Tag Archives: TV

Beckii: Schoolgirl Superstar at 14 @ BBC3

今日、BBC3ドキュメンタリー「Beckii: Schoolgirl Superstar at 14」を見た。この番組は、「可愛いにもほどがある」とのキャッチフレーズで、日本で人気のベッキー・クルーエルとその家族、そしてベッキーのように日本で人気を得たい女の子たちの姿を追ったもの。ベッキーことRebecca Flint(レベッカ・フリント)は、人口8万人程のイギリス王室属領 (Crown dependency)・マン島に住む15歳の少女。2009年3月頃から、アニメソングやJポップにあわせて踊る自身の姿を、自室で撮影した動画をYouTubeに投稿し、インターネットでその人気に火がついた。

イギリスメディアではお決まりとなった、またもや「日本はヘンな国」の思い込みを増長しそうな番組。ドキュメンタリー自身は面白おかしく日本を描いているものではなく、至って真面目だが、アニメの主人公のような出で立ちの、ベッキーのようなロリータ萌え系アイドルは、イギリスには存在しない。ベッキーの日本人マネジャー「Fuji」氏は、「ロリコンは日本では普通。」とテレビで言っていたが、非常に恥ずかしい。こちらでは、いい歳したおっさんが、ベッキーのようなローティーンの女の子のダンスの動画を見たり、写真集なんか持ってたりしていたら、小児性愛者か変態だと思われる(まあ日本でもそうかも知れないが)。しかも、彼女の熱狂的なファンたちは、何故か大きな段ボールに一杯のインスタント麺や、高価なベース・ギターを天文学的な額の送料を払って日本から送ってくるなど、なんか変。

ベッキーの両親は、自分の娘が、こんなおっさんたちの欲望の目にさらされる危険を知った上で、「娘のやりたい事を見守る」というスタンスのようだが、娘の人気の恩恵を受けたいという下心が、言葉の端々に見え隠れする。娘をイギリスでも人気者にしようと、カイリー・ミノーグやスパイス・ガールなどを手がけたプロデューサーに売り込む父親、また彼女を金儲けの対象になるかもしれないと目論むプロデューサーなど、欲に目がくらんだ大人たちの思惑が飛び交う中、ベッキー自身は、自分でも歳を取れば用済みになるだろうということを知っているから、勉強にも励んでいる。本人はいたってまともなのが、唯一の救いだ。

I saw BBC3 documentary “Beckii: Schoolgirl Superstar at 14” today. This program tells the story of 14-year-old Rebecca Flint aka Beckii Cruel, now fifteen, an internet sensation in Japan. Beckii is a schoolgirl from the Isle of Man with only 80,000 habitant. Beckii became famous in Japan after uploading films of herself dancing with Anime song and J-pop on YouTube since 2009. This documentary follows Beckii and her family, and the other British teenage girls who hope to become famous in Japan.

This is another usual program portraying Japan as an eccentric country, though the documentary itself is serious and not makes fun of Japan. There is no cute and innocent low-teen idols such as Beckii, whose fan base is much older adult men. Her Japanese manager said “Lolita in Japan is normal,” but the comment was quite embarrassing. If a middle aged man enjoy watching a very young girl dancing on You Tube or have a collection of his favorite girl’s photography books, like many Japanese Otaku, people think that he is either pervert or paedophile (maybe the same in Japan as well). Also Beckii’s enthusiastic fans give peculiar presents to her such as a big box full of instant Japanese noodles and a base guitar with astronomical postage from Japan.

Beckii’s parents let their daughter do “what she wants”, though they know what kind of people who might like to watch a 14-year-old girl dancing in her bedroom. However, you can sense that they expect some share from their daughter’s success, through their comments and attitudes. Now her father tries to sell her daughter to one of the top producer in UK who took charge of Kylie and Spice girls, to achieve her success in the UK after Japan. Among all these greedy adults, Beckii seems to be the only one who understand the harsh reality – her success may not be long-lived, especially popularity in Japan where a Lolita icon is easily forgotten as she grows old, and studies hard for her GCSE.

The Times Style Magazineに掲載された、日本から「輸入された」ファッション。日本では皆、こんな格好をしてると思われないといいけれど。。。左より、ビジュアル系、芸者ゴス、スィート・ロリータ。

Japanese-inspired fashion (from the Times Style Magazine). Hope no one believes that everyone dresses like these in Japan…From left, Visual Kei, Geisha Goth, and Sweet Lolita.

