Tag Archives: Transport

Boris Bikes’ Electronic Keys Arrived

先週金曜日に始まったばかりの、自転車レンタルシステム「Barclays Cycle Hire」、通称「Boris Bikes」。木曜夜に登録して何と土曜日には到着という、イギリスにしては珍しい?迅速さで、Electronic Keyが届いた。

Evening Standard紙の記事によると、1億4000万ポンドをかけたこのシステムには、これまで2万1000人以上が登録、日に6000回の貸し出しがあったそうだ。管理するTfL(Transport for London、ロンドン交通局)によると、5000台の自転車のうち3台しか行方不明になっておらず(でもすでに盗難あり?!)、破壊行為も今のところ報告されていないとの事。ただ、返却が上手くできていなくて返却後も課金された、ウェブサイトの不調が原因で有効化したはずの鍵が使えない、などと色々問題も起きたらしい。この事を受け、TfLは、自転車を返却後は、緑色のライトが点灯するまで待って、ちゃんと返却できたか確認した方が良いとアドバイスしている。

また、同じ銀行口座引き落としで同時に複数の鍵を申し込むと、その時1台しか使っていなくても、2台分のアクセス料が引き落とされてしまうとか。ていう事は、私たちが一緒に出かけないと、使っていない方の鍵までアクセス料をとられてしまう?!ウェブサイトにもそんな注意書きはなかったぞ〜!!こうなると別途、もう一つ鍵を申し込まないといけないのだろうか?ヒドい話だ。

せっかく鍵は来たけれど、こんな調子だと、問題が報告されなくなるまで、使いたくないなあ。

We received two electronic keys on Saturday for London’s newly started public bicycle rental system “Barclays Cycle Hire” or “Boris Bikes”, after we applied on Thursday night, with an extraordinary speed in UK.

According to the Evening Standard article, more than 21,000 people have registered for the £140 million scheme so far, with around 6,000 trips a day being made. TfL (Transport for London) proudly announced that only three of the 5,000 bikes missing (it’s already stolen??) and no reports of vandalism. However, there are also some problems reported as you might have expected: some riders had been charged more than they used because they failed to redock the bikes properly and accidentally clocked up huge rental charges; and the TfL website froze yesterday and users today claimed their electronic keys were not working despite activating them online. With these complaints, TfL today urged riders to ensure they waited until a green light on the station illuminated, to confirm the bike had been redocked securely.

Another problem is that the daily or weekly subscription charge is automatically levied on all keys as soon as one is used, even if the others are not in use, for people who purchased multiple electronic keys from the same bank account. It means that if we don’t use Boris Bikes on the same day but one of us does, they will charge access fee for another as well?! The website doesn’t have any warning of the case! Do we have to apply another key again, to avoid the illegitimate charge?? It is a public fraud!

Although we received the keys, I am scared to use the bikes until all the problems solved…

バーコードの下には、7桁の登録番号。個人情報保護のため、念のため数字3桁消してます。

There is a 7-digit registration number under the barcode. I erased 3 digits to protect our privacy for safety.

一緒に送られてきた、Docking Stations(駐輪場)の場所を示す地図。現在、ゾーン1内のみ設置されている。

A map showing the locations of docking stations, currently placed within zone 1 area.

Enhanced by Zemanta
Advertisements

‘Boris Bikes’ Barclays Cycle Hire Starts Today

自身も自転車乗りである、ボリス・ジョンソン市長肝煎りの公共自転車レンタルシステム、「Barclays Cycle Hire」(市長の名前をとって、「Boris Bikes」とも呼ばれる)が今日から始まった。当初の計画では、セントラル・ロンドンに敷設された400のDocking Station(駐輪場)に、6000台の自転車が備え付けられる予定だったが、今日朝6時付で、315のDocking Stationに、4700台の自転車が用意された。

