trade with the East. The Company had been a global trading power for over 250 years and had  maintained a big military presence in India, until the Indian Rebellion of 1857 which led it loose all its administrative powers. The Company continued to manage the tea trade on behalf of the British government until the East India Stock Dividend Redemption Act came into effect on 1 January 1874, and the Company was dissolved under the terms.

In 2005, the company was purchased by an Indian-born businessman and started its business, focused on luxury food products (→the East India Company store website. you can shop online as well). I purchased “£19.90 for a Limited Edition Festive Gift Box (£49.30)” deal at Groupon (I wrote few days ago) , so I visited the London store for the first time to pick up the box and to buy some Christmas gifts. Its interior and packages are exotic and gorgeous. The store sells tea, chocolate, coffee, wines, jams, mustard and biscuits, as well as a range of gift boxes, hampers and trunks. Their products use highest quality ingredients, and some of its unconventional use of exotic spices such as chilli, nutmeg, peppercorn and mustard for biscuits and chocolates, is quite intriguing. There are some sample, so no risk of regret your purchase after you come back home and have a bite. Some combination may sound quite strange, but be open-minded and try something different – some are surprisingly tasty.

One set-back, though, is the quality of its package. When I opened the £8-worth gift box, it made crunchy noise and the glue came off… There is not much stuffing and products inside displaced all over the box. Bands of two chocolate boxes are loose, and the boxes opened and all the chocolate came out, scattered inside the shopping bag. The design is very sophisticated, but the package must be improved to secure all the contents stay in its place!

購入した商品。ギフトボックス(真ん中左下の青いラベルのクッキーは別売り)とチョコレートの詰め合わせ2箱(紙袋の中に散乱していたものを綺麗に入れ直した)。見にくいけれど、ライオンがデザインされた金色の紋章を配した紙袋も素敵。

Our purchase of the day: Limited Edition Festive Gift Box (biscuits, on the bottom left with blue and white package, sold separately) and two chocolate boxes (I put all the chocolates nicely, picking them up from the shopping bag). You may not see well, but the shopping bag has gold emblem with a lion motif.

Enhanced by Zemanta

Towpath Café: a pit stop for cyclists and pedestrians @ Regent’s Canal, Hackney

ハックニー区内にあるDe Beauvoir Town(ディ・ボーヴォワール・タウン)のRegent’s Canal(リージェンツ運河)沿いに最近オープンしたカフェ「Towpath」。Towpathとは、昔、馬が平底の荷船(barge)を引く(tow)ために、川や運河に沿って作られた小道。今は、馬ではなく、散歩やジョギングする人たちや自転車通勤・通学する人たちで賑わっている。このTowpathは、開店早々、運河を行き交う人たちが一休みする場所として人気で、今日のような天気のいい日等は日向ぼっこする人たちでいっぱい。小さなお店だけれど、朝食、簡単なランチも出来る(メニューはカウンターの横の看板に書かれている)。椅子やテーブル、そしてアンティーク風のお皿も可愛い。これからの季節にぴったりのカフェだけれど、雨の日や寒くて天気の悪い冬はどうするんだろう?と人ごとながら心配になったりする。

Towpath is a newly opened café along the Regent’s Canal in De Beauvoir Town, Hackney. Towpath is a path beside a river or canal, originally used as a pathway for horses towing barges. Now the towpath is crowded with not horse but cyclists, people taking a walk, and joggers. This small café is already popular among them for a little break during their trip, and is quite busy on a nice sunny day like today. You can have a breakfast and light lunch, as well as cakes and desserts with nice cup of tea or coffee – check the menu on a blackboard. Their tables and chairs are cute, and antique dishes are quite nice. Towpath is a perfect café for coming pleasant spring and summer days, but how do they make a business on a rainy day or during cold and depressing British winter??

グリルしたチェダーチーズとマルメロとチリのジャムのサンドイッチ、クッキーの添えられた、柔らかいチーズケーキのような味のレモンのプディング(イギリスではケーキ類・デザートをプディングと呼ぶ)、そして。フィレンツェの有名焙煎店・Piansaのコーヒー豆を使ったカプチーノ。

Grilled cheese sandwich made with Montgomery’s cheddar and came with an quince-and-chilli jelly with the consistency of honey, simple lemon pudding (pudding=any desert in British English) which tastes like soft cheese cake, and cappuccino made with coffee beans imported from famous Piansa roastery in Florence.

