Tag Archives: technology

British Design 1948–2012: Innovation in the Modern Age @ V&A

「Austerity Games(緊縮オリンピック)」と呼ばれた第二次世界大戦後直後の1948年ロンドンオリンピックから再びロンドンでオリンピックが開催される2012年まで、約60年間のイギリスのデザイン300点以上を集めた、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館の目玉展「British Design 1948–2012: Innovation in the Modern Age」が、3月31日から始まった(オリンピック最終日と同じ、8月12日に終了予定)。

展覧会は、「tension between tradition and modernity(伝統と近代性の葛藤)」「subversion in British culture(イギリス文化における破壊)」 「design innovation and creativity(デザインの革新と創造)」の、3つのテーマに分かれている。戦後のイギリス・デザインは、戦争の痛手からの再生に始まる。急進的な未来のビジョンを提示した1951年のFestival of Britainや、イギリスの伝統的価値を世界に見せた1953年のエリザベス女王の戴冠式が同じ時期に行われという、伝統と現代性が共存した時代を経て、1960〜70年代にデザインにおける「革命」が始まる。スウィンギング・ロンドンパンクが興り、ファッション、音楽、インテリア、映画など様々な分野で新しく台頭したデザイナーたちが、イギリス文化を根底から変え、その流れが1990年のCool Britannia(クール・ブリタニア)で結実した。また、産業デザインやテクノロジーのパイオニアであったイギリスのデザインが、過去半世紀の間に、伝統的製造業から、金融、小売、クリエーティブ産業など革新的な分野に舵を切ったことも見て取れる。

シンプルだけれど印象に残る交通標識、キッチュな家具や壁紙、パンクミュージックのレコードカバー、奇天烈なファッション、ミニクーパー、コンコルド、モダン建築の模型、果ては90年代以降のイギリス・アート界の寵児、ダミアン・ハーストの作品まで、有名なイギリスのモダンデザインがここに勢揃いしている。何でもありでまとまりがなく、各デザインの説明が簡単すぎるのが短所だけれど、デザインを通じて過去約60年間のイギリス社会の急激な変化と変遷が一目で分かる。イギリス人のみならず外国人でも楽しめる展覧会だと思う。

写真参照サイト:Financial Times / Mirror

British Design 1948–2012: Innovation in the Modern Age” is a new exhibition of Victoria & Albert Museum, showing over 300 British post-war designs over 60 years, from 1948 ‘Austerity Games’ to 2012 London Olympics (Mar 31 – Aug 12: the same day of the last day the Olympics).

The show explores three themes: the tension between tradition and modernity; the subversion in British culture; and design innovation and creativity. Post-war British designs started as reconstruction from the devastated war, embracing both progressive view of the future, presented at the Festival of Britain in 1951, and the traditional values shown at the Coronation of Queen Elizabeth II in 1953. Then revolution in design occurred in 1960s–70s; new talents in fashion, music, interiors and film, manifested in such as ‘Swinging London’ and Punk, transformed the cultural landscape in UK, which has led to ‘Cool Britannia’ in the 90s. The show also explains the change in British design culture which was a pioneer of industrial design and technology, from traditional manufacturing to innovative financial, retail and creative services over the last half century.

Simple but well-designed traffic signs, kitsch furniture and wallpapers, Punk record jackets, eccentric clothing, Mini, Concorde, architectural models, and even works by Damien Hirst of YBA – popular post-war British designs are all there. Although the exhibition looks a bit chaotic and doesn’t show us each design in depth, it is still exciting, not only for British but also for foreigners as well. Through designs in different areas, “British Design 1948–2012” gives us a glimpse of rapid transition and transformation of British society since the WWII.

See more photos:Financial Times / Mirror

Advertisements

Range Rover Evoque Wireframe @ N1 Shopping Centre, Islington

エンジェルにあるショッピング・センター、N1 Shopping Centreに設置された、ショッキングピンクの、新型レンジ・ローバーEvoque(イヴォーク)実物大ワイヤー・フレーム模型(→イヴォークのブログ)。季節柄、最初はクリスマスのデコレーションかと思った。

I found this shocking pink full-scale wireframe model of the new Range Rover Evoque at the N1 Shopping Centre in Angel, Islington (→Evoque’s blog). I thought it was a sort of Christmas decoration at first.

パリで行われたモーターショー2010でのイヴォーク一般公開を記念し、レンジ・ローバーとパリジャン・アーティスト4人がコラボ。ワイヤー・フレームを元に、各々、イヴォークの4つのコンセプト「sustainability, luxury, design and technology(持続可能性、高級、デザイン、テクノロジー)」をイメージして創られた、アート・インスタレーションがパリ市内4カ所で展示された。参加アーティストの一人、ファッション・デザイナーのジャンシャルル・ド・カステルバジャック(Jean-Charles de Castelbajac)は、luxuryをテーマにした作品を作製(写真はこちら)。

Range Rover has collaborated with four Parisian artists to celebrate the new compact city car, which debuted at Paris Motor Show 2010. Each artist was briefed to create art installations based on the wire frame of the Evoque, and these designs were created around the four key attributes of the car; sustainability, luxury, design and technology. One of the participated artists, fashion designer Jean-Charles de Castelbajac made an installation based on the theme “luxury” (here for photos).

