Tag Archives: Tokyo

William Klein + Daido Moriyama @ Tate Modern

テートモダンの「William Klein + Daido Moriyama」(10月10日〜2013年1月20日)展は、アメリカ人フォトグラファーで映像作家のウィリアム・クラインと、1960年代の「プロヴォーク」ムーブメントで名を上げた森山大道という二人の写真家の、1950年代〜現代までの作品を展示。スナップショット、ブレやボケの意図的使用、粒子の粗いモノクロ写真といったヴィジュアル的に似た作風、そして、都市の貧困やグローバリゼーション、反戦デモやゲイ・パレードといった、人々の日常生活や政治的抗議行動を作品対象とするなど、共通点の多い二人の作品が同時に鑑賞できる。また、写真のみならず、グラフィックデザインを取り入れた、パイオニア的作品も展示されている。

最初の7部屋はクラインの作品室で、彼のホームタウン・ニューヨークや東京、ローマなどのストリート写真、ファッション写真、タイポグラフィーをモチーフとした初期の絵画、フォトグラム、「ポリー・マグーお前は誰だ?」や「ミスターフリーダム」等の風刺映画、コンタクトシート(ベタ焼き)にペイントを施した作品など、彼の抽象画家、映像作家、ドキュメンタリー作家、グラフィックデザイナーとしての多彩な作品群が見られる。対照的に、後半の森山大道の6室は、良く知られた東京の都市風景を撮影した作品や、様々な道路や高速の車窓からの光景、北海道の街角を捉えたスライドショー等、写真が主で、彼や他の写真家が自身の作品の発表の場とした雑誌「プロヴォーク」も展示されている。

確かに普通の人々や日常生活をテーマにした粒子の粗いモノクロの写真という作風は似ているが、作品から受ける印象は全く違う。対象に自身の存在を知らしめ、対象と交流して得た反応を撮る事を好んだクラインの作品は、エネルギーに満ち、対象が生き生きしている。逆に、森山の作品は、対象とは感情的に距離を保ち、時に挑戦的かつセンセーショナルに都会の暗部を見せつける。田舎の風景は、牧歌的で情緒があるというより、うら悲しくてどこか陰鬱だ。この展覧会を見る限りでは、私はクラインの写真の方が好きだな。

→写真上はクライン、下は森山作品。森山氏のインタビュー記事。参照写真:BBC / Telegraph

Tate Modern’s “William Klein + Daido Moriyama (Oct 10 – Jan 20, 2013)” is double retrospective of the influential American photographer and filmmaker William Klein and Japanese photographer Daido Moriyama who merged from Japanese Provoke movement of the 1960s. With work from the 1950s to the present day, the exhibition demonstrates the visual affinity between their urgent, blurred and grainy style of photography and also their desire to convey street life and political protest, from anti-war demonstrations and gay pride marches to the effects of globalisation and urban deprivation. The exhibition explores not only photography itself but also pioneering use of graphic design to their works.

First seven rooms showcase Klein’s street shots in his native New York as well as Tokyo and Rome, fashion shoots, early paintings incorporating typography, photograms, satirical films of Mister Freedom and Who Are You Polly Maggoo?, and painted contact sheets, to prove his diverse talent as abstract painter, filmmaker, documentarian and graphic designer. Unlike Klein’s wide-ranging works, Moriyama’s 6 rooms after Klein’s focus more on photography, especially his well-known cityscapes of Tokyo, as well as scenes from the various routes and highways throughout Japan, close-ups of everyday objects, slideshow of northern island of Hokkaido, and the issues of Provoke magazine in which Moriyama and his contemporaries showcased their works.

Both photographers captured the ordinary people and lives in grainy black & white photos. But impressions from their works are quite different. Klein wanted the viewer to be aware of his own presence at the scene and interacted with his subjects to provoke a response. His photos are vibrant and powerful. On the other hand, Moriyama emotionally detaches from his subjects, and his photos of urban life often provocative and sensational, disclosing darker side of the city that you don’t want to see. The scenes of the isolated countryside are sad and depressing, instead of peaceful or picturesque. Overall, I have to say that I prefer Klein to my fellow Japanese, Moriyama in this exhibition.

→above photos: Klein’s / below: Moriyama’s. More photos: BBC / Telegraph

Advertisements

Be Aware of Charity Scammers

数日前、ロンドンのフリーペーパー「Metro」に、東北大地震&津波への寄付を誘ったサイバー詐欺を行う不埒な輩がいるという記事が載っていた。Internet Crime Complaint Center(インターネット犯罪苦情センター)によると、フィッシングなどサイバー犯罪を目的とした、170万以上のマルウェア、419の詐欺サイト、そして「Japan tsunami」や「Japan earthquake」を使用した50以上のURLが報告されているという(参照:ubergizmo/MacWorld)。詐欺の報告・被害者支援を行うイギリスの公的機関であるAction Fraudのウェブサイトには、イギリス赤十字社のJapan Tsunami Appealを語る詐欺への警告が掲載されている(参照サイトイギリス赤十字社による警告)。米ABCニュースロイター通信は、詐欺にあわないための注意事項をリストアップしているが、要は、メールで送られてきたリンクや電話での勧誘からではなく、信頼できる機関や慈善団体の正規のウェブサイトや電話番号を通じて、または直接出向いて寄付するのが一番安全だろう。人の不幸は金儲けのチャンスと、人の善意につけ込む罰当たりな人たちがいるものだ。

