Tag Archives: visual art

Julian Opie Installation @ Barbican Centre

Vodpod videos no longer available.

バービカン・センターの屋外テラス・Lakesideに置かれている、イギリス人ビジュアル・アーティストJulian Opieジュリアン・オピー)のLEDインスタレーション作品。イギリスを代表する現代美術家のジュリアン・オピーは、フラットでポップな色使いに、太線と点で描かれた、ディテールを省いたシンプルな人物ポートレートが作風の、Michael Craig-Martin(マイケル・クレイグ・マーティン)と並んで、私のお気に入りのアーティストの1人。

この作品は、今年夏にバービカン・センターで開催されていた、「Watch Me Move: The Animation Show」の一環らしい。オレンジ色のLEDディスプレイ2台に、女性(左/写真)と男性(右/写真)が歩く姿が写し出されている。催眠術のように、ずーっと見ていても飽きない。

This is a LED installation by British visual artist Julian Opie, placed on the Lakeside outdoor terrace at the Barbican Centre. His signature portraits are characterised by minimal details composed of black outlines and circle and flat colours. He is one of my favorite artists, together with Michael Craig-Martin.

I believe that this work is a part of this year’s summer show “Watch Me Move: The Animation Show” at Barbican. Two orange LED displays, woman on the left (photo) and man on the right (photo), are showing them walking. It is hypnotic and I can watch them all day!

Roni Horn aka Roni Horn @ Tate Modern

Opposite of WhiteYou are the Weather

アメリカ人ビジュアルアーティスト・Roni Horn(ロニ・ホーン)の、イギリスの美術館での初のメジャーな展覧会となる「Roni Horn aka Roni Horn」が、テート・モダンで2月25日から始まる。70年代の初期の作品から現代まで、ドローイング、本、フォト・インスタレーション、彫刻と多彩な作品群が展示されたエキシビションは、ロニ・ホーンの可変性(mutability)と場所への興味を探究したものだ。

特に目を引いた作品は、彼女の「水」とその可変性に対する興味を体現したガラス彫刻4点(「Pink Tons」「Opposite of White, v.1」(無色ガラス)「Opposite of White, v.2」(黒ガラス)「Untitled (Aretha)」(赤ガラス)。また、アイスランドで撮影された写真の、フォト・インスタレーション、「Pi」 と「You are the Weather」も、アイスランドの雄大な自然と少しうら寂しい雰囲気が感じられる、よい作品だ。「Pi」は、45枚のポートレート、動物、ランドスケープを組み合わせた作品。1人のモデルを使って、雨、霧、風、晴れの違った天気の中、アイスランドの様々なプールで撮られた100枚の写真を使った「You are the Weather」は、天気によって表情がかすかに変わるのが面白い。ホーンの姪・ジョージアの、子供時代からティーンエイジャーへの転換期に撮影された写真、1枚目と数秒後に撮られた2枚目の計48枚ずつを、向かい合うふたつの壁にグリッド状に並べた「This is Me, This is You」(展覧会の外に飾られている)も、生き生きした少女の表情が可愛い。

American visual artist Roni Horn‘s first major museum show in the UK, ‘Roni Horn aka Roni Horn ‘,  starts from  February 25th at Tate Modern. The exhibition including drawings, books, photographic installations and sculptures from 70’s to present, explores her interest about mutability and place.

The works which specifically attracted my attention were four cast glass sculptures which appear as ‘pools of water’; ‘Pink Tons‘, ‘Opposite of White, v.1‘ (colourless glass), ‘Opposite of White, v.2’ (black glass), and ‘Untitled (Aretha)‘(intense red glass). Her works often deals with ‘water’ which represent the mutability – many of her photographs analyse the nature of water. In her work ‘Still Water’, the images of  the river  Thames show its swirling surface, opacity, and changing colour,  with a sequence of footnotes about the history of the river, its presence in the city , and our relationships with water, below the images. The installations of photos taken in Iceland, ‘Pi‘ and ‘You are the Weather‘, is intriguing and you can feel the nature and atmosphere of  desolated Iceland. ‘Pi’ compromises 45 photos of portraits, animals and landscapes of Iceland. ‘You are the Weather‘ is an installation of 100 photos of the models in different pools across Iceland in rain, fog, wind, and sun – you can see her expression changes in response to the weather. ‘This is Me, This is You‘ (can be seen outside the exhibition) is comprised of two separate grids each with 48 photos of her niece, paired with a corresponding image which was taken few seconds after, in the other grid, is cheerful and cute.