Tag Archives: Tesco

Harris + Hoole Coffee Shop @ Cannon Street, City of London

Taylor Street Baristasで成功を収めたオーストラリア人兄妹3人の手による、お洒落なコーヒーショップチェーン・Harris + Hoole。2012年に創業し、現在主にロンドンに14店舗を展開し、年末までに14店を新規開店する予定と、急成長を遂げている(Evening Standard記事)。しかし、「家族経営」を自称するHarris + Hooleの株式の49%をテスコが保有していると報道された後は、独立系コーヒーチェーンだと思ってたのに騙されたと批判を浴びているという。今年3月にロンドンブリッジ駅近くのテスコにHarris + Hoole第一号店をオープンさせたテスコは、今後も自店舗内にコーヒーショップを展開していく予定。

一般的に、イギリスメディアは大企業やチェーンに批判的で、家族経営や小規模ビジネスを賞賛するきらいがある。ネットでHarris + Hooleを検索すると、テスコとの関係に重点を置く記事がたくさん出てくる。でもその割にイギリスの街はチェーンだらけで、どの街も特徴がなく似たり寄ったり。便利だし安いし、好きか嫌いかは別として、結局人々はチェーン店で買い物する。Harris + Hooleを欺瞞的だという人もいるが、積極的にテスコとの関係を明かさなかったことは別として、大手企業の財政的援助で、美味しいコーヒーをより多くの人に届ける夢を叶えることの何が悪いのか?今まで、近所で不味いコーヒーにしかありつけなかった人たちも手軽に美味しいコーヒーが飲めるようになるなら、お客さんにとっても喜ばしいことだと思う。

私自身は、テスコがHarris + Hooleの約半分を所有すること自体は気にならない。ただ、彼らの食べ物と自慢のコーヒーが別段美味しい訳じゃないことが、わざわざ足を伸ばそうと思えない理由。店の規模が大きくなって、支店を多く持つようになると、従業員全員をちゃんと訓練して、店のスタンダードを落とさないことって難しいんだなと痛感する。

This sleek coffee shop chain, Harris + Hoole, is created by Australian brothers and a sister after their success in Taylor Street Baristas. Founded in 2012, Harris + Hoole now has 14 outlets in London and a few outside, and plans to open an additional 14 in central London before the end of this year (Evening Standard article). However, media and people attack the chain as disguising themselves as “family affair” with independent look (see their website), after it was reported that Tesco owns 49% of its share. After its first outlet of Harris + Hoole is introduced at the Tesco Metro near London Bridge station this March, Tesco is planning to open more inside of their stores.

In general, British media like to insist that they don’t like big corporations and care about small business, and you can find dozens of articles related to the connection between Harris + Hoole and ‘evil’ Tesco. On contrary to the media appraisal of small shops, British high streets are filled with chains, bigger or smaller, and people shop at the chains anyways, because it is more practical and often cheaper. It is like love & hate. Some people call Harris + Hoole as hypocritical, but they use Tesco’s money to achieve their dreams to bring good coffee to many, and people who are fed up with bad coffee from ‘small shop’ nearby would benefit as well. So what’s wrong with that, except the fact that they don’t clearly state that they get some help from Tesco.

The fact that Harris + Hoole is half owned by Tesco doesn’t bother me. The problem is their food (we ordered sandwiches and soups) and their ‘artisan’ coffee, which was just average and not really great. I guess training their employees to keep up the standard is harder than I thought.

“Hokusai Tsunami print for Japan” Charity Print by Pure Evil

ポップ/ゴシック・グラフィティ・アーティストを自称するPure Evilが、自身のオンラインショップで、葛飾北斎の「富嶽三十六景波裏」をモチーフにした「Hokusai Tsunami print for Japan」というチャリティー・プリントを販売、日本赤十字社への寄付を募っている。

Pure Evilは、前にグラフィティの事を書いた時に何度か触れた(参考12)、家の近所にある、不動産開発業者Londonnewcastleが持つアート&パフォーマンス・スペース、Londonnewcastle Depotの壁に、MURDER MILEうさぎ?のグラフィティを描いている(今は他のグラフィティに取って代わった)。

Pop/gothic graffiti artist, Pure Evil sells a charity print “Hokusai Tsunami print for Japan“, inspired by Japanese ukiyo-e artist Hokusai‘s The Great Wave off Kanagawa, to raise money for the Japanese Red Cross to be distributed directly among the earthquake and tsunami affected Japanese population.

