Tag Archives: Whitechapel Gallery

Giuseppe Penone: Spazio di Luce @ Whitechapel Gallery

友人に誘われて、Whitechapel Galleryで展示中のイタリア人アーティスト・Giuseppe Penone(ジュゼッペ・ペノーネ)の作品「Spazio di Luce (Space of Light/光の空間)」を見に行った。

イタリアの芸術運動・アルテ・ポーヴェラのメンバーであるペノーネは、45年以上に渡り、人間と自然との関係を追求。今年のBloomberg Commissionのために、空洞になっている内部が金箔で覆われた、12mもの長さのブロンズ製の木「Spazio di Luce」を制作した。この作品は、本物の木に薄くワックスを塗った彼の1969年の作品「All the Years of the tree plus one」を元に、木の代わりにブロンズを使用。自身が山で見つけてきた木を、ブロンズの型取りをしやすいような大きさにカットし、動物のように木が自身で立つように、余分な枝も取り除いた。最初のレイヤーは筆で、そしてその上から手でワックスを塗ることで、表面には制作に関わった人たちの多くの指紋が、記念のように残っている。内部は、いにしえより、生命の源と考えられていた太陽の光と連想されていた金で彩られていて、入口から見ると、中全体が見渡せるようになっている。

もしこの作品のことを何も知らなければ、本物の木と見まがうかのような素晴らしい出来。木の持つ生命力さえ感じられる気がする。訪れた人の一人は、内側に向かって鼻歌を歌い、その反響を楽しんでいた。とてもダイナミックで、生命力にあふれた、見るものに活力を与えてくれる作品。

I went to see a work by an Italian artist Giuseppe Penone, “Spazio di Luce (Space of Light)” (September 4, 2012 – August 11, 2013), at Whitechapel Gallery.

Penone, a member of the Italian art movement “Arte Povera“, has examined our relationship to nature over the past 45 years. For the latest Bloomberg Commission, he has created a 12-metre bronze cast of a tree with a gleaming gold-leaf interior. This work is a recollection of his work in 1969, “All the Years of the tree plus one“, a tree covered by a thin layer of wax, but this time he has created with bronze instead of a real tree. He found a tree in a mountain, and cut it in pieces in good size for making a cast. He also removed some branches so that the tree can stand by itself, like an animal. He first put a layer of wax with the brush and then by hands over the first layer, so you can see many fingerprints of whom involved in the sculpture’s making like a memory. Void spaces inside of the bronze cast are painted in gold, historically associated with the life-giving forces of light of the sun, and you can see through the entire tree from the entrance of the gallery.

If you have no knowledge about this work, you may mistakenly believe that this is a real tree. You can even feel life force that trees possess. One cheerful visitor was singing into the tree and enjoying the echo of his singing. A truly dynamic work that gives us a life force, and makes us all liven up. Two thumbs up!

Advertisements

Wilhelm Sasnal @ Whitechapel Gallery

Vodpod videos no longer available.

ホワイトチャペル・ギャラリーで開催中の、Wilhelm Sasnal展(10月14日〜翌年1月1日)が、なかなか面白い。この展覧会では、ポーランド人アーティスト・Wilhelm Sasnalヴィルヘルム・サスナル)の、1999年以降の過去10年間に制作された70以上の作品が展示されている。

サスナルが自身の作品に「ルール」はないと言っているように、母国ポーランドの歴史や現代の歴史的事件(東北大震災を主題とした作品も→インディペンデント紙記事 photo gallery 6/18)から、家族や平凡な日常の光景の他、アート・スピーゲルマンの漫画作品「Maus」(ポーランド人は豚として描かれている。インディペンデント紙記事 photo gallery 9/18)やジョルジュ・スーラの名作アニエールの水浴からもアイデアを得るなど、そのテーマは多岐に渡る。サスナルは、インターネットやメディアの写真・画像やポップ・カルチャーのアイコンを元に、ポップアート、自然主義アート、抽象画が混在する、独自の世界を創り出す。 ガーディアン紙インデペンデント紙の批評家が指摘するように、現在テート・モダンで回顧展が開催中のGerhard Richter(ゲルハルト・リヒター)の作品とも相似点が多い(過去のエントリー参照)。

