Tag Archives: work

GREAT Campagin to Promote Britain

イギリスも持つ魅力を世界に売り込むため、キャメロン首相が昨年9月に立ち上げた「GREAT Campaign」。エリザベス女王の即位60周年の記念式典・ダイヤモンド・ジュビリー(6月2〜5日)とロンドン・オリンピックが開催される特別な年にあたる2012年、そしてそれ以降も、UK Trade and Investment(英国貿易投資総省)、Culture Department(文化省)、Foreign Office(外務省)、Visit Britain英国政府観光庁ホームページ)など政府をあげて取り組み、貿易・投資促進、観光客誘致など、観光・ビジネスなどの分野で計10億ポンドの増収を期待する。

これらのイメージは、Countryside(田舎:スコットランドのグレンフィナン陸橋)、Creativity(創造力:ウォレスとグルミット)、 Entrepreneurs(起業家:ヴァージン・グループ創設者サー・リチャード・ブランソン)、Green(再生可能エネルギー技術:イーストロンドンのオリンピック競輪場)、Heritage(歴史:ヘンリー8世)、Innovation(イノベーション:スコットランドの健康関連会社Touch Bionics)、Knowledge(知識:ケンブリッジ大学 コーパス・クリスティ・カレッジ)、Music(音楽:レディング・フェスティバル)、Shopping(ショッピング:セルフリッジズ靴ギャラリーにあるNicholas Kirkwoodのパンプス)、Sport(スポーツ:マンチェスター・シティFCフラムFCの試合)の計10個のテーマで作られた、キャンペーン用イメージで、ポスターやポストカード、広告などに使われている。スタイリッシュでセンスのいいインパクトのあるデザインで、クール・ブリタニアを謳うだけある。でも、Great Britainとかけているのは分かるけれど、赤字で「GREAT」のオンパレードはちょっと偉そうに聞こえるかも??

Vist Britainサイトデジタルポストカードポスター広告

The GREAT Campaign has been launched in September 2011 by Prime Minister David Cameron to promote Britain abroad for investment and tourism, focusing on everything the UK has to offer as one of the very best places to visit, study, work, invest and do business. The “GREAT” campaign hopes to create a £1 billion boost for businesses and bring in four million extra foreign tourists, especially in this special  year of 2012, when UK hosts the Queen’s Diamond Jubilee celebration (June 2-5) and the London Olympic and Paralympics. The UK Trade and Investment, the Culture Department, the Foreign Office, Visit Britain and other government departments will work together on the campaign to bring in the business and tourists from now and beyond 2012.

These images are made under a common banner for posters, postcards and ads, to publicise the project, using 10 key campaign themes: Countryside (Glenfinnan Viaduct, Scotland), Creativity (animation character of Wallace & Gromit), Entrepreneurs (Founder of Virgin Group, Sir Richard Branson), Green (Olympic Velodrome, East London), Heritage (Henry VIII), Innovation (Touch Bionics, Livingston, Scotland), Knowledge (Corpus Christi College, Cambridge), Music (Reading Festival), Shopping (Nicholas Kirkwood, The Shoe Galleries, Selfridges), Sport (Manchester City vs Fulham, Craven Cottage, London). Very stylish & cool design. I understand that “GREAT” is from “Great Britain”, but repeating of “GREAT” in red may be a bit too pompous??

Vist Britaindigital postcardspostersads

Advertisements

Debrett’s Guide for the Modern Gentleman

Mが最近買った本で、なかなか面白いと思ったのがこれ。イギリスは紳士の国、と信じている人も多いけれど、イギリスでもマナーや常識のない人たちの行いに呆気にとられる事が多々ある。まあそれはどの国でも一緒かもしれないし、文化的な違いもあるだろうから、適当に流しているけど。この本は、できればそんな方々に是非一読していただきたい本。またイギリス暮らしで知っておきたい知識が満載なので、イギリスに住む外国人にもお薦め。

Guide for the Modern Gentleman」は、1769年創業の出版社、Debrett社が発行。20世紀の中頃から、伝統的なイギリスのエチケットを著した本の数々を出版している。時代錯誤のマナーではなく、仕事、身だしなみ、家まわり、シティ・ライフ、余暇、車、旅行、グルメ、現代の騎士道など、現代生活に必要な情報やアドバイスを、微に入り細に入り、ウィットとユーモアを交えて掲載している。クラシックでエレガントなフォント、可愛いカラーの挿絵や古い本に出てくるような白黒の木版画のイラスト、そして手触りのいいマットな紙と、本の装丁も素敵。

この本は男性をターゲットにしているけれど、Debrettは女性向けに「Etiquette for Girls」、そして一般向けに「A-Z of Modern Manners」も出版している。またウェブサイトでも、日常生活のエチケットや結婚式など、いろいろな情報やアドバイスが無料で見られる。

This is the book M bought recently and it is quite interesting. Many foreigners may still believe that UK is a country of ‘gentlemen’, but I often encounter a person stunningly without basic manner or common sense. I just let it go because there are always obnoxious people in any society and I may have misunderstood something as a foreigner. But this is the kind of book I really want them to read. Also this book is useful for foreigners who live here to learn how to behave here in UK.