Pure Evil left some graffiti such as MURDER MILE and colorful bunnies (I am not sure the title) on the wall of nearby art & performance space Londonnewcastle Depot, owned by a developer Londonnewcastle, which I mentioned in my past entries (12). Two of the graffiti are gone now, taken over by the new work just finished recently.

↓ 今日の支援情報

↓ Today’s Charity Information

Vodpod videos no longer available.

* In case you are willing to contact affected local governments and help them directly, here are their contact information.

Donating to the Ibaraki Prefectural Disaster Recovery Fund
Ibaraki Prefecture donations contact information:
Phone 81-29-301-2862
Email kokuko@pref.ibaraki.Ig.jp

Fukushima Prefecture International Affairs Division web site
International Affairs Division, Fukushima Prefectural Government
2-16 Sugitsumacho,
Fukushima City, Fukushima Prefecture, Japan 960-8670
Phone: 81-024-521-7182
Email kokusai@pref.fukushima.jp

Miyagi Prefecture web English information
Government International Affairs Division
3-8-1 Honcho Aoba-ku,
Sendai, Miyagi 980-8570
Phone: 81-022-211-2972
Email kokusai@pref.miyagi.jp

Iwate Prefecture Culture and International Relations Division
Iwate Prefectural Government
10-1 Uchimaru, Morioka, Iwate, JAPAN
Phone 81-19-629-5336
Email FA0042@pref.iwate.jp

Graffitis in My Neighborhood

アーティストたちが多く住むイーストロンドンのハックニー区にある我が家の近くには、グラフィティアート(ストリートアート)がそこかしこで見られる。有名なところでは、ステンシルを使った作品で世界的に知られるストリートアーティスト、バンクシーの「Hoodie」(フード付きスウェットを着た男:イギリスでは不良の代名詞)(写真上)。Shepherdess Walk(シェファーデス・ウォーク)を北上、Regent’s Canal(リージェンツ・カナル)にかかる橋の下にある。またバンクシー作品では、Essex Road(エセックス・ロード)にある薬局の壁に描かれた、テスコのレジ袋を国旗のように掲げて皮肉った「Pledge Your Allegiance / Very Little Helps」(忠誠の誓い/あまりためにならない(テスコのスローガン「Every Little Helps」をもじった)もある。クラーケンウェル(Clerkenwell)にある、Mが愛車のベスパを買ったバイクショップの壁面に描かれていた、時価30万ポンドの「Old Skool」は、たった£1,000で匿名のドイツ人に売られたとニュースで知った。その話をした時に、ショップのオーナーは、「購入者も壁をはがすのに大金がかかったし、誰でも持ってってくれたら良かったんだよ」と笑っていた。欲のない人だ。そのドイツ人は業者を雇い、6週間もかけて壁をはがして、持ち帰ったそうだ。

There are Graffitis here and there in our neighborhood in Hackney, East London, where many artists live. One of the famous one is “Hoodie” (photo above) by famous British graffiti artist Banksy who uses stencils to create his works. You can find it under the bridge over the Regent’s Canal, on the North of the Shepherdess Walk. Another one of Banksy’s work nearby is “Pledge Your Allegiance / Very Little Helps” on the wall of a pharmacy on Essex Road, with two children pledging allegiance to supermarket giant Tesco (the title is a parody of Tesco’s slogan, “Every Little Helps”).  “Old Skool“, worth £300,000, drawn on the wall of a motorcycle shop in Clerkenwell, where M bought his Vespa, was sold it to an anonymous German buyer for only £1,000. When we talked about it with the owner of the shop, he smiled and said “I am glad someone took the painting anyway, and he paid a lots of money for its removal, so it’s fine.” He was not greedy at all! The German hired Wall Paintings Workshop and it took 6 weeks for them to remove the painting.