現在は、ウェブサイトよりユーザー登録し、郵便で届くelectronic key(専用の鍵。費用は£3)を受け取った人たちのみ使用可。私も早速昨日登録して、鍵が届くのを待っているところ。鍵を受け取ったら、ウェブサイトで自分のアカウントにログインし、有効化しないと使えない。登録していない利用者は、来月8月末から使用できるようになるそうだ。使用に当たっては、アクセス料が1日£1/週£5/年£45、それに加えて使用料がかかる。最初の30分は無料、その後は1時間£1、90分£4、2時間£6と、使用した時間分が登録したクレジット・カードにチャージされる(詳細はここで)。手間がかかっても安くあげたいという人は、30分毎に駐輪場に返して、再度借り直せば(同じ自転車なら返却してから5分待つか、他の自転車ならすぐ借りられる)、何時間でも無料で使える。もしその駐輪場が一杯なら、タッチスクリーンで近くの駐輪場を探して返却すると、15分間無料で延長できる。もし24時間以内に返却しなければ£150、全く返却できなければ£300課金されるので、気をつけて。故障した場合は、スパナのシンボルのボタンを押すと、修理に来てくれる。

自転車、駐輪システムはカナダ製で、モントリオール市で使用されているレンタル自転車、Bixiと同じもの。車体には、2500万ポンドを寄付したスポンサー、バークレイズ銀行の青いロゴがついている。壊れにくくて、乗り心地重視、レンタル用コンピュータ・システムを搭載した車体は重く、それほどスピードが出ない。タイヤの細いツーリング用の自転車で疾走し、赤信号は無視、歩行者を蹴散らし、車の流れも気にせず割り込み、自分がいち早く目的地に着くことだけが最優先の自分勝手な「Fanatics(熱狂的な人たち)」(と私たちが呼んでいる)には物足りないらしいが、それで結構。こういう鬱陶しい人たちにガンガン飛ばされたら危なくて仕方がない。

以前も書いたように、セントラル・ロンドンには、安全に自転車が乗れる自転車レーンが整備されていないし、ヨーロッパ、アメリカはもちろん、世界の大半を占める右側通行ではなく、イギリスは左側通行。同じ左側通行の日本人はいいが、不慣れな観光客まで自転車に乗りだすと、危ないんではないかと少々心配。また同様のサービスであるパリのヴェリブにおいて、自転車の盗難・破壊が相次いでいることから、費用の税金負担増を危惧する声もある。さて、このシステム、ロンドンにとって丁と出るか、半と出るか?

A new public bicycle sharing scheme Barclays Cycle Hire (aka “Boris Bikes”), propelled by Mayor Boris Johnson (who is a cyclist himself), launches today in London. At 6am, 4,700 bikes were in place in 315 docking stations across central London, while the total fell short of a promised 6,000 bikes at 400 docking stations.

Currently only registered users who have signed up on TfL’s website and received an electronic key (£3) in the post can use “Boris Bikes”, but unregistered users will be able to use it from the end of next month. I just registered last night and am waiting for the key to arrive. Once it arrives, you have to activate it online by logging in your account. In order to use the bikes, you have to pay “access fee” for £1@day / £5@week / £45@year, plus “usage charge” after first free 30 minutes for £1@hour, £4@90 mins, and £6@2 hours and so on (see details), which will be charged to your credit card. But you can use the bike for free for as much as you want, if you return it every 30 minutes and hire a new bike or the same one again after you re-dock for 5 minutes. If all the docking points are taken, you can get an extra free 15 minutes by using the touchscreen display on their nearest terminal, before you find another station. Be careful, you will be charged £150 for not returning a bike for 24 hours or £300 for not returning it at all. If the bike is broken, press the button with the spanner symbol when you return it – a mechanic will come to repair it.

The bicycles and the docking stations are built in Canada and are based on Montreal’s bicycle rental system Bixi. On the body of the bikes, you can see the blue logo of sponsor Barclays which donated £25 million to the scheme. The comfort-oriented and vandal resistant body equipped with computer system is quite heavy, and some cyclists claim that they can’t go fast. But it is totally fine for me, or I don’t want those selfish irritated ‘fanatics’ to use these beautiful bikes. These obnoxious cyclists pedal like crazy, passing a red-light, ringing the bell and kicking out pedestrians on their way, going around in between the cars, and jumping in front of the traffics like buzzing flies around a face, causing a slow traffics – the only thing they care is to get their destination as soon as possible. Very annoying!

