Tag Archives: Wyndham Lewis

Picasso and Modern British Art @ Tate Britain

テート・ブリテンの大規模展「Picasso and Modern British Art」(2月15日〜7月15日)は、テート曰く、イギリスにおける、論争の的であり同時にセレブリティとしてのパブロ・ピカソの出現と、モダンアート確立への貢献、そしてイギリスのアートへの影響を追った、最初の展覧会。Weeping Woman泣く女:1937年)やThe Three Dancers(3人のダンサー:1925年)を含むピカソの作品60点以上と並び、彼の影響を受けたイギリス人アーティスト7人(ダンカン・グラントパーシー・ウインダム・ルイスベン・ニコルソンヘンリー・ムーアフランシス・ベーコングラハム・サザーランドデイヴィッド・ホックニー)の作品が、合計150点以上展示されている。

しかし、この展覧会を見た後でも、ピカソとイギリスのアートは自分の中でいまいち結びつかない。ピカソのダイナミックで自由、そして情熱的な絵は、どちらかというと抑え気味で繊細、影のあるイギリスのアーティストたちの作品と隔たりを感じる。テートもパンフレットの中で、「どのアーティストもピカソを盲目的に模倣しているわけではなく、ピカソの一要素を取り入れて、独自のアートを形成している」と書いているが、それでも私には、タイトルのように大々的に二つを結びつけるには少し無理があるように思う。

そもそも、ピカソは母国スペインとフランスとの関連は強いが、イギリスとは、1919年にセルゲイ・ディアギレフのバレエ「The Three Cornered Hat三角帽子)」の背景・衣装を手がけたのと、大成功をおさめた1960年のテート・ブリテンでの回顧展以外、これといったつながりは見当たらない。

良質な展覧会を常に提供するテートの他の展覧会同様、見る価値はあったと思うけれど、テーマである「ピカソとイギリスのモダンアート」の繋がりは、少し弱い気がする。

Tate Britain‘s major exhibition, Picasso and Modern British Art (Feb 15  –  Jul 15)  is the first exhibition to trace Pablo Picasso‘s rise in Britain as a figure of both controversy and celebrity and his role in the acceptance of modern art in Britain, and explores his influence on British art. The exhibition brings together over 150 artworks; over 60 Picasso’s including Weeping Woman (1937) and The Three Dancers (1925) are on display, alongside with works by seven leading British artists who gained an inspiration by Picasso: Duncan Grant, Wyndham Lewis, Ben Nicholson, Henry Moore, Francis Bacon, Graham Sutherland and David Hockney.

To be honest, even after seeing the exhibition, I can’t really relate Picasso to British art. There is a substantial difference for me, stereotypical or not, between Picasso’s vibrant, passionate and free-spirited works with those British artists’ rather subtle, restrained, and sometimes gloomy works, though I can see some influence. Tate’s information states that “none followed Picasso slavishly and all took something from Picasso as part of the distinctive development of their own art”, but still the connection is too week to be spotlighted, for me. 

Also Picasso was more associated with native Spain as well as France, and it seems that he had little connection to Britain, other than his London visit in 1919, working on the scenery and costumes for Diaghilev’s ballet The Three Cornered Hat, as well as successful 1960 retrospective at Tate

It was worth to see the exhibition as others at Tate as always (they always do a good job), but I was not really convinced of the theme.

Advertisements

“The Volticism” Exhibition @ Tate Britain

テート・ブリテンで開催中の「The Vorticists: Manifesto for a Modern World」展(6月14日〜9月4日)、ヴォーティシズムについて何も知らなかったにも関わらず、スタイリッシュなポスターやそのキャッチフレーズ「現代世界へのマニフェスト」を見て、かなり期待して観に行った。

ヴォーティシズム(渦巻き派/渦巻派)は、20世紀初頭にイギリスに興った、美術および詩に関するモダニズム・ムーブメント。1914年、ヴォーティシストたちは彼らの考えたアバンギャルド・スタイルを広める為、ロンドンを拠点に活動と共にするために結成したグループで、2冊の機関誌「Blastブラスト)」を発行しロンドンで展覧会を1回開催した後、第一次世界大戦の勃発に伴い運動は消滅した。この展覧会は、ロンドンとニューヨークで行われた先にも後にも2回きりの展覧会に焦点を当て、パーシー・ウインダム・ルイスジェイコブ・エプスタインアンリ・ゴーディエ=ブジェスカの作品や写真、書類など、100点以上の作品を展示している(主な作品の写真)。

キュビスム未来派の影響を受けたヴォーティシズムは、機械時代のフォルムとエネルギッシュな形象の組み合わせと、大胆な線描とどぎつい色使いを特徴とする。運動以前のエドワード朝のスタイルからは180度の転換だけれど、未来派のダイナミックさと野心、キュビズムの洗練さには及ばず、何だか中途半端。活動期間が短すぎて、自らのスタイルを完成させる時間がなかったのか。

I had a good expectation for “The Vorticists: Manifesto for a Modern World” Exhibition (June 14 – September 4) at Tate Britain before visiting it, though I didn’t know anything about it, but just seeing the poster and its subtitle of “manifesto for a modern world” – I thought it was something dynamic, full of energy and modernistic.

Vorticism was a short-lived modernist movement in art and poetry, based in London in the early 20th century. In 1914, the Vorticists was formed to work closely together  to promote the avant-garde style that they had formulated. They published two issues of the literary magazine ‘Blast‘ and had one exhibition in London in 1915, but the movement broke up largely due to the onset of World War I. Focusing on the only two Vorticist exhibitions, held in London and New York, this exhibition brings together over 100 key works, including photography and literary ephemera, as well as influential pieces by Wyndham Lewis, Jacob Epstein and Henri Gaudier-Brzeska (photos of the exhibiton).

Grew out of Cubism but more closely related to Futurism, it is said that the Vorticists’ style is a combination of machine-age forms and energetic imagery, with an array of bold lines and harsh colours. It may be a drastic change from the previous Edwardian period, but I didn’t feel the same dynamism and ambition of Futurism and sophistication of Cubism from their works, and it was not hot or not cold. Maybe they didn’t have time to grow their style into perfection.

The Vorticists」展の作品ではないのだけれど、テート・ブリテンで気に入った、Cerith Wyn Evansケリス・ウィン・エヴァンス)のシャンデリア。

This is not in “The Vorticists” exhibition, but my favorite work of the day by Cerith Wyn Evans.