一番近いのは、Prestwood Street(プレストウッド・ストリート)にある、オーストラリア生まれ・ベルリン在住のChristopher Charlie Isoeの作品(写真上)。マフィアのような男性の顔の上に、ピエロのようなメイクを施している。

The closest graffiti is Australian-born and Berlin-based Christopher Charlie Isoe‘s work on the Prestwood Street – a painting of a Mafioso-look guy with make-up of a clown on the top of his face.

二番目に近いグラフィティ(写真上)。元々はRentokil(レントキル・英ビジネスサービス企業。日本ではカルミックと提携)の事務所だった建物の壁にかかれた、アメリカ人アーティスト、David Choeの作品(敷地内の他の作品:)。つい最近、彼が作品を制作している最中に通りがかったのだけれど、その時はカメラを持っていなくて写真を撮れなかった。彼のブログによると、2日かけて完成させたそう。今日通りかかった時に、ちょうど門の鍵が開いていたので、写真撮影に成功。この前には、ネズミの顔をした、黒の制服を来た警察官(?)が描かれていた(作者不明)。私は前の方が好きだな。写真を撮っておくんだった。

The second closest from us is on the wall of former-Rentokil building, painted by American artist David Choe (photo above. Other works in the same place 1/2). I passed by when he was working on it but I didn’t have my camera that day, but I was lucky today that the gate was open (usually locked) and had my camera with me. He took 2 days to finish the work, according to his blog. Before Choe’s work, there was a painting of 2 rat-face men in black (police?) uniform – I couldn’t find who did it. I prefer the previous work – I should have taken a photo of it.

私は基本的にグラフィティはあんまり好きじゃない。タギングとか、落書きや文字が書いてあるものはどれも似たり寄ったりで個性がないし、なんだかラフすぎて、ティーンエイジャー向けという感じ。でもその中では、元祖ステンシルアーティストのBlek the ratやバンクシーの作品は好き。バンクシーは時に政治メッセージが強すぎると思うけれど。また、Pizza EastAlbionの近く、Redchurch Street(レッドチャーチ・ストリート)とClub Row(クラブ・ロウ)の角にある、ベルギー人アーティスト・Roaのリスのグラフィティ(写真下)もいい。Roaは、動物の絵をよく描いているようだけれど、同じRedchurch Streetにある豚2匹の顔はちょっと怖い。。。

To be honest, I don’t like graffiti much in general. It tends to be too busy and too much colors, and more or less it looks all the same (especially the writing). It looks too rough and edgy, and is for teenagers to me. However, I kind of like Stencils, such as the works of French Blek the rat, the godfather of stencil graffiti art, and Banksy, though I don’t like his tendency to be too political.  I also like Belgian artist Roa‘s ‘Squirrel’ (photo below), at the corner of Redchurch street and Club Row, near Pizza East and Albion. Roa seems to like to paint animals, but some of them look a bit scary, like the two pigs on top of each other on the same Redchurch street.

グラフィティは、立派なアートだと言う人もいるけれど、無許可であればそれは当然、違法行為。カウンシル(区役所)は、市民からの通報を受け付けていて、通報があれば、48時間以内に調査の上、カウンシル所有の建物に描かれたグラフィティで、不適切なものは24時間以内に、その他のものは14日以内に消去される(ハックニー区の場合)。あのバンクシーの作品の中にも消されたものがいくつかある。カウンシルも必要経費購入者もちで希望者に売って、それを区の財源にすればいいのにね。

Some say graffiti is an art, but if it is done without permission, obviously it is illegal. Borough Councils accept a report of illegal graffiti from public. Once reported, all reports of graffiti will be investigated within 48 hours, and offensive graffiti on buildings owned and run by the Council will be removed within 24 hours of a report being received, and non-offensive graffiti will be removed within 14 days (Borough of Hackney‘s case). Even some of Banksy’s works were erased or painted over due to its illegality – maybe the Councils should sell the graffitis, with removal on buyer’s expense, and get extra money to use for the community’s sake.