As I wrote in the past entry, the London’s cycle lanes are still not good and safe, and doesn’t connect throughout central London. Also UK uses left-hand traffic which is a minor system in the world, and most of the tourists including Europeans and Americans who are not used to the traffic system may put themselves in danger. Also similar Paris’s Vélib’ has suffered vandalism and theft, and many people are anxious that the same things happen to Barclays Cycle Hire as well and cost taxpayers a fortune.

The scheme has just started, and let’ see how it goes.

家からすぐの所に出来た駐輪場。少し寂れた短い通りなのに、2つも大きな駐輪場がある。まあ、私にとっては便利だけれどね。

The docking station just few minutes from our flat. The street is rather deserted, but there are 2 docking stations on this short street. It is convenient for me and I don’t mind it, though.

Enhanced by Zemanta

New London Overground East London Line Now Open

先日、Pizza Eastにランチしに行った時に、ロンドン・オーバーグラウンドEast London line(イースト・ロンドン・ライン)のShoreditch High Street(ショーディッチ・ハイストリート)駅がオープンしているのに気づいた。Pizza Eastで窓際に座るとショーディッチ・ハイストリート駅横の鉄道橋が見えるのだが、ピザを食べながら誰も乗っていない車両が試運転されているのを見て、いつ開通するんだろうとずっと思っていた。

ロンドン東部とDocklandsドックランズ)を通って北部と南部を結ぶイースト・ロンドン・ラインは、10億ポンドをかけた延長計画のため、2007年12月に閉鎖。その第1段階が最近終了、今年4月27日に限定運行が始まり、5月23日に完全運行が始まった。第1段階工事では、従来のイースト・ロンドン・ラインに、ショーディッチ・ハイストリート駅、Hoxton(ホクストン)駅、 Haggerston(ハガーストン)駅、そして Dalston Junction(ダルストン・ジャンクション)駅を新設、Whitechapel(ホワイトチャペル)駅からDalston Kingsland(ダルストン・キングスランド)駅の間がつながり、ロンドン東部から南部のNew Cross(ニュークロス)駅、Crystal Palace(クリスタル・パレス)駅とWest Croydon(ウェスト・クロイドン)駅まで1本で行けるようになった(以下の路線図を参照)。Highbury & Islington(ハイブリー&イズリントン)駅までの延長は2011年に、計画第2段階のSurrey Quays(サリー・クウェイズ)駅から、inner South London Line(インナー・サウス・ロンドン・ライン)のClapham Junction(クラッパム・ジャンクション)駅を結ぶラインは、2012年のロンドン・オリンピック前に完成予定。このイースト・ロンドン・ラインの開通で、ドックランズに通勤するビジネスマンの需要が増え、かつては寂れていた地域だった沿線は不動産ブームに沸いているそうだ。

うちから最寄りのホクストン駅まで歩いて20分、近くもなく遠くもない微妙な距離。使えそうで使えなさそう。

When we went to Pizza East the other day, I realized that the new Shoreditch High Street station finally opened. You can see the railway bridge (photo above) when you get a window side seat at Pizza East, and I had been wondering when the London Overground East London line would open, every time I saw a new train on test-run while I was eating a pizza.

The East London line is a London Overground line which runs north to south through the East End and Docklands. The line closed as part of the £1 billion East London line extension in December 2007, but a limited service was introduced on April 27 this year and full service commenced on May 23. In its phase 1, the former underground line was extended northwards from Whitechapel, with new stations at Shoreditch High StreetHoxtonHaggerston and Dalston Junction. Now you can travel direct from East End to the South, towards New CrossCrystal Palace, and West Croydon (see a route map below). A further extension to Highbury & Islington is expected to be completed in 2011. Phase 2 which will link the line from Surrey Quays to the inner South London Line at Clapham Junction, is due to be completed prior to the 2012 Summer Olympics. It is reported that the opening of the East London line has brought property boom to the area once isolated areas of southeast London.

The closest station from us to the line is the Hoxton station, but it takes about 20-min walk – not close but not too far. Unfortunately I don’t get much benefit from it.