Guide for the Modern Gentleman” is published by Debrett, a specialist publisher founded in 1769. Dating from the mid 1900s, Debrett’s has published a range of guides on traditional British etiquette. This book doesn’t teach you old-fashioned manners, but it covers all aspects of life for the modern man such as work, maintenance including tailoring and grooming, home, city life, time off, sports, motoring, travel, food & drinks, and new ‘chivalry‘, and gives us all kinds of information and advice in details, with wits and humors. The book itself is nicely done, with a classic elegant typeface and cute color illustrations and black & white woodcut prints published on a nice soft matt paper.

This book targets men, but also women can get a lot of general knowledge from it and learn what men care. “Etiquette for Girls” is also available for women and “A-Z of Modern Manners” for general audience. Debrett’s website offers a variety of information as well on all occasions of life such as everyday etiquette and wedding, and it is free ;-).

Enhanced by Zemanta

Henry Moore Exhibition @ Tate Britain

イギリスを代表する彫刻家・アーティストである、ヘンリー・ムーアの展覧会が、今日からテート・ブリテンで始まった。1986年の彼の死後、ロンドンで最大規模となるこの回顧展では、大理石や木彫り、ブロンズ等の彫刻やドローイングなど、150以上に及ぶムーアの初期の作品を展示。彼の主なテーマである、「母と子」や「横たわる像」、座像や頭像の彫刻とともに、第二次世界大戦中に戦争画家として描いた、Blitzザ・ブリッツ:ドイツ軍による空襲)」の際に、ロンドン地下鉄や防空壕で寝泊まりする人々の絵も展示されている。

ムーアは、伝統的な彫刻観を否定し、美術館や博物館で見た非西欧の作品からインスピレーションを受けた。模型を作らず直接作品を彫るダイレクト・カーヴィングの先駆者であり、人間の体をモチーフとして、穴が開いていたり空洞を含んだりする、独特の有機的フォルムを作り上げた。その、モダニズムシュルレアリズムが融合した、ブロンズや大理石製の大規模な抽象彫刻は、パブリック・アートとして、ロンドンをはじめ、世界中で見ることが出来る。ムーアは、自身の作品が公の場に置かれるのを好んだが、昨日のBBCニュースによると、盗難や破壊行為により、最近では屋内での展示が増えているそうだ。

この「ヘンリー・ムーア」展は、なかなか見応えのある、充実した展覧会だ(写真はBBCサイトでも見れる)。屋外作品に比べると作品は小規模だけれども、土着的でシンプル、どっしりとした彫刻スタイルは変わらない。彼の作品はなんとなく温もりがあり、見ていると安らぐ。それに比べ、地下で避難した顔の見えないミイラのように描かれた人々の暗い絵からは、戦時中の人々の苦難がひしひし伝わってくる。

A new exhibition of the work of Henry Moore (1898–1986), one of Britain’s greatest sculptors and artists, just opens at Tate Britain today. The exhibition, the first major London retrospective of his work since his death in 1986, presents more than 150 stone sculptures, wood carvings, bronzes and drawings in his early career, including his main themes of the mother and child, reclining woman, seated figure and head, as well as his shelter drawings of Londoners sleeping in bomb shelters during the Blitz, as an Official War Artist. Although Moore liked his works to be in outdoor public spaces, recently more of his works are exhibited indoor due to vandalism and theft, according to the BBC news yesterday.

Moore rebelled against views of sculpture, instead finding inspiration from non-Western works he saw in museums. He pioneered carving directly from materials, evolving his signature abstract forms derived from the human body, with the influence of Modernism and Surrealism. His organic forms are generally pierced or contain hollow spaces. He was best known for his large scale abstract monumental bronze and marble sculptures which are located around London as well as the world as public art.

The exhibition is impressive and well-done. Though Moore’s works are smaller than his outdoor works, his unique style, primitive yet modern and simple, is certainly seen. His works have some sort of warmth and strength, and I felt calm and relaxed by looking at them. On the other hand, his drawings of people without faces and looking like mummies during German air raids, are painful to look at and vividly shows us the hardship that people went through during the World War II.