Reblog this post [with Zemanta]

‘Open London’ – toilets for everyone!

 

source: thelondonpaper.com

source: thelondonpaper.com

public toilte

昨日3月18日、ボリス・ジョンソン ロンドン市長が、「The Open London Scheme」を発表した。これは、ロンドンにおいて、1999年より公衆トイレが40%減少したことを受けて、市長の公約である「ロンドンの生活の質の向上」計画の一環。大手チェーンのテスコセインズベリーマークス&スペンサー(以上スーパー)、ジョン・ルイス(デパート)、アメリカ資本のボーダース(書店)がさっそく賛同した。参加各社は、自店の開店時間中、何も買わなくても、トイレを誰にでも開放する。

ロンドンには、日本のように、行きたい!と思った時に、なかなかトイレがない。全ての地下鉄の駅にあるわけではないし(トイレのある駅のリストはここをクリック)。ファーストフード店でも、あるところとないところがあるし(スタバにはあるけれど、サンドイッチチェーンのEat.Pret a Mangerにはないと思う)、あっても基本的にそのお店の客用だし、たいてい一番奥の方にあるので、使うのに後ろめたさを感じる。公衆トイレ(上の写真はコイン式の公衆トイレで、20ペンス入れると20分まで使える)もどこにあるわけではないので、この計画は大歓迎だ。市長も、他の会社もこの計画に参加することを奨励しているので、ロンドンのトイレ事情が改善するかもしれない。詳しいロンドンの公衆トイレ情報はこのサイトをご参照ください。

ちなみに私のロンドン中心のお薦めのトイレは、ソーホーにあるPrinciとリージェント・ストリートのアップル・ストア。特にPrinciのトイレはスタイリッシュで、ハンドソープも高品質のものを使っているし、中の香りも良い。2店とも、トイレがある事を知らない人が多いので混んでないし、店内はいつも込み合っているので、トイレに行く時も目立たない。

Yesterday on March 18th, the London mayor Boris Johnson announcedThe Open London Scheme‘. There has been a 40 per cent decline in public toilets in London since 1999. The mayor made a manifesto commitment to increase the quality of life in London, and The Open London scheme is a part of it.  Giant chains Tesco, Sainsbury’sMarks and Spencer (supermarkets), John Lewis (department store), Borders (American book store)  have become the first companies to sign up, and allow the public to use their facilities during opening hours without the need to make a purchase.

In London, I can’t find a toilet easily. Not all tube station have a toilet (click here to see the map of stations with toilet), and also not all fast food chains have a toilet available — Starbucks has one, but sandwich chain Eat. and Pret a Manger don’t. Even though the store has a customer toilet, it is for their customers only and I feel always bad to use it without purchase. There are not many public toilets (like in the photo below — put 20 pence and you can use up to 20 minutes), so I really supports the scheme! I hope the situation of the toilets in London will improve with this scheme, as the mayor has encouraged more companies to join the scheme. 

One of my favorite toilets in central London are at Princi in SOHO and at the Apple Store in Regent street. Especially Princi has a beautiful bathroom with good quality hand soap and smell of incense.  In both stores, usually there is no waiting because not many people know that there is a toilet, and you don’t feel embarrassed to go as the stores are always crowded.

Reblog this post [with Zemanta]

