Tag Archives: cider

Kopparberg guerilla gardening by the Pothole Gardener @ Shoreditch

ショーディッチのEbor streetとRedchurch streetの路上で見かけた、小さなお花畑。歩道のコンクリートの隙間に土を入れて作られたこれらのミニ庭園は、東ロンドンの道の上に庭園を作る活動を行う「guerrilla gardener(ゲリラ庭師)」・Pothole Gardenerの作品。ショーディッチで、トークやワークショップ、エキシビション、上映会など、アンチ主流の創作活動を行っているテンポラリースペース・Kopparberg ün-establishment(〜10月26日)のプロジェクトの一環として作られた(参考サイト)。

これらのミニ花畑には、小型の花々、リスや小人のフィギュア、「mmm… Kopperberg」や「GNOME MAN’S LAND(小人の国)」と書かれた小さな黒板、そしてカラフルなKopparbergサイダー(イギリスでサイダーはリンゴ酒のことを指す)のカラフルなミニミニボトルが置かれている。大都市の中のこの小さなオアシス、ショーディッチにたむろする酔っ払いに踏まれて壊されませんように。

I found these cute little flower gardens appeared in the middle of the Ebor street and Redchurch street in Shoreditch. These are creations by the Pothole Gardener, a guerrilla gardener who create gardens on the streets of east London, for the project of the Kopparberg ün-establishment, a pop-up space in the centre of Shoreditch (opening until Oct 26), to explore anti-mainstream creativity through a series of talks, workshops, exhibitions and screenings (reference: designWEEK).

These little flower gardens consist of small flowers, little figures of squirrel and gnomes, and a blackboard with a hand written phrase of “mmm… Kopperberg” or “GNOME MAN’S LAND”, with a tiny bottle of colourful Kopparberg cider. A little oasis in a big city. I hope no one steps on a top of it and destroy it!

未完成?壊された後?/ Unfinished, or vandalised?

Advertisements

Sourced Market @ St.Pancras Station

セント・パンクラス駅のコンコースには、ヨーロッパ最大のシャンパン・バーをはじめ、レストランやカフェ、ドラッグストアや本屋、ギフトショップなどの小売店のテナントが50以上入っている。その中で、なかなかいい感じなのが、奥のガラス張りのビルThe Circle内にある、高品質で新鮮な旬の食料品を扱うお店・Sourced Market。フルーツや野菜は、できるだけ国産品を扱い、航空便で運ばれたものは置いていない。肉類は、オーガニックで放し飼いされた家畜のもので、シーフード類は近海で捕れたものか、維持可能な養殖もの。パン類やケーキ、クッキーなどは、こだわりのベーカリーから毎日配達されている。ビールやワインセクションも充実、またパスタや米などの乾物、紅茶やコーヒー類、そしてイギリスの食卓には欠かせない、HPソースColman’sのマスタード、マーマイト(人によって好き嫌いが分かれるけれど)も売っている。

イートイン用のテーブルもあるので、朝はフレッシュなクロワッサンやソーセージロール、ペストリー類に、フレッシュジュースとスムージー、そして紅茶か、味に定評のあるMonmouth coffeeを。ランチやディナーはサラダやスープ、パイスコッチエッグ、そしてClerkenwell(クラーケンウェル)にあるガストロパブ(おいしい食事を提供するパブ)「The Coach and Horses」から運ばれてくる温かい食事が楽しめる。また電車の待ち時間の間に、ビールやワイン、サイダー(リンゴ酒)を片手に、「Olive Bar」のオリーブや前菜の盛り合わせをつまむのもいい。

白く塗られたカウンターや棚、タイル張りの壁など、カントリー風のインテリアや、ディスプレイも素敵で、中を見てまわるだけでもハッピーな気分になるお店です。

Newly renovated St.Pancras Station houses over 50 retailers such as cafes, bars, and restaurants, and shops. The most known place is “The Champagne Bar at St Pancras,” the longest Champagne Bar in Europe, but my favorite place is Sourced Market, inside the glass building “The Circle” on the back of the station. Their fresh fruit and vegetables are locally sourced where possible, and nothing is air-freighted. Meat is free range and organic, and fish and seafood is sustainably farmed or line-caught from UK waters. Artisan breads, pastries and brownies baked fresh and delivered daily. Beer and wine section has a good selection, and range of pantry items such as pasta, rice, tea, coffee and British favourites such as HP Sauce, Colman’s mustard and Marmite are sold as well.

There are also eat-in area in the shop: for breakfast, choose from fresh croissants, pastries or sausage rolls with fresh juices and smoothies, finishing with tea or Monmouth coffee. For lunch and dinner, salads, soups, stews, pies, Scotch eggs and a selection of hot dishes direct from a Clerkenwell gastropubThe Coach and Horses, are available. You can also have olives or antipasti from Olive Bar, together with a glass of wine, beer or cider, while waiting for your train.

Country-style wooden counters and shelves painted in white and tiled walls are chic, and the displays of the products are pretty as well – it is pleasurable just looking around the store.

Reblog this post [with Zemanta]