Reblog this post [with Zemanta]

Modernist T-Towels: Kensal Green and Trellick Tower

コヴェント・ガーデンにあるLondon Transport Museum(交通博物館)で買った、「People Will Always Need Plates」のModernist T-Towelsティー・タオル)。デザインが素敵なので買ったから、お皿拭きには使わない。イギリス製でコットン100%のこのティー・タオルは、スクリーン印刷の鮮やかなカラーで、Trellick Towerトレリック・タワー)とKensal Green(ケンサル・グリーン)の街並がデザインされている。ほかの図柄も欲しかったのだけれど、9種類あるモダニスト・デザインコレクションのうち、この2種類しか売っていなかった。ノッティング・ヒルの北にあるトレリック・タワーは、1972年に完成したロンドンを代表するモダン建築で、建築家・Ernő Goldfinger(エルノ・ゴールドフィンガー)によって設計された、ブルータリズム様式の公共住宅。ロンドン北西部に位置するケンサル・グリーンは、これと言った特徴のあるエリアではないけれど、クイーンのフレディ・マーキュリーが火葬された場所で、著名人が多く眠るKensal Green Cemeteryがある。

I bought these Modernist T-Towels (Tea Towels) by People Will Always Need Plates at London Transport Museum in Covent Garden. The 100% cotton tea towels is proudly made in UK, and feature Trellick Tower and houses in Kensal Green in rich screen-printed colours. I got them for its design, so I won’t use them for drying dishes. I wanted to buy other design as well, but the shop had only these two design among 9 modernist design collection. Trellick Tower is a 31-storey block of public housing in north of Notting Hill, designed in the Brutalist style by architect Ernő Goldfinger and completed in 1972. Kensal Green on northwest London is not exciting area, but there is the Kensal Green Cemetery which is one of the finest Cemeteries in London and is known that Queen’s Freddie Mercury was cremated there.

ロンドンの交通の歴史を物語る、London Transport Museum。2005年からの改修工事の後、2007年11月にリニューアルオープンしたコヴェント・ガーデンの博物館のほかに、Acton(アクトン)にある Depot(倉庫)にもコレクションを展示している。ここのショップがなかなか、センスの良い品揃えを誇っている。買い物袋のデザインもモダンで、これを手に入れるために買い物したくなる。オンライン・ショップもあって、海外発送もしてくれる。コヴェント・ガーデンのど真ん中にあって交通の便もいいし、ロンドンに数多あるチープな店で粗悪品を買うぐらいなら、ロンドン土産はぜひここで。

London Transport Museum conserves and explains London’s transport heritage. The main museum in Covent Garden was reopened in November 2007 after two years of refurbishment. Its Acton Depot also holds the majority of the Museum’s collections which are not on display in the museum. The museum shop has a good selection of products, and its modern and stylish shopping bags is another reason to shop there. The museum has an online shop as well and delivers to worldwide (→details). The museum is located in the heart of Covent Garden, so grab London’s souvenirs there, rather than shopping trashes at cheap and ugly stores around London.

Reblog this post [with Zemanta]

St. Pancras International Railway Station & Southeastern HS1 Train Service

30年来という寒い冬がようやく終わりを告げ、春らしい気候になってきたので、イングランド南東部ケント州にある、英国国教会の総本山・カンタベリーに日帰りで行ってきた。カンタベリーへは、2009年12月に、セント・パンクラス駅St. Pancras International)とケント州を結ぶ、サウスイースタン鉄道の高速列車・Javelin Trainの完全運行が始まった(記事参照)ので、ロンドンから直行で57分で行けるようになった。以前のガイドブックによると、ビクトリア駅から1時間半かかっていたそうなので、かなりの時間の短縮になる。

1868年にオープンしたセント・パンクラス駅は、セントパンクラス・チャンバーズと呼ばれる、お城か宮殿を思わせる威風堂々としたヴィクトリア朝ネオ・ゴシック建築が特徴。2000年代に大がかりな拡張・改修工事が行われ、2007年11月にイギリスの高速新線HS1 (CTRL) の開業にともない、ユーロスターの発着駅がウォータールー駅からセント・パンクラス駅に移管、2007年11月14日に、エリザベス女王を迎えて記念式典が行われた。ユーロスター以外にも、イングランド中東部へ向かうイースト・ミッドランズ・トレインズ(East Midlands Trains)、ロンドンを南北に貫通して南部のブライトンと北はベッドフォードを結ぶファースト・キャピタル・コネクトFirst Capital Connect)のテムズリンク系統、そしてサウスイースタンSoutheastern)と、3つのナショナル・レール網の列車が発着する。私の家からは、セント・パンクラス駅が最寄りのロンドンの主要駅の1つなので、旅行時のアクセスもずいぶん便利になった。ちなみに、サウスイースタンのプラットホームは、ビクトリア朝の建物の後ろに新築されたガラス張りの建物内にある(写真2枚目)。