Vodpod videos no longer available.

Reblog this post [with Zemanta]

Up In The Air @ Barbican Cinema

Vodpod videos no longer available.

今日、バービカン・シネマで月曜割引を利用して、映画「Up in the Air(邦題:マイレージ、マイライフ)」を観た。先週金曜日に封切りした、Up in the Airは(邦題が嫌いなので、ブログでは原題で書きます)、アカデミー賞監督賞にノミネートされた「JUNO/ジュノ」や、タバコ産業のロビイストを皮肉った「サンキュー・スモーキング」の、カナダ出身のジェイソン・ライトマンが監督、ジョージ・クルーニー主演のコメディドラマ。以下あらすじにはネタバレがありますので、読みたくない方はスキップしてください。

ライアン・ビンガム(ジョージ・クルーニー)は、ネブラスカ州オマハに本社を置く企業のリストラ対象者に解雇を通告する「リストラ宣告人」。また彼が各地で講演する自己啓発スピーチ「What’s In Your Backpack?(あなたのカバンの中身は何?)」では、人との関係や物欲に煩わされない人生哲学を説く。年間322日もアメリカ国内を飛び回るライアンの目標は、アメリカン航空(どーんとロゴが出るので、映画のスポンサーと思われる)のマイレージを1000万マイル貯めること。そんな中、出張先で、同じく出張で各地を飛び回るビジネス・ウーマン、アレックス(ヴェラ・ファーミガ)と出会い、気ままでカジュアルな関係をスタートさせる。ところが、彼の勤める会社では、若い新入社員ナタリー(アナ・ケンドリック)が出張コスト削減のため、インターネット面接で解雇通告することを提案。彼自身がリストラ対象となってしまう。ライアンの上司は、彼女には従業員を解雇するとはどういうことか分かっていないというライアンに、出張にナタリーを同行させるように命令した。旅を続けるうちに、少しずつお互いのことが分かって来た二人だが、ナタリーは、いい歳をして結婚やコミットメントを避け続けるライアンの生き方に疑問を投げかける。ボーイフレンドと一緒にいるために、サンフランシスコからネブラスカくんだりまで移り住んだナタリーだったが、出張中、その彼に携帯メールで別れを告げられ、失意のどん底に陥る。ライアンと、出張で来ていたアレックスは、傷心のナタリーを慰める。ナタリーは、ライアンに、どうしてアレックスとの交際を真剣に考えないのか詰るが、ライアンは自分のポリシーを変えようとしない。そんな中、ナタリーの提案したネット解雇を実践するため、本社に戻るよう連絡があり、二人の旅は終わる。しかし、ライアンはオマハに帰らず、アレックスを誘い、妹の結婚式のためにウィスコンシン州の地元に帰った。煩わしさを嫌い、家族を避け続けてきたライアンだが、母校の高校でアレックスとデートしたり、結婚式当日に怖じ気づいた妹の婚約者の説得に当たったりしているうちに、少しずつ家族や人生の伴侶の大切さに気づくようになった。そして、結婚式が終わり自宅に帰った後、初めて人恋しさを感じたライアンは、講演を投げ出して、アレックスのいるシカゴへと飛ぶ。しかし彼女の自宅を訪ねたライアンは、彼女が既婚者で子供もいることを知ってショックを受ける。その帰途、夢見た1000万マイルを達成し、パイロットやフライト・アテンダントの祝福を受けるが、素直に喜べない。貯めたマイルも、お金がなくて新婚旅行に行けない妹夫婦にプレゼントした。会社に戻った彼は、ボスから、解雇された社員の一人が自殺しナタリーは辞職、インターネット解雇通告も無期延期になったことを告げられた。彼はサンフランシスコに戻って職探しをするナタリーのために、丁寧な推薦状を書く。そして、彼はまたリストラ宣告人として、元の出張漬けの生活に戻るが、以前のように、気ままな独身生活を楽しむことは、もはやできなくなってしまった。。。