Enhanced by Zemanta

Shortlist / Stylist Free Weekly Magazines

ShortListは、ホワイトカラーや専門職の高収入の若い男性をターゲットにした無料週刊誌。イギリスの男性雑誌・FHMの元編集長で、同じくイギリスにベースを置く男性誌・Maximのアメリカ版のCEOだったMike Soutarによって、2007年9月に創刊された。イギリスの主な都市の、電車や地下鉄の駅、バスターミナル、NCPの駐車場、空港、スポーツクラブ、French Connection(FCUK)のショップなど、男性がよく行きそうな場所で、毎週木曜に配布されている。発行部数は50万部を超え、男性のライフスタイル・マガジンとしてはイギリス最高の発行部数を誇る。

60ページ(今週号)の薄い雑誌だけれど、通勤途中にさっと読めるように、スポーツやテレビ、車、映画、ガジェット(gadget:目新しい道具、面白い小物、携帯用の電子機器などを指す)、ファッションや男性用コスメなど、若い男性が好きそうな話題を簡潔に扱っている。他のイギリスの男性誌で必須の、裸や下着・ビキニ姿の若い女性がないので、公共の場でも読みやすい。無料雑誌だから、ページの半分ぐらいは広告で、記事を探すのが大変だけれど、センスの良いレイアウトでうまく記事をまとめていて、バスやチューブの中でさらっと読める。

女性用には、ファッションや旅行、インタビュー記事、美容やコスメ、レストラン、クッキングなどを扱った、Stylist(ウェブ版はStylist.co.ukという姉妹誌を発行している。

ShortList is a free weekly magazine launched in September 2007, targeting young professional males. The magazine is founded by Mike Soutar, former editor-in-chief of FHM in UK and Maxim in the US as its CEO. It is handed out every Thursday at around train and Underground stations and bus terminals in main UK cities, and can be also be picked up at NCP car parks, airports and French Connection stores and sports/health clubs. Shortlist boasts over half a million circulation, and is the biggest-circulation men’s lifestyle magazine in UK.

Shortlist is a lightweight magazine with only 60 pages (this issue’s case), but concisely deals with topics that young men like, such as sport, TV, cars, movies, gadgets, fashion and men’s beauty products. The good point is no nudity and no young women in underwear or bikini, so that you can read in public space without feeling embarrassed. The bad point is advertisements that occupy half of the magazine and it is kind of hard to find an article buried in a flood of advertisements, as the magazine is free and obviously relies on income from advertisers. But with its sophisticated layout and tasteful articles make it easy and fun to read in a train or bus.

For women, there is a sister magazine called Stylist (web version is at Stylist.co.uk), talking about anything women love – fashion, travel, interviews, beauty and cosmetics, restaurants, cooking etc as well.

BBC Concert Orchestra – Discovering Music: The Rise of Minimalism

BBCのTVやラジオの番組の無料観覧に申し込む、なんて今まで全く思いつかなかったのだが、以前友人が誘ってくれた、BBCラジオ収録用クラシック音楽のコンサートに同行させてもらい、無料でこんなにちゃんとした音楽を楽しめるなんて、なかなか使えるなと感心したのだった。チケットの申し込みは、ウェブサイト、電話、ファックス、テキストメッセージ、そして郵送で受け付けている。でも同じことを考える人はたくさんいるもので、すでに定員に達してる番組も多い。メーリングリストに登録すれば、興味のある番組やイベント情報がメールで送られてくるので、お目当ての番組には速攻申し込むのが大事。BBCは定員以上の数を受け付けるので、必ずしも席が確保されているわけではなく早い者勝ち、当日は1時間以上前に到着して、並ばなければならない。

昨日も、その友人に譲ってもらったチケットで、サウスバンク・センター内のQueen Elizabeth Hall(クイーン・エリザベス・ホール)で行われた、BBC Radio 3の「Discovering Music」シリーズの「The Rise of Minimalism」収録に行ってきた。Discovering Musicシリーズは、毎回違ったテーマの音楽を解説する番組で、この日も約2時間半に渡り、指揮者のCharles Hazlewoodが、BBC Concert Orchestraの生演奏や録音した曲を交えながら、ミニマル・ミュージックの歴史やその代表的な作曲家と曲目を詳しく解説。Mがフィリップ・グラススティーヴ・ライヒのファンで、コンサートには何度か行っているのだけれど、この日までミニマル・ミュージックについては基本的な知識しかなかった。ミニマル・ミュージックの特徴である、微妙な変化を加えながら延々と続くリズムの反復に、時にふっと意識がなくなったりした瞬間もあったけれど、解説付きだと、そのジャンルや曲に対する関心も増すもので、とても興味深く聞いた。またこの収録に際して作られた、代表的な作曲家を詳しく解説した20ページに及ぶパンフレットも、ミニマリズムのスタイルでかっこよくデザインされている。