彼の作品のトーンは、控えめで透明感がある。登場人物など、その対象のディテールは、時に省かれる。落ち着きがあって静謐な、ソフトな印象だが、その裏に、非情で悲惨な出来事が隠されている作品もある。控えめだが、力強い、心に残る展覧会だと思う。

Whitechapel Gallery‘s autumn exhibition, Wilhelm Sasnal (Oct 14 – Jan 1, 2012) is quite exciting and worth to see. This exhibition displays Polish artist Wilhelm Sasnal‘s  over 70 works of past 10-year after 1999.

Sasnal’s subjects varies from history of his native Poland and 21st-century world historic events including this years’s Japan tsunami (Independent article photo gallery 6/18) to his family (photo below: “Kacper and Anka”) and banal everyday life, as well as a comic character of “Maus” (Polish is depicted as pig in it) by Art Spiegelman (Independent article photo gallery 9/18)  and Seurat’s Bathers at Asnières – there is no ‘rule’ to his art, as the artist himself claims. He uses photographic images taken from internet and media as well as icons of pop culture, and creates his own world of art – a mixture of pop, naturalistic and abstract paintings. As the articles of the Guardian and the Independent art critiques mention, his works share some similarities with Gerhard Richter, currently shown at Tate Modern (see my past entry).

Tone of his paintings is subtle and transparent, and subjects are often impersonal without details. Its soft appearance is pleasant and relaxing, however, tragic events and meanings are depicted behind it in some of his paintings. Understated, but very powerful works.

Kacper and Anka, 2009

Max Mara Art Prize for Women @ Whitechapel Gallery

Max Mara Art Prize for Women @ Whitechapel Gallery

ホワイトチャペル・ギャラリーで行われた、「Max Mara Art Prize for Women」展のプレビューに行った。「Max Mara Art Prize for Women」は、イギリスで活動する、まだ大規模な個展を開いたことのない女性アーティストに贈られる賞で、2年毎に開催される。2007〜09年の受賞者であるHannah Rickardの作品、「No, there was no red.」は、2つのスクリーンで構成された映像作品で、まれな気温逆転による蜃気楼の結果、ミシガン湖の上に街が投影された現象が口頭で語られる。私は気が短いので、ビジュアル面であまり動きのない、語りを主とした映像作品は少し苦手だ。1分程見た後、飽きてすぐに立ち去ったので、残念ながら作品の出来はよくわからない。

それより面白いと思ったのが、7月9日〜9月20日まで、同じくホワイトチャペル・ギャラリーで開催中の、アメリカ人アーティスト、エリザベス・ペイトン(Elizabeth Peyton)の「Live Forever」展。ペイトンはリアム・ギャラガーマシュー・バーニージェイク・チャップマンジャービス・コッカー等、、彼女と同世代のアーティストやミュージシャン、そして若かりし時のエリザベス女王ジョージア・オキーフフリーダ・カーロ等、彼女に影響を与えた人々等を描いたポートレート作品を展示している。小さいキャンバスに油絵で描かれたポートレートは、カラフルでちょっと雑にも見える彼女独特のタッチで、その人物を生き生きと描き出している。

We sent to a preview of  “Max Mara Art Prize for Women” at Whitechapel Gallery. The “Max Mara Art Prize for Women” is a biannual award recognising the achievements of a UK-based artist who has not yet had a major solo exhibition.2007–09 award winner Hannah Rickards‘ two-screen film “No, there was no red.” is based on spoken accounts of a displaced image of a city seen over Lake Michigan as the result of rare temperature inversion mirages. I am a pretty impatient person, and I left the room after 1 minute of looking at this film work with mainly narration and not much movements. Therefore, I am afraid that I cannot talk if the work deserves to the award.

