Tag Archives: University College London

Art by Animals Exhibition @ Grant Museum of Zoology, University College London

Vodpod videos no longer available.

世界各地の動物園にいるゾウ、オランウータン、ゴリラ、チンパンジーが描いた絵を展示するユニークな展覧会が、2月1日からユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンGrant Museum of Zoology(グラント動物学博物館)で始まった(開館:月〜金曜の午後1〜3時/入場料無料/3月9日まで)。これは、違う種の動物の絵画を集めた、恐らく世界初の展覧会だという。

類人猿の絵は、よく2〜3歳児の「scribble stage(落書き、殴り書きの段階)」に例えられるが、博物館のマネジャーによると、類人猿は写実的描写もでき、そのアートは創造性に富み、同じ技法を使った人間の抽象画と区別できないほどだという。それに比べ、訓練をされたゾウは、いつも同じものしか描けないが、木や花とはっきり分かるような具体的な絵を描くことができるそうだ。

猿の描いた絵画は17世紀のヨーロッパのアートに見ることができるが、それ以前にも存在していた可能性もあるそうだ。1950年代中頃から、動物園はアートや絵画を動物たちのレジャー活動に使ったり、その絵を売って資金を集めたりするようになった。その動物たちによるアートの人気は、抽象表現主義の台頭と時期が重なり、その類似性も指摘されている。

動物には「アート」と言う概念はおろか、アートを創っているという意識もないから、動物たちの作品をアートと呼ぶか議論のあるところだろうが、これらの自由で溌剌とした作品たちは、人間の創った数多の所謂「アート」に比べ、見劣りはしないし、何より見ていて楽しい。

→参照:BBC / Daily Mail

An unique exhibition displaying paintings created by elephants, orangutans, gorillas and chimpanzees in zoos across the world, has opened on February 1st in Grant Museum of Zoology at University College of London (Opening: Mon-Fri 1-3pm/free entrance/until March 9th). It is believed to be the first/one of the first exhibition to showcase paintings by different species.

Often ape art is compared to that of 2-3 year-old children in the ‘scribble stage’. According to the manager of the museum, art produced by apes is creative and can make images, and is almost undistinguishable from abstract art by humans that use similar techniques. On the other hand, elephants are trained to always paint the same thing and produce images that clearly resemble trees and flowers.

Images of monkeys painting date back at least to the 17th Century in European art. Since the mid-50s, zoos have used art and painting as a leisure activity for animals, as well as selling the pieces to raise funds, and the rise in popularity of animal art coincided with the abstract expressionist art movement.

Are these art? Obviously these animals don’t have a concept of art and are not aware of making ‘art’, but certainly these free-spirited paintings are cheerful and interesting to look at, even in compare to thousands of human ‘arts’ out there.

→reference:BBC / Daily Mail

Mid-August Lunch (Pranzo di Ferragosto) @ Renoir Cinema

Renoir Cinema

昨日、Brunswick CentreにあるRenoir Cinemaで、イタリア映画「8月のランチ」を観た。8月15日のFerragosto(聖母被昇天祭)の話なので、15日に観ようかと思ったが、週末の人出を避けて月曜日にした(平日5時まではチケット代も£3安い)。2008年の東京国際映画祭のコンペティション部門にも選ばれたこの作品では、話題を呼んだマフィア映画「ゴモラ」(Gomorra)の脚本の共同執筆者である、ジャンニ・ディ・グレゴリオが主演・監督を務めた。グレゴリオが自らの母親を介護した経験にインスピレーションを得た、この映画は、独り身で母親とローマの古いアパートに2人暮らしの熟年男のジャンニが、イタリア全土がバカンスに出かける8月15日聖母被昇天祭の前日に、滞納中の管理費と電気代と引き換えに、愛人と旅行に出かける管理人の母親を、数日預かる約束をしたところから始まる。母親だけという約束が管理人の叔母、そして知人の医者の母親と、気づけば4人の高齢の女性の面倒を見ることになるはめに。ジャンニは、ワインをあおりながら、嫌々ながらも甲斐甲斐しく世話を焼く。最初はぎくしゃくしていた個性的な老女4人だけれど、最後は意気投合。最後は楽しく聖母被昇天祭のランチを祝うというストーリー。老人介護というシリアスなトピックを扱いながらも、イタリア映画らしく、笑いを交えた、ほのぼのとしたハッピーな映画に仕上がっている。まあ4人とも元気だから介護とは言わないか。高齢の親を残してバカンスに行くイタリア人は身勝手かもしれないけれども、一人で残しておくのは気が引けるのか、面倒を見てくれる人を捜してから出かける辺りが、なんだか憎めない(それとも単にマザコンなだけ?)。

Renoir Cinemaは、アートハウス映画を上映しているCurzon Cinema系の映画館(スクリーン数2)。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンや大英博物館が近いという場所柄か、主にハリウッドを除く外国映画(特にフランス映画)やインディペンデント映画を上映している。映画館の入っているBrunswick Centreは、60年代にデザインされ1976年に完成した、モダニズム建築の集合住宅と商業施設コンプレックス。老朽化のための改築計画は、度重なる住人の反対によって頓挫していたが、ついに2002年に改築が始まり、2006年に商業施設が再オープンした。現在、Renoir Cinemaの他、高級スーパーのウェイトローズ、カフェ、レストラン、ドラッグストア、ファッション・ブティック等が入居している。

We saw Italian movie “Mid-August Lunch (Pranzo di Ferragosto)” yesterday. Since the movie is about Italian holiday Ferragosto, when all the Italians go on vacation and the the cities are deserted, so we thought to see it on August 15th but we decided to see it on Monday to avoid the weekend (and a ticket is £3 cheaper on weekday before 5pm). Written and directed by co-screenwriter of a mafia movie ‘Gomorra‘, Gianni di Gregorio, ‘Mid-August Lunch’, inspired by Di Gregorio’s own experience in living with his own mother, is a cute movie with lots of laughs.  The main character, Gianni, played by Di Gregorio himself, lives in the old apartment in Rome with his elderly mother. By piling up unpaid bills, Gianni was forced into looking after building manager’s mother for two nights in exchange for forgiving some tenant debts, so that the manager could go on his vacation. Gianni ended up looking after total four elderly ladies – his mother, manager’s mother and aunt, and mother of his doctor friend who had a night shift on the day before Ferragosto. Gianni had reluctantly looked after four old ladies with the help of white wines and ‘bribery’ from the manager and the ladies. The four ladies, each with their own strong personality, had some discord at the beginning, but they hit it off with each other, and had good time over the Ferragosto lunch at the end. Though the story embraces depressing themes such as taking care of aging parents and poverty (well, sort of), Di Gregorio was able to make ‘Mid-August Lunch’ heart-warming and optimistic by the power of Italian sense of humors.

Renoir Cinema is a part of art house movie theater chain Curzon Cinemas and shows mainly foreign films (except commercial Hollywood movies), especially French movies, and Independent movies.  The cinema is a tenant of Brunswick Centre, which is a modernist architecture and a residential and shopping centre in Bloomsbury, near University College London and British Museum. It was designed in 60s and completed in 1976. Plans for renovation had repeatedly been blocked by residents’ committees but much-needed makeover began in 2002, and major works completed in 2006. Now Brunswick Centre houses upscale supermarket Waitrose, cafes and restaurants, drugstores, and fashion chains etc.

Mid-August Lunch postcard

Reblog this post [with Zemanta]