BBC Concert Orchestraによる演奏曲目は、フィリップ・グラスの「The Hours(めぐりあう時間たち)」のサウンドトラック(抜粋)や「Two Pages」、エリック・サティの「ヴェクサシオン(嫌がらせ)」(抜粋)、モートン・フェルドマンの「Structures’ for string quartet」、スティーヴ・ライヒの「ヴァイオリン・フェイズ」など。そしてトリは、この日のメインである、約40分に渡るテリー・ライリーの「In C」。まだオンエアの日程は決まっていなそうだが、放送日が分かったら、是非もう一度聞きたいと思っている。

I had never thought and had no clue about participating a BBC TV or radio program as an audience. But my friend took me to one of the classical music concert recording for BBC radio a while ago, and I was kind of impressed that we could enjoy such a decent live music concert for free. Application of free tickets can be done via online, by phone, fax, text, or mail. Tickets for popular programs can be sold out quickly, so it is a good idea to join their mailing list that send you program and event information via e-mail, and apply the ticket of your choice right away. BBC issues tickets more than its capacity, so you have to come to a venue more than 1 hour earlier of the start and be on the queue to secure your seat on the day of the recording.

I went to another recording of BBC Radio 3’s “Discovering Music: The Rise of Minimalism” program yesterday at Queen Elizabeth Hall in Southbank Centre, since my friend couldn’t make it and gave me the ticket. “Discovering Music” series explores pieces of music in detail. During the 2.5-hour recording, conductor Charles Hazlewood explored the history of Minimalist music and main composers and their works, with performance by the BBC Concert Orchestra and recorded music in between. I went to Philip Glass and Steve Reich concerts sometimes, since M is a big fun of these two minimalist composers, but I had very basic knowledge about minimalist music before this recording. The repetition-based minimalist music with slow transformation sometime made me loose consciousness few times, but it was quite intriguing with detailed explanation of the music and live performance followed. Also the 20-pages program brochure made for the recording with detailed information about minimalist composers, is well designed with the minimalist style.

The list of music in the recording includes; Philip Glass‘s Suite from the movie ‘The Hours‘ (excerpt) and ‘Two Pages’; Erik Satie‘s ‘Vexations‘ (excerpt); Morton Feldman‘s ‘Structures’ for string quartet; Steve Reich‘s ‘Violin Phase’; and ended with the day’s main music, Terry Riley‘s ‘In C‘. The broadcast of the program is not decided yet, but I would love to listen again if I can get the date.

コンサート前の様子。演奏中は撮影禁止。席は選べないけれど、運良く前から4列目のど真ん中に座れ、迫力満点。

A photo before the concert. Photo is prohibited during the performance. I couldn’t chose the seat but we were lucky enough to get the seats in the middle of 4th row.

テリー・ライリーの格好は(写真上)、ミニマリズムと言うより、アメリカ西海岸ヒッピー。。。

Terry Riley (the photo above) looks more like an American west coast hippie than a minimalist…

Reblog this post [with Zemanta]

Mayor Boris Johnson and TfL Launch New “Cycle Safety” campaign

Vodpod videos no longer available.

昨日、ボリス・ジョンソン市長とTransport for London (TFL)は、夏にスタートする市の自転車レンタルシステムを前に、自転車利用者の安全と事故減少を目指し、新しい「Cycle Safety campaign(自転車安全キャンペーン)」を発表した。このキャンペーンでは、ピーク時のトラック利用の自制や死角の少ないTrixi mirrorsのトラックへの取り付け等トラック業界との協力、パンフレットや講習等自転車利用者への啓蒙・教育活動、警察と協力しての違法行為の取り締まり、ロンドン検察局と共同での自転車事故の刑事訴追プロセスの強化、Cycle Superhighways(自転車専用ルート)の建設のほか、特に問題となっている、トラックが左折する際に直進する自転車との衝突(過去エントリー参照)を防ぐため、赤信号でも自転車が左折できるよう検討することなどが含まれている。上のビデオはTVや映画館で流されているキャンペーン広告。銀行強盗に成功した一団が、まさに車で逃亡しようというところで、自転車に気づかず事故を起こしてしまうという、なかなかインパクトがある広告で、ドライバーに運転の際は自転車に注意するよう呼びかけている。