クラス395電車(British Rail Class 395)と呼ばれるJavelin Trainは、日本の車両メーカー(日立製作所)が初めて製作したヨーロッパの高速鉄道車両で、最高時速140マイル(225km)と、イギリスで最速。2012年に開催予定のロンドン・オリンピックに向けて運行される、オリンピックジャベリン(Olympic Javelin)にも使用される予定だ。この高速電車の開通で、ケント州からロンドンへの通勤時間が大幅に短縮されるので、住宅価格が安くて自然も多く、フランスへのアクセスも容易な、ケント州へ移り住む人が増えると予想されている。ただ問題は、ヨーッロッパ諸国より平均50%も割高と言われる、ヨーロッパ一高いとされる列車料金(BBC記事参照)。カンタベリーへは、オフピーク料金日帰り往復+高速新線HS1利用料(Off-Peak Day Return)で£27.90、通常日帰り料金で£31.50。イギリスの列車運賃は、オフピーク料金、日帰りまたは1ヶ月有効かなどで値段が変わり、混雑時間外で利用可能のオフピーク料金も、いつがオフピークになるかはその路線によって違うなど、ややこしいことこの上ない。片道料金はかなり割高になる(カンタベリー行き片道料金で£27.80、往復料金とたった10ペンスの違い)ので、旅行の際は往復切符を買った方が断然お得。列車の時刻や料金はナショナル・レールのウェブサイトで検索できる。

After the coldest winter in 30 years and finally the spring seems to have come to London – so I made a day-trip to Canterbury in Kent in South East England the other day. High-speed rail service HS1 (High Speed 1) by Southeastern, connecting London and Kent, opened for business in December 2009 (see more in Mailonline article). It used to take about an hour and half from Victoria station to Canterbury by train, according to the old guidebook, but now it takes only 57 minutes with a direct service – a big slash of the journey time.

Opened in 1868, St Pancras railway station, also known as St Pancras International, looks like a grand palace or castle with its impressive Victorian gothic architecture called St.Pancras chambers. The complex was renovated and expanded during the 2000s and reopened on November 14, 2007, with a ceremony attended by the Queen. Eurostar services was transferred from Waterloo on the same day, with a completion of Channel Tunnel Rail Link (CTRL). Other than Eurostar service, there are also four National Rail network services from St Pancras station; East Midlands Trains that ran services to the North of England, First Capital Connect that provides train services from Bedford and Luton through London and down to Brighton, and Southeastern high speed train service. St.Pancras is one of the most convenient railway station from us and travel to outside London is much easier now. Southeastern trains leave from the platforms in the new glass building behind the historic structure (see in the second photo).

Javelin or British Rail Class 395 trains is the Britain’s first 140mph (225km/h maximum speed) train, built in Japan. Class 395 trains will be used to provide the Javelin shuttle service for visitors to the Olympic Games’ main venue in Stratford during the 2012 Summer Olympics as well. It’s now far quicker to travel into central London from Kent with HS1 train service, and many Londoners are keen to make the move to Kent, where is lot greener, has easy access to France with Eurostar, and most of all, the house prices are much cheaper. The only setback could be the costly train fares to London – ticket prices went up by around 20% with HS1. For example, Off-Peak Day Return to Canterbury costs £27.90, and Anytime Day Return is £31.50.

On average, UK train fares are 50% higher than other European countries (see details in BBC article). It is also quite complicated to figure out a ticket pric,e as there are so many different prices; off-peak single/return (off-peak time varies depending on a route), Anytime single/return, including/excluding HS1 service, First class/standard, same day travel or return within 1 month, etc, etc. One way ticket is usually much more expensive than a return ticket – for example, Cheapest Standard Single to Canterbury is £27.80, on the other hand, Off-Peak Day Return is £27.90 – just 10p more than one way ticket. You can search train time and fares on the National Rail Website.