Vodpod videos no longer available.

Enhanced by Zemanta

Old Street: UK’s Hopeful “Silicon Roundabout”

数日前、ロンドンに帰ってきたら、デービッド・キャメロン首相が、オールド・ストリートから2012年オリンピック会場予定地までの東部ロンドンを、テクノロジー産業が集まるイギリスの「シリコン・バレー」にするという、「East London Tech City」計画を発表したとのニュースが、マスコミを賑わせていた(Independent記事)。グーグル、フェースブック、インテルなど大手ハイテク企業が、多くのITベンチャーが集まるオールド・ストリートやショーディッチ地区の小規模ビジネスに投資する事を表明しており、キャメロン首相はイギリスを、革新的なテクノロジー企業の設立・出資に、世界で最も魅力的な場所にすると息巻いている。その目標達成のために、移民数制限を押し進める現政権の政策とは対象的に、外国人起業家を受け入れるアメリカ式の投資ビザの創設や、インターネット時代に対応するための著作権法を見直しの約束した(BBC記事)。

今あの環状交差路は、シリコン・バレーをもじって、「Silicon Roundabout (シリコン・ラウンドアバウト)」と呼ばれているそうだ。確かに、クリエイターが多い地域とは知っていたけれど、交通量が多くてチープな店に囲まれた、殺風景でお世辞も魅力的とは言えないオールド・ストリートの環状交差路(roundabout)が、輝かしい将来を約束するテクノロジー産業の中心地だとは、少し驚き。真ん中の古びたアーチ型のオブジェも先進的とは言いがたいし、あの薄汚くて少し気味の悪い地下鉄オールド・ストリート駅も、イメージチェンジしてほしいところだ。

When we came back to London few days ago, media excitedly reported that Prime Minister David Cameron announced “East London Tech City” plan to transform London’s East End, an area between Old Street and 2012 Olympic Park, into a British version of “Silicon Valley” and leading technology hub in the world (Independent article). High tech companies such as Google, Facebook and Intel are said to invest in new small firms in the Old Street and Shoreditch areas where many creative firms are located. The Prime Minister boasted that he would make Britain “the most attractive place in the world to start and invest in innovative technology companies”. In order to achieve his goal, the Government will create US-style visas for foreign entrepreneurs who start businesses in the UK, on a contrary to the Tory’s policies to curb growing immigration, and review copyright laws to fit for the internet age (BBC article).

The Old Street roundabout is now called “Silicon Roundabout” – I knew that Old Street is a creative area, but I can’t believe that the ugly and shabby rotary with heavy traffic, surrounded by cheap stores, is the bright future of technology industry in the UK!! Also the 80’s style arch-shaped sculpture in the middle doesn’t really represent high-tech, and dirty and scary-looking Old Street tube station need to have a major make-over to look more “high-tech”.

そのシリコン・ラウンドアバウトの一角に、英カフェ・チェーンのEat.がつい最近オープンした。最近出来たガラス張りのビルの1階に陣取るEat.は、側面が全面ガラス張りで、天気のいい日は気持ちがいい(でもこの季節、太陽を拝める日は少ないけれど)。また、環状交差路を流れる車や、せわしなく行き交う人々をぼーっと眺めるのにも最適。インテリアもクリエイターの多いこのエリアにふさわしく、シックでモダンな感じ。ただ、Mによると、エスプレッソは他のチェーン同様、今イチみたいだけれどね。

Facing this famous rotary, UK café chain Eat. opened its new branch quite recently. Sitting on the ground floor of the newly constructed building, Eat. is spacious and has large floor-to-ceiling glass windows that we can enjoy plenty of sun light when it’s sunny (but unfortunately, we don’t see much sun around this season). It is also perfect spot to watch constantly flowing traffic and people passing by at this busy intersection. Its interior is modern and chic, which is suitable for this creative area. But the problem is, as the same in other chain cafés, their below-standard espresso – for M.