Waitrose, the winner of Watchdog Supermarket vote

Waitrose supermarket
今日2月23日放送の、BBCの消費者情報番組・Watchdogで、視聴者36,308人の投票による、最もお気に入りのスーパーマーケットの1位に、Waitrose(ウェイトローズ)が選ばれた。調査によれば、多くの人が、いつも行くスーパーを決めており、その店にしか行かない。しかし、この不景気の中、AldiLidlといった、ディスカウント・スーパー(共にドイツ系スーパー)に乗り換える人も増えている。スーパーを選ぶポイントは、26%が値段、26%が品質、そして26%が行きやすさをあげるという、拮抗した結果となった。最も多くの人が買い物をするのは、イギリス最大のスーパーチェーン・Tesco(テスコ)だったが、消費者の満足感は33%と、トップのウェイトローズの85%に比べると低い。値段がお得だと思うスーパーは、1位がAsda(アスダ/アメリカ・ウォルマート系)、2位がテスコだった。品質では、Marks & Spencer(M&S、マークス&スペンサー)が1位、ウェイトローズが2位となった。ちなみに、好感度順位表は、以下の通り。 1) ウェイトローズ/Ocado(オカド。ウェイトローズのオンラインショップ)21% 2) Sainsbury’s(セインズベリー。業界3位。ジェイミー・オリバーのコマーシャルで知られる)19% 3) テスコ 15%(業界1位) 4) アスダ 14%(業界2位) 5) Morrisons(モリソンズ。業界4位)10% 6) マークス&スペンサー(自社ブランドの製品のみ販売) 9% 「Waitrose」は、高級デパート「John Lewis」と同じ「John Lewis partnership」の経営で、2009年2月現在、イギリス国内で198店を展開する。ミドルクラス/富裕層をターゲットに、やや割高ながらも高品質の品揃えが特徴。また最近では、CSR(Corporate Social Responsibility/企業の社会的責任)をかかげ、フェアトレードやオーガニック商品を多く扱い、環境保護にも積極的に取り組む。食べ物の品揃えがいいし、家の近所にもあるので、よく行く。また、ゆったりと買い物できるし、家まで配達してくれ楽なので、オンライン(Ocado.com)でも買う事が多い。日本では、まだあまりないサービスだが、イギリスでは、スーパーのオンラインショッピングが盛んだ。主だったスーパーはウェブストアを持っているが、Ocadoは、すっきりしたデザインで、また商品情報が写真付き、また原産地表示や賞味期限も表示され、Offer(奉仕品)も見やすく、使い勝手が良い。またチェックアウトの際、過去に買った商品を表示、買い忘れがないか確認できる。メールでお得なウェブ割引クーポンが時々送られてくるし、配達料も時間帯によって無料となる事もあるので、うまく使いこなすと、賢くショッピングできます。 On today’s BBC’s consumer information program Watchdog, the Waitrose won the most favorite supermarket among 36,308 viewers online vote. According to the research, voters are happy with the store they choose to shop at and they’re very loyal – once they’ve got their favourite, they don’t plan on going anywhere else. However, with this credit crunch, some people trade down to budget supermarkets such as Aldi and Lidl. The most important factor for them to decide where to shop is, of course price (26% of the people told that price is important), but also 26%  made up their mind based on quality, and 26% chose their shop based on convenience. The largest number of voters shop at Tesco, the biggest supermarket chain in UK. However, customers who are very satisfied with Tesco store  is only 33% in compare to 85% for Waitrose shoppers. ‘Best value’ is Asda, and next, Tesco. The best quality food went to Marks & Spencer(M&S), and Waitrose, second.  1) Waitrose/Ocado 21% 2) Sainsbury’s(famous for Jamie Oliver‘s ad) 19% 3) Tesco 15% 4) Asda 14% (2nd largest UK chain. a part of US chain, Wal-mart group) 5) Morrisons 10% (4th largest UK chain) 6) Marks and Spencer 9% Waitrose is the supermarket division of the British retailer the John Lewis Partnership, with 198 branches as of Feburary 2009. Like the partnership’s department stores, John Lewis, Waitrose targets the middle-class by selling high quality food, and emphasising customer service and CSR (Corporate Social Responsibility), such as waste and recycling, organics and responsible sourcing. We often shop at Waitrose, as we like their range of food and products, and there are two stores in our territory.  I also like to shop online too. Ocado.com is in charge of selling Waitrose products online. Cleanly designed Ocado.com is easy-to-shop and show a great deal of product information with photo, such as ingredient, country of origin, and expiration date etc, in compare with other supermarket websites. The site also shows the list of what I bought in the past, and reminds me if I forget to buy anything. With the combination of web vouchers Ocado occasionally sends via e-mail and free delivery time slot, the shopping could be pretty reasonable.