Reblog this post [with Zemanta]

Brit Insurance Designs of the Year 2010 @ Design Museum

昨日の「Dieter Rams」展の1階下で、デザイン・ミュージアムの新しい展覧会「Brit Insurance Designs of the Year 2010」が、今日17日から始まった。今年で3回目を迎えるこの「Brit Insurance Designs Awards」は、世界中から集められた、過去12ヶ月の間に作られた、最も革新的で未来を見据えたデザインの、7部門(建築、ファッション、家具、グラフィックス、インタラクティブ、プロダクト、交通・乗り物)約100点、一堂に展示されている(昨年の展覧会の様子は過去のエントリー参照)。今年の主なテーマは、サステナビリティ(持続可能性)とグローバル、そして日常使いのデザインと社会的メッセージ等。彫刻家のアントニー・ゴームリーがトップを務める審査員パネルによる審査を経て、3月16日に最優秀賞と各部門の受賞者が発表される。候補作品は、designsoftheyear.comブログで見れる。

テート・モダンなど大きな美術館と違ってスペースが限られているので、どうしても多数のデザインを1カ所に押し込んだ感は免れない。しかも7部門もあるので、どこからどこまでがどのカテゴリーなのか境が曖昧で、ちょっと混乱する。もし私が受賞作品を選ぶとしたら、建築部門ではメキシコにあるMonterrey Housing。低コストでも美しい住宅が造れるという良い見本だ。ファッション部門のBoudiccaReal Girl digital lookbookでは、コレクションが色々な角度から見れるのが良い。PARCSの家具は、遊び心に溢れていながら、組み合わせ次第で形を変えられるのが面白い。グラフィックスは、モダンにデザインされたイギリスのWar Memorial(戦争記念碑)と、スイス・スタイルの定番「Swiss Graphic Design and Advertising by Geigy 1940-1970」の間で迷う。インタラクティブでは、いつもお世話になっているという理由でBBC iPlayer。見逃したテレビ番組をテレビでもウェブでも見れてとても便利。プロダクトでは、味も素っ気もない投票所のイメージを変える、ノルウェーのBlanke Ark。そして交通・乗り物部門は、ホンダのEV-Nが環境に優しく、かつおもちゃのように可愛いので一押し。昨年の最優秀賞は、バラク・オバマの選挙ポスターだったけれど、今年はどの作品が受賞するかな?

Design Museum‘s new exhibition “Brit Insurance Designs of the Year 2010” starts today, on one floor below the Dieter Rams exhibition I wrote yesterday. Now in their third year, Design Museum’s annual “Brit Insurance Designs Awards” showcases almost 100 most innovative and forward looking designs in 7 categories (Architecture, Transport, Graphics, Interactive, Product, Furniture and Fashion), produced over the last twelve months and selected from around the world (see my past entry for last year’s exhibition). This year’s focus are projects with sustainability, global themes, and a social message, and objects for everyday use. The winner from each category along with an overall winner will be decided by a select panel of experts, chaired by the sculptor Anthony Gormley, and announced on 16 March. You can check the nominations at the designsoftheyear.com blog.

The space is limited, in compare to a big institution such as Tate Modern, and the exhibition gave me an impression that the so many things are squeezes in a small space. Also it maybe a bit greedy to host 7 categories of design in such a limited space, and it is a bit confusing with a border between the categories. Here is my list of the winner, if I had to choose, in each category: Monterrey Housing in Mexico in Architecture proves that a low cost but sophisticated housing is possible. In Fashion, Boudicca‘s Real Girl digital lookbook is quite clever to show the clothes from a variety of angles with its innovative web technology. PARCS in Furniture is quite fun but also functional that the parts can be combined to fit for a need and a space. In Graphics, I am torn apart between UK’s War Memorial with its state-of-the-art design and classic Swiss Graphic Design and Advertising by Geigy 1940-1970. BBC iPlayer for Interactive – it’s very useful that we can see the BBC program we miss either on the internet or on TV anytime, and we use the service quite often. In Product, Norway’s Blanke Ark changes my image of boring and unexciting voting area, and make me feel like going to vote. Lastly, Honda’s EV-N in Transport is ecological but fun and cute. Last year’s winner was the unofficial Barack Obama poster campaign, and what is your guess for the winner of this year?

