Tag Archives: Waste

Muji’s “Product Fitness 80” @ Design Museum

ロンドン(デザイン・ミュージアム:3月9〜18日)と東京(ATELIER MUJI:3月1〜20日)で同時開催中の「Product fitness 80もの八分目)」展。「腹八分目」が健康に良いように、ものづくりにも過剰さを抑え無駄をなくす「もの八分目」が必要じゃないだろうか。東北大震災から1年、ものの「適性(フィットネス)」を見直し、必要な大きさや量を超えて肥大化した「もの」を適正なサイズ、量、素材等に戻そうという、無印良品のものづくりの姿勢を伝えるために企画された。

デザイン・ミュージアムの企画展ではないからか(無印良品が場所代を払ってると思う)、全然力が入っていない。他の展覧会に比べて会場も狭くて天井も低く、窓もなくて薄暗いと、開放感が全くない(元々この部屋は展示室じゃなくて、倉庫だったんじゃないかとみている)。いくら過剰を排除すると言っても、展示品も解説も小振りで地味過ぎ。これじゃ発信したいメッセージも伝わらない。写真で見る限り、東京の展覧会の方がまだ格好いい。2014年にCommonwealth Instituteで新装オープンを目指すデザイン・ミュージアムの金づるになっただけかも、という気がする(ガーディアン紙記事)。偶然にも、1階下の「Terence Conran: The Way We Live Now」は、ミュージアム移転に1700万ポンド寄付したというコンラン氏の展覧会だし(金額で負けたか)。こんな陰気くさい場所でやるぐらいなら、ロンドンにある無印良品の大型店舗でやった方が安上がりだし、ましだったなんじゃないかと思う。

A Japanese retail company Muji‘s “Product fitness 80 (もの八分目)” exhibition is currently held in Tokyo (@ATELIER MUJI: Mar 1-20) and London (@Design Museum: Mar 9-18). On the one year anniversary of the Japanese earthquake and tsunami, Muji rethink the way in which design impacts on the way we use energy. The title “Product fitness 80”, like physical fitness, comes from a Japanese proverb “Eating moderately (literally “stopping eating at 80% full”) keeps the doctor away.” The exhibition addresses the question, “what would happen if we use 20% less materials and energy in the actual process of making products?” This exhibition represents a Muji’s approach on manufacturing – removing waste and excess and making their products in adequate size and amount.

Since the show is not planned by Design Museum (Muji assumingly paid to rent the space), it is sort of sidelined. In compare to other two exhibitions, the space is small with low ceiling and dark with no windows (I believe this room was originally a store room or something). Although concept is ‘fitness’ without excess, the products and its descriptions are too little and too modest. The show in Tokyo looks much better on its website. It seems to me that this is like a rip-off by Design Museum who probably needs more fund for moving to a larger Commonwealth Institute building in 2014 (Guardian article). Coincidentally, “Terence Conran: The Way We Live Now” exhibition downstairs is about Sir Conran, who donated £17 million for the museum’s renewal. It would have been better and cheaper to host the show at one of the London’s Muji stores, in compare to this dungeon like space.

↓ 最上階で開催中のDesign of the Year 2012(→過去のエントリー:2009 / 2010)。写真不可のため展覧会の写真はなし。見飽きた感のある、デザインのごった煮的展覧会。

↓ “Anything goes” kind of exhibition that I felt a bit fed-up, “Design of the Year 2012” on the top floor (→past entry: 2009 / 2010). There is no photos allowed, therefore, I couldn’t take any photos.

Islington Household Reuse and Recycling Centre @ Holloway

Recycle More brochureHousehold Reuse and Recycling Centre

家にたまっていた壊れた家電製品を、Islington(イズリントン)区のHousehold Reuse and Recycling Centre(家庭用品再利用・リサイクルセンター)に持っていった。プラスチックボトルや紙製品、ガラスは、近くのリサイクル用ゴミ集積所(写真にある、大きなキャスター付きコンテナ)に廃棄できるのだけれど、電池や家電製品等は、このリサイクルセンターに持っていく。

イギリスのリサイクル率は、他のヨーロッパ諸国に比べて低いと批判されてきたが、最近官民をあげてリサイクルに力を入れており、リサイクル状況は改善されてきている。政府のTVコマーシャルや新聞広告、メディアでも多々取り上げられていて、人々の意識も高まっているようだ。Defra (Department for Environment, Food and Rural Affairs/環境、食品、地方問題局)の調べでは、イングランドの家庭用ゴミのリサイクル率は、1997−98年の8%から2006−7年には31%になった。約750万人の人口を抱えるロンドンは、年間340万トンのゴミを排出、リサイクル率は約25%程度(recycle for Londonより)。残りは、埋め立て地行きとなる(イギリスでは、ゴミ焼却の割合は2006年統計で9%)。60%の家庭用ゴミがリサイクルできる事から、まだまだ改善の余地がある。しかし大都市のロンドンには、エコ熱狂者から、ゴミ問題無関心、またお上に何かしろと言われると反抗したくなるへそまがりまで、雑多な人々が集まっているので、一筋縄ではいかないだろう。

それにしても気になるのが、若者を中心にゴミのポイ捨てが多いこと。有名なショッピング街、オックスフォード・ストリートはチューインガムの跡で、歩道が水玉模様となっている。ゴミ箱(ちなみにイギリス英語ではBin/ビンという)のすぐ近くにゴミが散乱してる事も多く、なぜ目の前にあるゴミ箱に捨てられないのか不思議だったりする。スポーツジムの友人(20代の女優で、ファッションも素敵)が、チューインガムの包み紙を、何気なく堂々と床に落として平然としていたのを見て、びっくりした。もちろん、地域によって状況は違い、「上品」なエリア(ケンジントン&チェルシー区など)は、ゴミはほとんど落ちてない。ちなみにイギリスでのゴミ出しについては、All Aboutに詳しく書いてありますので、ご興味のある方は、読んでみて下さい。

We brought all the junks & broken electrical, small appliances and batteries to Islington‘s Household Reuse and Recycling Centre. You can discard glass, plastic bottles, and papers at a nearby recycling bay around the corner, but we bring other recyclable stuffs to the center.

Recycling in UK is often criticized as low in compare to other European countries, but it is improved recently due to the government campaign, TV commercials and newspaper ads, and media coverages. According to Defra (Department for Environment, Food and Rural Affairs) research,  household waste recyling rates in England raised from 8% (1997-98) to 31% (2006-07). London with population of 7.5 millions, produces 3.4 million tons each year and recycle rate is over 25% today (from recycle for London website) – the rest goes to landfills (in 2006, only 9% of rubbish is incinerated). But 60 per cent of what we throw away can be recycled, so there’s space for improvement. But I would think it is difficult as London is a melting pot, from green-fanatics to ‘I am not interested in eco’ type, and people who want to go against what you are told to by a ‘Nanny state‘.

What I don’t like more than anything is the littering on the street by mainly young people. The side walks of Oxford street, which is a famous shopping area of London, is dotted with chewing gums. I am perplexed to see trash around the trash can (‘bin’ in British English) – why people cannot put a trash in a trash can in front of you?? I was surprised when I saw my friend at a sports club, who is an actress in 20s and  in a cool fashion, very naturally drop a chewing gum paper on the gym floor. Of course it depends on the area – you don’t see much trash on the street in a ‘sophisticated’ area such as Kensington and Chelsea.

Reblog this post [with Zemanta]