昨日発表されたゴールデン・グローブ賞で作品賞、主演男優賞、助演女優賞、脚本賞、監督賞の候補作となり(脚本賞のみ受賞)、アカデミー賞の下馬評も高く、イギリスメディアでも軒並み高い評価を得ているこの作品、最初から最後まで退屈することなく楽しめた。不況、リストラ、独身貴族(死語?)、インターネット社会、有能なビジネス・ウーマン、結婚、企業社会等、現代社会を上手く投影し、かなりの部分で共感できたし、ジョークも冴えていて、深刻な問題も笑いに支えられていて暗くなりすぎない。また若くて恋にも仕事にも理想を持つ23歳のナタリーと、恋愛に現実的な30代のアレックスのコントラストも面白い。そしてその二人に振り回されるクルーニーも、50歳も近いというのに本当にチャーミング。実生活でも独身生活を謳歌する、女たらしで有名なクルーニーも、たまに虚しさを感じたりするのだろうかと思ったりする。そして、最後はお決まりのハッピーエンドにならないところも、ひねくれ者の私の好みに合っている。また、アメリカの大自然や都市の航空写真を使った映画のタイトルデザインも、とても美しく印象に残る。日本では3月20日に公開予定だそうだ。しかし、邦題のセンスのなさ、どうにかならないかしら。

We went to see “Up in the Air” at Barbican Cinema, using Monday discount for £5.50@. Up in the Air, which opened last Friday in UK cinemas, is a comedy drama, directed by Canadian-born Jason Reitman (Academy award nominated Juno and Thank You for Smoking), starring George Clooney. Synopsis below includes a lot of details and ending, so if you haven’t seen the film yet, please feel free to skip the next paragraph.

Ryan Bingham (George Clooney), is a man who makes his living traveling to workplaces around the country and conducting employee layoffs. Ryan also delivers motivational speeches “What’s In Your Backpack?” to encourage a life free of relationships with people and things. Ryan’s life goal is to achieve 10 million frequent flyer miles of American Airlines (I guess that AA is the sponsor of the movie). While traveling, he meets another frequent flyer and business woman, Alex (Vera Farmiga), and they begin a casual relationship. Ryan is called back to his company’s offices in Omaha, Nebraska and finds out that an ambitious young recruit Natalie (Anna Kendrick) is pushing a plan to cut costs by conduct layoffs over the Internet. Ryan argues that Natalie knows nothing about the process of firing people, and his boss assigns him to take Natalie with him on his business travels to show her what it’s like. As they travel together and get to know with each other better, Natalie questions Ryan’s lack of interest in serious relationships, but Ryan is happy to stick to his philosophy. While on the trip, Natalie’s boyfriend dumps her via text message, leaving her devastated – she even moved to Nebraska from San Francisco to be with him. Ryan and Alex, who is there for business, console her and take her with them to crash a conference party at their hotel. The day after, Natalie gets upset to know Ryan’s reluctance to consider a commitment to Alex. Soon after they are called back to Omaha to begin Natalie’s internet layoff program. Instead of returning to Omaha, Ryan decides to invite Alex to his sister’s wedding in Wisconsin. Reunion with his sisters whom he has been avoiding all these years and a happy time with Alex make him realize that there is something more important than being ‘free’ and obsessed with earning mileage. After Ryan comes back home, he feels lonely for the first time. He walks out from his “What’s In Your Backpack?” speech, and flies to see Alex in Chicago. However, when she opens the door, Ryan realizes that she is a married woman with young children. On the flight back home, the crew announces that Ryan has just achieved his 10-million-mile mark, but he cannot get excited by it. Back in Omaha, Ryan calls the airline to transfer miles to his sister and her new husband, who cannot afford to go to honeymoon, so that they’ll be able to fly around the world. Ryan’s boss comes in and tells Ryan that one of the employees he and Natalie fired committed suicide. Natalie has resigned and the company wants to send Ryan back to continue face-to-face layoffs. Ryan writes an impressive letter of recommendation for Natalie for her new job in San Francisco. Ryan goes back to his previous life, but he cannot enjoy it anymore…

Up in the Air is nominated in 5 categories of yesterday’s Golden Globe Awards and also expected to be nominated in Academy Award next March. British media also gives this film a good review, and we enjoyed the film from the beginning to the end, without getting bored for a second. Keywords in modern society, such as recession, layoffs, marriage and relationship, internet, and work, are well incorporated in the film, and I understood and fell empathy for the most of the parts. The real-life humor is superb, and we laughed a lot through the showing time. The contrast between 23 years old Natalie, young and naive, with more realistic and down-to-earth 30s something Alex, makes me reflect myself when I was young and compare to who I am now – I completely agree with Alex now, unfortunately. Cloony, who is almost 50, is still so charming! His role in the film makes me wonder if he, who also enjoy being single, ever feels lonely and empty in his own life as well. I also like the ending which doesn’t fall into the same old happy ending. The opening title sequence using aerial photos of American great natures and cities are so beautiful and impressive, and it is one of my favorites.

Reblog this post [with Zemanta]