Reblog this post [with Zemanta]

Kensington Palace & Orangery

先日、入場券を2枚持っていた友人にご招待いただいて、ケンジントン宮殿に行ってきた。この日は風は少しあったけれど、春らしい日差しの気持ちの良い日で、宮殿も心なしかいつもより綺麗に見えた。ロンドンは天気が悪いととても陰鬱な感じのだが、お天気だと打って変わって魅力的に見えるから面白い。

ケンジントン・ガーデンズ内にあるケンジントン宮殿は、17世紀からイギリス王室の居住地となっていて、生前のダイアナ妃が新婚時から離婚し、若くして事故で亡くなるまで、ここに住んでいたことで知られている。今は、グロスター公爵リチャードケント公爵息マイケル王子夫妻など、王位継承権とはほど遠いマイナーな王族が住んでいて、ハリー王子の非公式の住居にもなっている。現在、2012年完成を目処に、1200万ポンドをかけた改修工事が行われており、敷地内は、所々掘り起こされていたり、植物の植えられていない更地があったりする。

宮殿の一部は一般公開されており、今年3月26日から2012年6月30日まで、Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)や William Tempestなど、トップ・ファッションデザイナーたちの作品をインスタレーションした「Enchanted Palace」展を開催している。各部屋には、デザイナーたちが制作したドレスや帽子を使ったアート作品やインタラクティブアートが設置され、音響効果とともに、以前その部屋に住んでいた王族のメンバーにまつわるストーリーを物語る。入口では地図と部屋の案内、そして鉛筆を渡され、各部屋をまわりながら、その部屋にゆかりのある7人のプリンセス(王女)の名前を探して、書き込んでいくと言うゲームつき。思い描いていた伝統的な装飾品や家具、衣装の展示等は、不可思議なアート作品に隠れてあんまり見れず。学校のイースター・ホリデー中だったので、小さな子供たちがあちこちにうろうろしていて、宮殿というより、ディズニーランドの魔法の館といった趣。通常の入場料£13.75を払ってまで見たいと思わないけれども、現在も使われている宮殿の一部を見れたのはいい経験だった。イギリスのプリンセスたちに関する知識も増えたしね。

Last week, I visited the Kensington Palace with my friend who had two tickets and offered me one of them. It was a bit windy but pleasant day with warm spring sun, which made the palace look more magnificent than normal. London can be quite depressive when it is cloudy or rainy, but interestingly it looks beautiful when it is sunny.

The Kensington Palace has been a residence of the British Royal Family since the 17th century. It was the official residence of Diana, Princess of Wales since her marriage to Charles, Prince of Wales, even after her divorce until her accidental death in 1997. Now it is the official residence of less known members of the Royal family (The Duke and Duchess of Gloucester; the Duke and Duchess of Kent; and Prince and Princess Michael of Kent), but also used on an unofficial basis by Prince Harry. Currently the palace has been under £12 million renovation project that aims to complete by 2012, and I saw some grounds without plants and grass or some rough areas around the palace buidling.

Some rooms inside the palace are open to the public, and the palace currently hosts a temporary exhibition “The Enchanted Palace” (26 March 2010 to 30 June 2012), featuring the work of top fashion designers such as Vivienne Westwood, William Tempest and Stephen Jones. Each room tells a story about one of its former Royal residents, complete with sound effects, interactive exhibits and quirky artworks. A visitor is given a map with information of the rooms and a pencil, and looks for a name of seven princesses who used to live in the palace, while walking through the rooms. I expected to see the Royal palace with traditional and glorious decoration and furniture, but all these are hidden behind weird installations. It was during the school Easter holidays and small kids were all over the place, and the palace looked like the Magic Kingdom in the Disneyland, rather than the Royal palace. Though I am not sure if it worths an adult admission of £13.75, but it was a good experience to visit the Royal palace which is still in use. I also learned more about British princesses.

宮殿のゲートのデザインをあしらった、オリジナルのお土産類。丸い缶に入ったビスケット類は各£3.99、板チョコは£2.99。紙袋もクラシックな壁紙デザインで素敵。

Original souvenirs, with the design of the Palace gate. £3.99 for biscuits in a can, and £2.99 for a chocolate bar. The classic wallpaper design on the bags is also quite nice.

宮殿見学の後は、敷地内にあるOrangeryでお茶。1705年にアン女王の命により建設されたOrangery(オランジェリー:オレンジの木を栽培する温室)では、朝食ランチ、ケーキ類のほか、アフタヌーン・ティー(£14.85〜£33.75。2010年4月19日現在)が気軽に楽しめる。また紅茶類も豊富で、フレーバーを決めるのに迷ってしまう(ティーバッグとルーズリーフがあるので、こだわりのある方はメニューをチェックして)。温室だっただけあって、天井が高く陽当たりが良くて、とても気持ちがいい。天気がいい日は外にもテーブルが並ぶ。前に広がるお庭も、綺麗に手入れされている。

After visiting the palace, we had a cup of tea at the Orangery, which Queen Anne built in the grounds of Kensington Palace in 1705. You can enjoy afternoon tea (£14.85〜£33.75) as well as breakfastlunch, and cakes. The Orangery also offers one of the finest tea selections in London with over ten different flavours to enjoy. Sitting in this former greenhouse with high ceiling and nice sunshine coming through large windows is quite nice and relaxing. On a sunny day, it is a good idea to get a table outside, overlooking a peaceful garden.

Reblog this post [with Zemanta]