Reblog this post [with Zemanta]

Transpor for London Fares 2010 / Oyster on National Rail

今月1月2日付けで、ロンドン交通局(Transport for London/TfL)が運営する、公共交通機関の運賃が変更された(上の表参照:London Lite 10/15付記事より)。オイスターカードと呼ばれる、前払い式交通用ICカードを利用する場合、バスとトラムリンクは£1→£1.20(20%値上げ)、チューブ(地下鉄)はロンドンの中心をカバーするゾーン1区間内で£1.60→£1.80(12.5%値上げ)となった。この不況下、物価上昇率以上の値上げで、利用者のひんしゅくを買っている。でも良いニュースもある。一部の区間でしか使用できなかったオイスターカードが、ナショナル・レール(National Rail)のグレーター・ロンドンの大部分でも、使用できるようになったのだ(ヒースロー・エクスプレスは使用不可。詳細はこちら)。

ちなみに、2003年に導入されたオイスターカードは、ロンドン生活には必須。地下鉄、バス、ドックランズ・ライト・レイルウェイ(Docklands Light Railway: DLR)、London Overground、そしてグレーター・ロンドン内のナショナルレールで利用できる。カードの種類は、期間限定のロンドン・トラベルカードと、何度でもリチャージ可能なプリペイド方式のオイスターカード(上限£90/有効期限なし)の2種類。プリペイド式は、駅やバス内に設置された読み取り機にカードを当てると、機械が自動的に最も安い運賃を割り出し、入金(top-up)額から料金を差し引かれる仕組み。運賃面でも、通常の運賃(バスとトラムは£2、地下鉄ゾーン1内£4)より割安になる。発行の際は、返却可能な保証金(デポジット)£3が必要。オイスターカードは、地下鉄の駅や市内のあちこちにあるOyster Ticket Stops(店の外にブルーのロゴステッカーが貼ってある)、またオンライン等で購入・リチャージできる。旅行客用にはビジター用オイスターカードがあり(有効期限なし)、発行手数料£2を払っても十分元が取れる。旅行前にオンラインでも購入できるので、旅行前に買っておくとすぐに使えて便利。

Transport for London (TfL) fares have changed on January 2, 2010 (see the list above: London Lite Oct 15, 09). For an Oyster pay-as-you-go card (credit-card-sized reusable prepaid travel card for London transportation), bus & tram single ticket price went up £1→£1.20 (20% up), and £1.60→£1.80 (12.5% up) for a single Tube ride within Zone 1, which covers central London. But the price hike above inflation rate has caused anger among passengers. But there is also a good news. Now the vast majority of National Rail services in Greater London accept Oyster pay as you go (except Heathrow Express. details can be found here); it was limited to ristricted number of services previously.

Oyster card, introduced in 2003, is a must-have item for a life in London. It can be used on bus, Tube, Tramlink, DLR (Docklands Light Railway), London Overground and National Rail services in Greater London. There are two kinds of Oyster cards: Pay as you go (no expiration) and Oyster travel cards (fixed period). Pay as you go can be topped up unlimited number of time, and can store up to £90 of credit. You must touch onto electronic reader when entering and leaving the transport system in order to validate it or deduct funds (for a bus, touch once only when entering), and it always charges you the lowest fare available for your journey. Oyster fares are always cheaper than cash fares (Bus&Tram single fare £2, Tube Zone 1 single ride £4!). When you first get your Oyster card, you will need to pay a refundable £3 deposit. You can purchase or top up your card at any Tube stations, Oyster Ticket Stops (there are many in the city – look for the blue logo sticker), and Oyster online. There is also a Visitor Oyster card for tourists as well, and it’s worth getting one, even though £2 fee is charged to issue the card. You can also purchase it online before your trip, so you can use it right away, without waiting on a long queue or looking for a ticket shop.

Reblog this post [with Zemanta]