I was more excited to look around another exhibition at Whitechapel Gallery, “Live Forever” by the American artist Elizabeth Peyton. She portrays artists and musicians of her own generation including Matthew Barney, Jake Chapman, Jarvis Cocker, and Liam Gallagher, as well as iconic figures who have inspired her, including the young Elizabeth II, Georgia O’Keefe and Frida Kahlo. Her paintings on small canvases, portraying the subjects in her own unique style of colorful and rough touch, were pretty captivating.

Live Forever: Elizabeth Peyton

Reblog this post [with Zemanta]

Whitechapel Gallery Reopening

Whitechapel Gallery ReopeningWhitechapel Gallery Reopening

2年間に渡る改装工事の後、ホワイトチャペル・ギャラリーが4月4日、再オープンした。隣接した図書館の建物と合体し、ギャラリースペースがほぼ2倍になった。1901年に設立されたホワイトチャペル・ギャラリーは、公的資金援助でできた最初のギャラリーの1つで、非営利教育チャリティとして、貧しいホワイトチャペル地区を中心にした、教育活動や公共福祉のプロジェクトに定評がある。コンテンポラリー・アートの作品の展示や、回顧展、地域のための展覧会等を行っている。

再オープンの目玉は、ロンドンを拠点に活躍するポーランド人アーティスト、ゴシュカ・マキュガ(Goshka Macuga)の、ピカソの「ゲルニカ」にインスピレーションを受けたタピストリー。1938年にこのホワイトチャペル・ギャラリーで「ゲルニカ」が展示された事を記念して企画されたものだ。通常国際連合安全保障理事会の外に飾られているこのタピストリーや戦争や反戦のプロパガンダが収納された円卓を含む、「Goshka Macuga: The Nature of the Beast」展は、歴史的また現代の問題をつないでいるとの事だが、繋がりが弱く表面的で、典型的な「反戦」アートとなってしまっているような気がする。

他の主な展示は、写真、絵画、建築、拾ったオブジェ等をミックスした作品で有名なドイツ人彫刻家イザ・ゲンツケンの初の回顧展「Isa Genzken: Open, Sesame!」。ゲンツケンのカラフルで遊び心に溢れた作品は、コンクリートの固まりや古いラジオの展示等面白いものもあったが、多くは残念ながら私の理解不能な、不可解な「コンテンポラリー・アート」だった。

その他の現在の展示は「Passports: Great Early Buys from the British Council Collection」等々。

After 2 years of development work, the Whitechapel Gallery was reopened on 4 April. The size of the gallery become doubled by incorporating the former neighbouring library building. The Whitechapel Gallery was founded in 1901, as one of the first publicly-funded galleries, and also has a reputation for education and outreach projects as not-for-profit educational charity, especially to the deprived Whitechapel area. It exhibits the contemporary arts, retrospective exhibitions and shows for an interest to the local community.

New gallery’s first exhibition after reopening includes a tapestry by a London-based Polish artist Goshka Macuga, inspired by Pablo Picasso’s Guernica, to commemorate the gallery’s exhibiting Pablo Picasso‘s ‘Guernica‘ in 1938. ‘Goshka Macuga: The Nature of the Beast‘, containing the tapestry hung outside the UN Security Council and a hollow round-table  filled with war and anti-war propaganda, is supposed to connects historic and contemporary affairs, but the connection is a bit weak and superficial, and it ends up like another typical ‘anti-war’ artwork.

Another major exhibition is ‘Isa Genzken: Open, Sesame!‘, the first retrospective of German sculptor, who create fusion of photography, paint, architecture, and found objects into the realm of sculpture. Some of Genzken‘s colorful and playful works are interesting, such as concrete blocks and old radio hanging on the wall, but many of them are another mysterious contemporary arts that unfortunately I can’t understand…

The gallery is also showing ‘Passports: Great Early Buys from the British Council Collection‘ and so on.

Reblog this post [with Zemanta]