自身も自転車で通勤する市長は、盗難や破壊行為等問題の多いフランスのヴェリブを模した自転車レンタルシステムの導入を主張したり、2009/10年には過去最高の1億110万ポンドを自転車安全対策に使うなど、自転車利用者の安全を守る政策に意欲的だ。でも、自転車利用者として言わせてもらうと、常識的な注意事項しか教えないパンフレッや安全講習より(その常識も守らない自転車が多いのは事実だが)、ドイツやオランダ、北欧諸国のように、車に邪魔されない自転車専用レーンをしっかり整備してほしい。建設予定のCycle Superhighwaysにしても、郊外とロンドン中心部を結ぶルートなので、市内の主要な道路を網羅しているわけではなく、セントラル・ロンドンの端っこに住む私としては全然使えない。ちなみにロンドンやイギリスには無意味で使えない自転車専用レーンがたくさんあり、ガーディアン紙が組織する、写真共有サイトFlickrのグループ「The world’s worst cycle lanes」や「Crap Cycle Lanes」という本で多々取り上げられている。

下の写真2枚は、自転車事故で亡くなった人を追悼して白く塗られ、イギリス全土の事故現場に繋がれた「Ghost Bikes(幽霊自転車)」。ロンドンではこの2日間で、2人の自転車利用者がトラックにひかれて亡くなった(記事1記事2)。

Yesterday, London Mayor Boris Johnson and Transport for London (TFL) announced a new Cycle Safety campaign for improving cycle safety and reducing the number of serious cycling accidents, before the launch of the Cycle Hire Scheme this summer. This campaign includes additional funding for cycle training, working with the Police and the London Criminal Justice Board to tackle irresponsible behaviors on the road and to strengthen criminal justice procedures for dealing with cyclist deaths and serious injuries, distributing safety mirrors such as Trixi mirrors to fleet operators and working with the HGV industry to avoid deliveries at peak times, constructing Cycle Superhighways, and possibility of allowing cyclists to turn left at red traffic lights, particularly to avoid collisions with lorries and trucks (see also my past entry), which are responsible for more than half of London’s cyclist deaths each year. The video above is a campaign advert on TV and in cinemas across London, encouraging drivers to look out for cyclists on the roads. It is funny but shocking – a group of bank robbers fail to notice a cyclist as they escape in a car.

As a cyclist himself, the Mayor is a enthusiastic promoter of bicycle and safety of cyclists, spending a record £111 million in 2009/10 and promoting the controversial Cycle Hire Scheme, inspired by theft and vandal-ridden Paris’ Vélib. However, as a cyclist, I want the city to spend more money for making more bicycle lanes throughout the city, that are fully protected from obnoxious drivers, like the ones in northern European countries. I would think educational brochure and cycle training teaching us just common sense are more or less waste of money, except for children – many cyclists know the rules but just ignore them to travel faster. Planned Cycle Superhighways connect London and its suburb (see the routes), not within the city, and it is no use for me as a central London resident (well, at the edge of it). By the way, there are a lot of ‘crap’ bicycle lanes throughout the city and UK, and you can check those on photo-sharing Flickr group “the world’s worst cycle lanes,” organized by the Guardian,” as well as the book “Crap Cycle Lanes“.

The two photos below are the “Ghost Bikes” placed on the fatal accident locations across UK, paying tribute to dead cyclists. Two cyclists’ death by being hit by a truck, were reported in the last two days in London (article 1article 2).

Reblog this post [with Zemanta]

Change4Life TV advert campaign

Vodpod videos no longer available.