Enhanced by Zemanta

Decode: Digital Design Sensations @ V&A

ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)で8日から始まった、Decode: Digital Design Sensations(〜2010年4月11日)。デジタルアーツ複合組織で、クロスメディアの製作会社であるonedotzero(ワン・ドット・ゼロ)と共同企画された「Decode(解読)」は、Daniel Brown(ダニエル・ブラウン)、 Golan Levinゴラン・レヴィン)、 Daniel Rozin(ダニエル・ローズィン)、 Troika(トロイカ)、 Karsten Schmidtカーステン・シュミット)など、国際的に有名なアーティストやデザイナーの、小さなスクリーンのグラフィック作品から大規模なインタラクティブ・インスタレーションまで、最新のデジタルアートやインタラクティブ・デザインを展示。作品は、コンピュータのコードを使って創り出された「Code(コード)」、ビジターの動きや仕草に反応して変化する「Interactivity(インタラクティブな双方向的コミュニケーション)」、そして最新のテクノロジーや日常生活のコミュニケーションで使われるネットワークシステム(インターネットやメール等)を利用した「Network(ネットワーク)」の3つのテーマに分かれている。

現代のテクノロジーを駆使した作品を集めたこの「Decode」は、先週のオープンした何百年も前の美術品のコレクションであるMedieval & Renaissance Galleriesと対照的だ。まあ好き嫌いはあるとしても、私は結構好き。「Network」の作品はずっと見ていたら頭がクラクラしそうなものもあるし、「Code」はカラフルすぎたり、コンピュータオタクが気合い入れて作りました的な作品が多いけれど(でもTroikaDigital Zoetrope/デジタル式回転のぞき絵は好き)、「Interactivity」の作品はかなり楽しめる。大の大人が前で飛んだり跳ねたり、カメラの前で変な顔をしたり、人を見ているだけでも面白い。私のお気に入りは、前にいる人のシルエットが映るダニエル・ローズィンの「Weave Mirror(編まれた鏡)」(後ろついているたくさんのワイヤも見えるようになっている)や、先っぽについた電球が花のように見えるDaan Roosegaardeダーン・ローズガールデ)の「Duneです

New exhibition of Victoria & Albert Museum, Decode: Digital Design Sensations (Dec 8.09 – Apr 11.10). Curated in collaboration with leading digital arts organization onedotzero, Decode displays the latest developments in digital art and interactive design, from small screen graphics to large-scale interactive installations, by prominent international artists and designers such as Daniel Brown, Golan Levin, Daniel Rozin, Troika and Karsten Schmidt. The exhibition explores three themes: Code presents pieces that use computer code to create new designs; Interactivity shows works that are directly influenced by the viewer and visitors can interact with the displays; and Network focuses on works made by means of advanced technologies and ‘networks’, everyday communications such as internet and e-mails.

This exhibition which is dedicated to modern technology makes a big contrast with last week’s opening of new Medieval & Renaissance Galleries. You may like or not, I was quite impressed: some works in the Network section made me dizzy with lines, dots and stuffs, and the Code themed pieces were too colorful and geeky (Digital Zoetrope by Troika is pretty cool, though), but the Interactivity part was pretty fun. I also enjoyed looking at grown-up adults jumping up and down or making funny face in front of the camera. My favorite works are Weave Mirror by Daniel Rozin; silhouettes of the people in front of it reflects on weaved shiny plates – you can see hundreds of wires on the back of it,  and Dune by Daan Roosegaarde, which looks like a lot of flowers gleaming in the dark – very superb.

Vodpod videos no longer available.

Reblog this post [with Zemanta]

TomTom GO 730: portable GPS car navigation system

TomTom GO 730Halfords

今日、来週のコッツウォルズ旅行のために買った、ポータブル・カーナビTomTom GO 730が届いた。地図を読むのは得意な方だが、時に迷ってMと大げんかしたことが多々あるので、それを教訓に、今回の旅行前に買う事にした。オランダに本社を置くTom Tomは、ヨーロッパにおけるカーナビ市場のトップ企業である。イギリスのテクノロジー雑誌T3(オンライン)の評価を元に、評価が高く、コンパクトで音声操作のできるTomTomに決めた。そしてネットで値段・特典を比較、イギリスの車部品・アクセサリー、自転車販売会社の大手、Halfordsのオンラインストアで注文。Halfordsは、TomTomのカーナビに割引コードを使うと£30.00オフ、また2年間無料の地図の更新ができるクーポン+無料のケース付き(手違いでケースは今日届かなかったけれど)とお買い得だった。時間はかかるけれど、ネットで根気よく調べると、色々割引や特典が見つかるものですね。

We got a brand-new TomTom GO 730 Sat Nav for our trip to Cottswalds next week. Tom Tom is a Dutch manufacturer of automotive navigation systems and is the leading manufacturer of navigation systems in Europe. Although I believe that I am good at reading a map, but I got a lesson from previous trips, since we sometimes got  lost with the directions and thereforewe made lots of fights, so we decided to buy a sat nav. We also checked T3 (UK-based technology magazine which specialises in gadgets, gizmos, and other technology) online review, and chose Tom Tom, because of its ‘voice address input’ features and its compact size, and overall high reviews. Then we checked the price comparison sites, and bought it from Halfords online shop, a British leading retailer of car parts, car enhancements and bicycles. Halfords had a promotional code for TomTom sat nav for £30.00 off, and came with 2 years free map update service + free case (though it didn’t come today with the same delivery by their mistake). Although it is back-breaking and time consuming, the internet is great to look for information and discounts!

Reblog this post [with Zemanta]