I read about cyber criminals who are cashing in on the Japanese earthquake on London’s free paper Metro few days ago (article). According to Internet Crime Complaint Center, fraudsters have setup more than 1.7 million malware pages, 419 scam sites and over 50 fake domains with “Japan tsunami” or “Japan earthquake” in their URLs (ubergizmo/MacWorld). UK’s national fraud reporting service Action Fraud warns British Red Cross’s Japan Tsunami Appeal Scam (Read more about the Japan Tsunami Appeal fraud on the British Red Cross website). ABC news and Reuters list up tips to avoid those scams, but the safest way is to ignore e-mails and phone calls from total strangers, and either to call up or to visit the trustable charities and organizations or donate on their official websites. It is awful that there are a bunch of evils taking advantages from innocent people’s miseries and goodwill to those suffered!

ベトナム料理店がたち並ぶ、ロンドン東部のKingsland RoadにあるFlowers Galleriesで3月31日まで開催中の、日本人アーティストJiro Osugaさんの個展「Tokyo」。クスッと笑える脱力系の画風に癒される。ギャラリーはまた、日本への義援金受付も行っています。

Japanese Artist Jiro Osuga‘s exhibition “Tokyo” (– March 31) at the Flowers Galleries, located amongst dozens of Vietnamese restaurants on Kingsland Road, East London – his humorous paintings make all of us smile :-) The gallery also hosts “FLOWERS RUN FOR JAPAN” via JustGiving.

↓ 今日の支援情報(今日は英語のサイトばかりですみません)

↓ Today’s Charity Information

Long Awaited Oxford Street ‘X-crossing’ opened

Vodpod videos no longer available.

オックスフォード・サーカスにスクランブル交差点が完成、本日、記念式典が行われた。アニメのコスチューム姿のイギリス人たちが見守る中、祭りの法被姿の日本人が太鼓を叩き、ロンドン市長が銅鑼を鳴らし、交差点の開通を祝った。

ロンドンのショッピング・エリアのど真ん中に位置するオックスフォード・サーカスの交差点は、毎年約2億人が行き来するロンドンの中でも、最も混雑するエリアだ。渋谷スクランブル交差点を参考に、500万ポンドをかけて作られたこの交差点は、以前はフェンスで囲まれ、何故か横断歩道が道路の真ん中で分断されており、道路の向こう側に行くには2回信号を渡らねばならなかった(しかもこの2つの信号は何故かずれていて、まっすぐに繋がっていない)。なので、斜め前の交差点に行くには、信号を4回渡るか、地下のチューブの駅を通っていく(出口が多いので、迷う可能性あり)しかなかく、しかも非常に混んでいるので、苦痛に近かった。しかし今年4月の交差点建設発表から半年ちょっと。今はフェンスも取り払われすっきり、道を渡るのが非常に楽になりそうだ。

しかし、「homage to its Far Eastern inspiration(東洋から得た交差点のインスピレーションへのオマージュ)」とのコンセプトで企画された記念式典は、西洋人の考える典型的な「東洋」のイメージで、アジアの文化がごっちゃまぜ。2mもある大きな銅鑼(スイスのメーカー、パイステ社製)は日本というより中国、太鼓は日本、そして「東京」を意識した、アニメのへんてこな髪型と衣装に身を包んだ居心地悪そうなイギリス人たち。また、「変な」日本のイメージが増幅されそうだわ。

Long awaited Oxford Circus ‘X-crossing’ opened toay, and the celebration for its opening was held at the junction. London mayor Boris Johnson struck a huge cymbal and Japanese musicians played Taiko drums, surrounded by people dressed in Manga (Anime) characters costumes.

Oxford Circus junction is one of the most crowded part in London as located in a heart of the shopping district, where 200 million people visit every year. This £5m diagonal crossing, inspired by the Shibuya X-crossing in Tokyo. The four corners of the junction are used to blocked by barriers. There were a small ‘island’ in the middle the street to divide the crossing in half , therefore, you had to cross 2 signals in order to cross the street. To go to the opposite diagonal corner, you had to choose either passing 4 crossings or going underground with a risk of getting lost among many exits. The area was extremely crowded, and it was like a torture to cross the junction. It’s been over 6 months since the new plan of X-crossing revealed in April – now the junction looks more neat and much easier to cross the street.

By the way, what is all about the ceremony “homage to its Far Eastern inspiration”?? It is a typical image of Westerners about ‘Orientals,’ mixing up all the eastern Asian cultures together (sometimes even with southeast Asia, too, such as Thai etc). The huge 2m-high cymbal (made by Swiss company Paiste) is more like China than Japan, Japanese drums, and the British in peculiar costumes of Anime characters who looked very embarrassed – I am afraid the ceremony would amplify the image of ‘eccentric’ Japan…

Oxford Circus Crossing – before
Oxford Circus intersection before

Reblog this post [with Zemanta]