最近テレビでたまに見かけるコマーシャル。カラフルな粘土で作った人形が、自分の腹回りについた脂肪に気づいて慌てる様子が妙に可愛い(→このシリーズの他のビデオはこちらで)。このビデオにあるように、西欧人の男性は、「Tyre(タイヤ)」や「Love Handles(Sexの時につかむハンドル、という俗語)」と呼ばれるように、お腹だけでなく横腹にも脂肪がつきやすいようだ。反対に、日本人の男性はお腹が前にせり出すケースが多いような気がする。Mも自分の「タイヤ」を相当気にして、ジムに通い、ダイエットに励み、体重の増減をiphoneのアプリweightbotに記録している。

このCMを制作したChange4Lifeは、肥満が大きな社会問題となっているイギリスで、「Healthy Weight, Healthy Lives」をモットーに、ヘルシーな食生活とアクティブなライフスタイルによって健康的な体重を促進するという政府のキャンペーンで、2009年1月に始まった。ガーディアン紙の昨年10月の記事によると、現在、イングランドでは約100万人がBMI40以上のmorbidly obese(病的肥満)。成人の4分の1が肥満(BMI30〜40)で、この数字は2025年には41%、そして2050年までには過半数以上、前肥満(BMI25〜30)を含めると、なんと9人に10人になると予測されている。子供も例外ではなく、6歳児の約10%が肥満、この数字は過去20年間で3倍になった。

ちなみに、イギリス女性の平均的な服のサイズは、イギリスサイズ16(日本サイズ15/17。ブランド等によって異なる)。ちなみに平均身長は163.7 cm。ロンドンではそんなに太った人は見かけないけれども、田舎の方に行くと、結構大きい人を見かける。その平均サイズと裏腹に、ファッションモデルは「サイズ0(ゼロ)」と呼ばれる、アメリカの洋服サイズ0(日本サイズ7号)程度のスレンダーな女性ばかり。この非現実的な体型は、若い女性にプレッシャーを与え、摂食障害を誘発するとして、しばしばファッション業界が批判にさらされている。女性はダイエット、ダイエットと痩せるのに必死だけれど、イギリスでは男性の好みは女性がなりたい体型の2サイズも上なのだ。日本でも、女性誌の女性モデルと、男性週刊誌の女性モデルの体型(特に胸が大きい)はずいぶん違う。男性は生物学的に、自分の子孫を残してくれそうな胸とお尻が大きめの女性に惹かれるものらしいので、結局女性の考える理想体型というのは男性の目を意識してというより、女性同士のライバル意識の産物か、男性が筋肉をつけるのと同じように、自尊心を満足させるためだけのものなのでは?と思う。

This is a TV commercial I see sometimes on TV recently. It is cute that the colorful clay puppet gets panicked by finding out that he has ‘tire’ around his waist (→ click here to see other videos). Western men seem to get fat around their waist, as in the video, so called ‘tire’ or ‘love handles,’ comparing with Oriental men who tend to get fat on their belly but not their sides. M is also worrying about his tire and now he religiously goes on diet and works out at a gym few times a week, tracking his weight on his iphone app weightbot.

Change4Life, which made this TV ad, is England’s national social marketing campaign to promote heathly weight, began in January 2009. It aims to prevent people from becoming overweight by encouraging them to eat well, move more and live longer, and supports the overall Healthy Weight, Healthy Lives strategy. According to the article of the Guardian in October 2009, about a million people in England are morbidly obese with a BMI of more than 40. One in four adults is obese (a BMI of 30+), and government statistics estimate that the number will go up to 41% by 2025, and will be more than half, astonishingly 9 in 10 including ‘overweight’ with a BMI of 25〜30 by 2050. Kids are not exception either – 10% of six-year-olds are clinically obese, and the number of obese children has tripled over the past 20 years.

The average size of a british woman is British size 16 (American size 14), and average height is 163.7 cm (5′ 4.4″). I don’t see many overweight people in London, but more in the countryside. However, you mostly see ‘size zero‘ models on catwalks or a fashion magazines, contrary to the average size of women in UK. The fashion industry is often criticized because of this trend, as it creates unrealistic pressures for young women and the high incidence of eating disorders. Although many young women are obsessed about diet and loosing weight, the Fabulous Body Survey 2008 reveals that the women’s size that men like is 2 sizes bigger than the women’s ideal size. Also in Japan models of men’s magazines are more voluptuous (they especially like big breasts) than the stick-thin models in female magazines. Supposedly men prefer the female figures with bigger breasts and hips because of biological reason: so that the women can give a birth as many of their offsprings as possible. At the end of the day, I think women’s ideal body image is a result of a rivalry among women, and to increase their self-esteem that they can fit in a smallest size possible, like muscles do for men.

Reblog this post [with Zemanta]